まずは発信して知ってもらうことが大事

公開日: : イベント, 電子書籍

fullsizeoutput_2c0
三日間に渡る東京ビックサイトでの出展が終わりました。

今回は新ものづくり・新サービス展ということで、普段あまり会うことのない製造業や食品メーカーの方々とのご縁を頂きました。ボクたちはブースで来場者を迎えるだけでなく、積極的に他の出店者さんをまわらせてもらったのですが、みなさん革新的なことをやっているんですねぇ。日本のものづくりはすごいと聞いていたけど、こんなにも様々なところで、新しい技術が取り入れられ、ボクたちの暮らしを便利にしてくれているとは思いませんでした。

 

 

スクリーンショット 2016-12-03 18.16.49

クリームをはみ出させずにケーキを切るマシン 切り口がすごくキレイ!

 

例えば、電車のドアをスムースに開閉させるための部品だったり、クリスタルを削る日本で一番細い針だったり、鯖江のメガネを綺麗に塗装するための装置だったりと、多分日頃接しているものなんだろうけど、まさかこの会社の技術が!?という企業がたくさん出展していましたね。

ともかく名刺交換をさせてもらおうと挨拶に回ったのだけれど、みなさん何が革新的技術・サービスなのかと聞き始めると、堰を切ったようにお話を始めます。新技術の特性から完成までのストーリーや想いを熱く語ってくれるんです。それを聞いていて、ものづくりに携わるみなさんの想いは、やっぱり日本が世界に誇れるものだと感じましたよ。

 

こういうことを電子書籍にして発信したいなぁと思うんです。

ボクも初めて聞くことばかりでしたが、きっと日本人の多くが知らないことなんですよね。日本はものづくりに長けた国だと言われても、いったい何がどうすごいのかが伝わりにくいと思う。トヨタ、パナソニック、キャノン、いろいろ有名企業はあるけれど、そこを支える人たちがいっぱいいるんですね。そういった人たちにフォーカスして、想いやストーリーなどを本にしていったら、きっと後世の役に立つだろうなと思うんです。

 

回らせてもらったブースのみなさんにも同じようなことを話したら、「いやいやいや、文才ないから」「本書くほどのことじゃないよ」って謙遜されました。そうなんですよね、本を書くってすごいことだと思いますよね。たしかに紙の本を出版して書店に流通させるってすごく大変だと思う。「著者→出版社→印刷会社→製本会社→配送→取次→書店や→読者」と、まあ大体こんな感じに会社と人が関わってくるわけです。

でも、電子書籍だと「著者→電子書籍制作会社→読者」ってことで手間も時間もだいぶ短縮されるし、売れるか売れないかで出版の可否が決まることもない。でも、「本を書いている」ということに変わりはないんですね。

当然出版するなら売れるか売れないかも大事だと思いますがね、でも印税生活を狙うわけじゃなければ、ベストセラーになる必要はないんじゃないかと思うんですよ。必要としている人に必要な情報が届くことが大事じゃないかな?その必要としている人は30年後にたくさん現れるかもしれない。その点で紙本だと「絶版」ということもある。

これからますますSNSが隆盛となり、本の選び方買い方も変わると思う。書店に並んでいるベストセラーよりも、自分のコミュニティーの中でのレコメンドを選ぶ人が増えるのではないかな。

だから、自分の想いや考え、技術やサービスを本にまとめて電子書籍として発信しておくというのはとても意義のあることだと思うんです。

 

今回の展示会でも、電子書籍に興味を持ってくれる人がたくさんいました。でもみなさん口を添えろて「売れるの?」って聞かれるんですね。そんな時には「そんなに売れませんよ。ベストセラーは難しいかな。」と答えていました。ベストセラーは紙で出版しても難しいでしょ(笑)売れるってどのくらいを考えているのかな?

もちろん、売れるように広まるようにプロモーションしていきますけど、何百万部も売る気ならそれは絶対に無理でしょう(いや、意外に売れたりして)。大事なのは発信するかしないか、本にするかしないかだと思う。発信しなきゃ誰に知られることもない。本(電子書籍)にして発信するというアクション自体が、人に知ってもらうきっかけになるかもしれないですよね。

 

この三日間で本にして発信したいなぁと思う会社さんは100を超えました。是非とも電子書籍にして国内外のみなさんに紹介していきたいですね。

 

関連記事

電子書籍は作家の応援にならないのかな?

2017/02/05 |

  出版科学研究所が発表「出版月報 2017年1月号」によると、2016年の出版物(...

記事を読む

絵本も紙と電子を使い分けて

2018/02/28 |

絵本の出版依頼のお話がありました。 お母さんと子どもの何気ない日常。でも実は、とあるメソッドに...

記事を読む

そろそろ図書館が電子書籍を導入する時が来た

2016/11/19 |

11月10日EU裁判所が、オランダの図書館がE-Book貸出の合法性確認を求めて提訴していた裁判で、...

記事を読む

聞いて書いて日本の知恵と技を後世へ残す

2016/03/28 |

桜の開花が発表されてからというもの、寒の戻りで寒い日が続いています。 この季節は卒業や入学など学生...

記事を読む

 

  • SNS活用基礎セミナー
  • スマートブックス
  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)

PAGE TOP ↑