本は読むだけでなく作れる時代に

公開日: : 電子書籍

いやぁ足痛!ビジネスホテルのユニットバスでも足が伸ばせるんですね。嬉しいなぁ。

おかげさまで東京国際ブックフェアも2日目を無事に終えました。

今年は商談の日と本好きな人が集まる日と両方の日が設定されています。今日はものすごくたくさんの読者の人たちが、大量の本を抱えて歩いていましたよ。ブックフェアでは、あまり流通されていない本もたくさんあるので、本好きにはたまらないでしょうね。

 

IMG_2140

 

僕たちのブースでは電子書籍の制作や書籍の電子化サービスの請負をしていまして、どちらかというと業界関係者向きかと思っていたのですが、とんでもない!読者の中にも本を書いている人、書こうと思っている人、書きたいけどどうすればいいか悩んでいる人がいるんですね。こんなにも本を書こうと思っている人が存在しているとは予想外でした。そしてこんなにも電子書籍を作ることに興味を持っている人が多いとは驚きです。

これまで出版はとてもハードルが高いものでしたね。でも電子書籍が出たことで(Kindle Direct Publishingも手伝って)誰もが出版できる時代になりました。誰もが著者になれるんです。これはすごいことだと思うんですよ。さらにはSNSを使って自分の友人・知人はもちろん、友人の友人、そのまた友人まで情報を発信できちゃいます。一昔前では考えられないことです。

これからますます電子書籍は増えていくでしょう。でも、ただ読むだけの電子書籍ではもったいない!

電子ですからね、やっぱり電子だからできることをやりたいですよね。

音声や動画を入れたり、表紙や挿絵の一部が動いたり、本を読みながら買い物ができたり(これはウチの特徴)、もっともっと電子書籍の可能性を見出すことで、著者にも読者にも役に立つものにしていきたいと思います。

 

IMG_3134-e1474717570406

来場者のみなさんを足止めさせて撮った集合写真

今日もたくさんのご縁を頂きました。

明日もたくさんの人に会えるだろうな。楽しみ楽しみ^^

それにしても足が痛い〜〜〜

明日はご縁を求めてこちらからも歩き回ろう。

関連記事

読書環境のダイバシティー化

2016/05/28 |

                        ©michael_d_beckwith 大日本印...

記事を読む

アマゾンが仕掛けるマンガ界の改革

2018/11/24 |

マンガ界を変えるサービスが進む ここ2〜3ヶ月ほど、たくさんの在日外国人、特に留学生に会ってきた。...

記事を読む

ボールはともだち。人々もともだち。

2017/05/13 |

キャプテン翼 南葛小のメンバー(wikipediaより)   「キャプテン翼」 ...

記事を読む

読み放題で電子書籍は変わるのか?

2016/07/24 |

  amazonで電子書籍が定額読み放題になるという新サービスが開始されるとの観測が広...

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

 

  • スマートブックス
  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    出版社 : オモイカネブックス(2019/2/19)
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : オモイカネブックス(2018/9/15)
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)

  • 日本列島ダニさがし
    出版社 : オモイカネブックス(2018/5/13)
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    出版社 : オモイカネブックス(2018/3/19)
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,260(ペーパーバック版)

  • 障がい者アートの未来を探して
    出版社 : オモイカネブックス(2018/2/1)
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)

  • 建築神殿論
    出版社 : オモイカネブックス(2017/12/25)
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)

  • 我は日本人なり
    出版社 : オモイカネブックス(2017/6/26)
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)

  • おみず
    出版社 : オモイカネブックス(2017/4/1)
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    出版社 : オモイカネブックス(2017/2/21)
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 島嶼見聞録
    出版社 : オモイカネブックス(2017/2/19)
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)

PAGE TOP ↑