「国境を越えたサムライ先生」外薗明博(著)に推薦を頂きました!

「国境を越えたサムライ先生」外薗明博(著)に推薦を頂きました!

 

%e5%9b%b31

株式会社吉岡建築工房代表取締役

日本建築医学協会理事

吉岡康成(よしおかやすなり)様

 

 外薗さんとは去年2016年4月の説明会で初めて会った。

会ったときに外薗さんの人間力に惚れてそれから親しくさせてもらっている。私も海外30ケ国に訪問して日本人の素晴らしさを実感している。日本人の精神性を海外に発信したいという気持ちがあり、外薗さんと意気投合した。

 この「国境を越えたサムライ先生」を改めて読んでみて、熱い情熱が沸々と湧き上がってくるのを感じる。外薗さんの野球への想い、そして野球を通じて人間として成長する姿も描かれている。その経験をアフリカでの活動に生かし、様々なプロジェクトに挑むことによって生徒も自身も成長しているのが映像として目に浮かぶ。この本を読むことによって日本人がウガンダの人に尊敬されていることや、日本人が当たり前にやっていることが世界では当たり前ではないことが非常によくわかる。

 この本は青少年はもちろん、社会人の方にも是非読んでいただきたい本だ。なぜならば、日本人が大切にしてきたことを海外の人に伝えることによって良い影響を及ぼすことがわかる。また日本人としての誇りが呼び起される本だからである。

 

吉岡様ありがとうございます。

国境を越えたサムライ先生は、 kindleでも好評発売中です。

まだご覧いただいていない皆さん、こちらからご覧ください!

 

「国境を越えたサムライ先生」kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07459PTDF

【閲覧までの流れはこちら】
無料のKindleアプリを、Apple store、Google playから端末にインストール
→ amazon kindle本から購入

→ kindleアプリにダウンロードされている本をタップ

→ 閲覧

 

オモイカネブックス
https://omoikanebooks.wixsite.com/samurai

 

関連記事

進むデジタル化 あなたは地図が読めますか?

2019/05/18 |

旅のお供は地図かスマホか? 過去最長の連休となった今年のゴールデンウィーク。国内外に旅行に出かけた...

記事を読む

誰でも自叙伝を書いていい

2016/12/12 |

先日公益社団法人シャンティ国際ボランティア会さん(http://sva.or.jp)の、35周年記念...

記事を読む

著作権を考える① 著作権の存続年数

2019/03/27 |

欧州連合(EU)の欧州議会が、現地時間3月26日、2月に欧州議会、欧州評議会、欧州委員会が政治的...

記事を読む

作って売るだけでは売れないのが電子書籍

2017/07/03 |

小学生の頃、毎月、毎週発売されるコミック雑誌を楽しみにしていませんでしたか? ジャンプ、サンデー、...

記事を読む

 

  • スマートブックス
  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)

PAGE TOP ↑