人のストーリーをカタチにしよう

公開日: : , 電子書籍

明けましておめでとうございます。

今年もみなさんにとって、素晴らしい一年になりますように。

 

6363494235_71915b14eb_o

          遠く高く羽ばたいていきましょう

 

年末年始は想いを掘り起こす時季

今年我が家はリフォームを予定していまして、年末から家族と一緒に大大大掃除をしていました。年が明けてもまだ残っていて、引き続きの大掃除です。リフォームをする場所は、祖父母が住んでいた離れ。そこには15年くらい開けることのなかった納戸があって、この機会に久しぶりに開けることに。

 

何かお宝が眠っているかも、、、蛇やイタチが眠っているかも、、、と期待と不安を抱えながらオープン!

 

そこにあったのはほとんどが祖父母の服、布団、そして詩吟の本。お宝鑑定団に出すような掛け軸などはありませんでしたね(笑)ボクの祖父母は詩吟をやっていて、二人とも師範でした。その教本のようなものや賞状、トロフィーなどがわんさか出てきました。「そういえば小学一年生の頃、詩吟大会で優勝した祖母を迎えに行って、おっきなトロフィーを抱えて一緒に帰ってきたなぁ」「地元の集会所で教えていた祖父について行って、みんなに囃し立てられて偶成を吟じたことがことがあったなぁ」なんて、どんどん記憶が蘇ってきて、とてもあったかい気持ちになりました。

 

うちの祖父母は真面目一本やりな人で、戦後何もない険しい山林を開拓して、田畑を耕し、家畜を育て、今の暮らしの礎を作ってくれました。お寺の檀家総代として地域に尽くし、村祭りや奉仕活動に尽力し、同じ集落の人たちにそれはそれは信頼されていたそうです。筆舌に尽くし難い苦労をしたと思います。それを受け継いだボクの父、そしてそこに嫁いだ母も並々ならぬ苦労があったと思います。

 

人にはそれぞれの大切なストーリーがある

今年ほど父母と話をした年末年始はなかったかもなぁ。それくらいいろんなことを話ました。

毎年元日は大酒飲んで、自慢話と苦労話を始める父。今年はボクがお腹を壊したので、一人酒を飲みながらいつもの話を始めます。前出の祖父母のことも合わせて、延々と語っています。毎年同じ話で、例年なら「また始まったな、、、」と呆れるところですが、今年はなぜか「もっと聴きたい」って思いました。なんか自分のルーツをもっと知っておきたい、聴いておきたいって思ったんです。うちの父は現在73歳です。あと何回こうして一緒にお正月を迎えられるかな?この話もいつか聴けなくなっちゃうんだろうな、そう考えたらとても大切な時間に思えたんですね。今年は祖父母の思い出の品や、父の中学生の時の写真も出てきて、思い出話に拍車がかかりました(笑)

そして改めて思ったのは、人にはそれぞれストーリーがあるということ。そのストーリーはみんな違っていて、一つ一つが大切なものであること。

ボクはそんな人のストーリーを本というカタチにして、ずっと残しておきたいなぁと思います。自費出版となると相応のお金も手間もかかるけど、今やっている電子書籍なら簡単に残せる。デジタルデータだから基本的に劣化もないしね。文章を書くのは難しいだろうから、話を録音して文字起こしして編集すればいいと思う。

 

思い出はクラウドの中に

50年後、100年後の未来、うちの子孫やこの地域に住む人々が、自分たちのルーツを考えた時、きっとこのストーリーが役に立つ時が来るんじゃないかと思う。今回ボクが開いた納戸の扉のように、そこから出てきた古いアルバムや思い出の品のように、50年後しばらく開けていなかったクラウドの扉を開けたら、当時の画像や電子自分史が出てきて、それをネタに、バーチャルの世界で孫を抱き上げながら、人型ロボットが作ったおせちを食べて、また自分たちのストーリーをレコーディングしているボクの子孫がいるかもしれないね。

 

みなさんはどんなお正月をお過ごしでしょう?

親戚縁者が集まったら、みんなのいろんな話を聴いて、それぞれのストーリーを残してみませんか?

関連記事

飲み会もオンラインでやる時代がきた

2019/10/01 |

今日はこのこと↓について、30人ほどの方と話をしました。 建築現場をアートで彩る「まちかど障が...

記事を読む

読書の未来 コンテンツは物からデータへ

2018/01/03 |

新年明けましておめでとうございます。 今年は、明日1/4から仕事初めの方が多いでしょうか?僕た...

記事を読む

アニメの力は国境を越える

2017/06/08 |

昨日、初めてサッカー日本代表の試合を観戦に行きました。 いつもお世話になっている、私塾山元学校...

記事を読む

絵本も紙と電子を使い分けて

2018/02/28 |

絵本の出版依頼のお話がありました。 お母さんと子どもの何気ない日常。でも実は、とあるメソッドに...

記事を読む

 

  • 企業メディア化真価道場
  • スマートブックス
  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)

PAGE TOP ↑