オモイカネのつながりが見えた夜

公開日: : イベント, , 電子書籍

先週の水曜日あたりから昨日まで、怒涛の一週間を過ごしました。

原稿の編集から電子化、出版準備、そして社内勉強会、外部プレゼンと、とにかく大渦の中にいるような目まぐるしさの中、なんとか乗り越えました。なんとかしてやる!と思えば、なんとかなるもんです。でも、無理をすれば、必ずどこかに歪みが生じますから、無理やりこなすことにならないように、スケジュールを組むことがやはり大事ですね。

怒涛の一週間の最後は、毎月参加させてもらうようになった山元学校でのプレゼンでした。

 

IMG_3627

    今回はスライドあり 本の力で経世済民を実現するんです

 

今回の参加者は約50名。みなさんに、オモイカネプロジェクトの想いをお伝えしました。

そして今回は、先日オモイカネブックスから出版して下さった、『国境を越えたサムライ先生』の著者である、外薗明博さんと、オモイカネプロジェクトの賛同者かものはしプロジェクトの、草薙直基さんとのリレープレゼンでした。

 

IMG_3602

   志教育を語る「国境を越えたサムライ先生」の著者 外薗昭博氏

 

IMG_3643

   子どもが売られる問題を語る かものはしプロジェクト草薙直基氏

 

オモイカネプロジェクトのミッションは「本の力で経世済民をを実現する」

著者の想いを作品にして世界へ発信し、それを誰かが買って読んでくれることで、売り上げをつくる。その収益の一部を、世界中の課題を解決しているみなさんの活動に使ってもらう。この日はまさに、著者、わたしたち、そして賛同者となるNPOの方がひとつに繋がることができました。

昨年の9月、東京国際ブックフェアから本格始動して約半年、まずは一つの形ができあがりました。これからさらに著者、賛同者を集めて、たくさんの繋がりを生み出していきます。

 

プレゼンの最後に、山元先生の「本を書きたい人ーー!?」の呼びかけに、ほぼ全員の方が手を挙げてくださり(半ば強制でしたが…笑)、終了後にはたくさんの方からお声がけいただきました。

みなさんの話を聞いていると、自分たちの活動に誇りを持ち、誰かのために社会のためにという志事をしている人ばかり。本を作ることもブランディングの一つでありながら、やはり自分たちの活動によって救われる人のためにという気持ちの強さを感じましたよ。

全員の本をつくりたい!と本気で思いました。

ただ、僕たちもまだそこまでのリソースはないので、ひとりひとりじっくりお話を聴いて、進めたいですね。

 

2月で2冊の本を出版させてもらいましたが、お二方ともとても想いの強い方で、情報も知識も豊富でした。だからいくらでも書くことがあって、どんどん文量が増えていくんですね。気持ちは重々わかります。でもね、作品を読む読者のことを考えると、あまりにボリュームが多いと、かえって読むのが辛くなるんですね。著者の考える「読み応え」と、読者が考えるそれとは、結構乖離があったりします。いかに想いを凝縮して、まとめていくかが重要ですね。

そこでポイントになるのが「章立てと小見出し」。

全体の流れから章立てをして、まずは考えを整理するところからはじめるといいですね。そして章ができたら、今度は小見出し。小見出しをつくることで、さらに考えが整理されまとまっていきます。

 

これから、オモイカネブックスで作品をつくっていかれるみなさんには、まず考えを整理するところから始めていただきます。僕たちは整理された想いをもとに、「誰に、何を伝えて、何をしてもらうか(何を感じてもらうか)」ということをまとめて、形にしていきます。

 

たくさんの想いや叡智が、世界中で交換され、そして世界の様々な課題が解決するように。

明日からも頑張っていきましょ!

関連記事

電子化で変わる自費出版のあり方

2018/02/18 |

個人が自由なテーマで作る「ZINE(ジン)」という小冊子が人気だそう。MagazineやFa...

記事を読む

情報過多の時代だからこそ「輝点」を見つけて本を出す

2020/03/10 |

日本の高名な経営者である松下幸之助氏、コンサルタントの船井幸雄氏は、数多くの本を出しています。その内...

記事を読む

Kindleがマンガ界を変える

2019/04/07 |

今年もコンテンツ東京2019が、東京ビックサイトで開催された。様々なコンテンツ制作や配信システムが展...

記事を読む

出版不況と出版社倒産 その時著者の作品はどうなるのか?

2017/10/22 |

  信用調査会社の東京商工リサーチによると、東京都新宿区に本拠を置く出版社の...

記事を読む

 

  • SNS活用基礎セミナー
  • スマートブックス
  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)

PAGE TOP ↑