電子書籍を出版する④ 文章のルール

公開日: : 最終更新日:2017/11/03 , 電子書籍

20150524014616

 

文章を書く際、基本的な作文の決まりがあります。 最低限のルールに沿って、文章全体を統一しておくと、より読みやすい文章になります。例えば、いくつかの基本的なルールを挙げてみたいと思います。

 

■段落の文頭は1文字分空ける

本文の始まりや段落の変わり目では、最初を1文字分空けて書き出します。どこを段落の変わり目にするかで、読みやすさがだいぶ違ってきますね。

 

■文頭に句読点や記号が来ないようにする
句読点や記号が行の最後のマスにきたときは、次の行の初めにこないようにします。ワープロソフトなどで文章を作成することが多くなったので、意識しなくても自動でやってくれますが、注意が必要なポイントでね。

 

会話には鉤括弧を付け、改行して書く

会話文については、文中でも問題はないですが、改行して「 」をつけて1番上のマスから書き出すことで、より読みやすくなります。

 

鉤括弧で括った文章には、句読点を打たない

学校教育ではおそらく句点を入れる様式を学ぶかと思います。どちらも間違いというわけではないので、はじめにルールを決めておいて、あとは統一して書くことで、読みやすくなります。基本的には鉤括弧があることで、一文の終わりと分かるので、
閉じ括弧の前にも後にも、句点を打つ必要はありません。

<句点を打つ場合>
「今日は、涼しくなりましたね」。
「今日は、涼しくなりましたね。」
<句点を打たない場合>
「今日は、涼しくなりましたね」

ただし、鉤括弧の内容が他の文の一部であり、最後がその鉤括弧で終わる場合、句点はそのあとに付けます。また、鉤括弧の後に、鉤括弧の文が続くときは、その間の句点は不要です。
「今日は、涼しくなりましたね」。彼が私に言った。
「今日は、涼しくなりましたね」「明日も涼しいといいですね」

 

数字表現の統一

漢数字と算用数字を混ぜて書くと、文章内での統一性がなくなり、読者の混乱を招きます。例えば、「2日後」と「二日後」のような表現を混在させてしまうと、とても読みづらくなります。縦書きの読み物の場合、漢数字を使う場合が多く、横書きの場合は、算用数字が使われます。また、漢数字には、単位語を入れて書く表記と、単位語を省略する表記があります。西暦や少数、郵便番号など、単位語は入れない書き方をするものもあります。

・一〇〇五十年前 → 百五十年前
・十一月二九日 → 十一月二十九日
・西暦千九百九十八年 → 西暦一九九八年

ただし、「A4判用紙」「F14戦闘機」といった固有名詞は、漢数字にしない方が良い場合もありますので、注意が必要です。逆に、「一人前」「三寒四温」など、算用数字にしない固有名詞もあります。

 

■フォントの形とサイズ

これはどちらかと言うと構成の括りになるかもしれませんが、フォントの種類とサイズを統一しておくことは、読みやすさの基本になります。電子書籍の場合、端末やアプリケーションでフォントの種類やサイズを変えることができますが、基本的にはあらかじめ統一しておくことをお勧めします。

・明朝体
MS明朝、ヒラギノ明朝体などがあります。縦線が横線より太く、払いやはねが顕著に表現されているフォントの総称。通常、書籍の本文に使われます。

ゴシック体
MSゴシック、丸ゴシック、平成ゴシック体など。縦線と横線が同じ太さのフォントの総称で、見出しや強調したい部分などに使うことが多いです。

その他
文章内ではあまり使われることがありませんが、カバーデザインなど、インパクトを出すために、明朝体やゴシック体以外の特殊なフォントが使用されることもあります。

 

文章のルールは他にも様々なものがありますが、こういった基本的な部分を統一しておくことで、だいぶ読みやすさが違って来るかと思います。そして文章を書いたら、編集者や校正者、あるいは周囲の人に読んでもらうことが、最も重要なポイントになりますね。

関連記事

取次会社が破産申請 変化が求められる業界

2019/08/01 |

出版取次が破産申請 雑誌や書籍の取次を手掛けていた、日本雑誌販売株式会社が7月31日、東京地裁に破...

記事を読む

本をDIYする!ZINEが生み出すオリジナルブックの世界

2018/08/29 |

自由とデザイン性を手に入れた自費出版 先日根津にある谷中ひるねこBOOKSという本屋さんに行ってき...

記事を読む

「世界を解く数学」で数の世界を知ろう

2019/06/17 |

学びのプロが持つ楽しく学習するメソッド 先だって我が家の娘が、塾に行くか家庭教師が欲しいと言ってき...

記事を読む

電子絵本が繋ぐ世界の笑顔

2018/06/25 |

電子書籍で世界に向けて本を出そう "きっとこの世界の共通言語は英語じゃなくて笑顔だと思う〜♪" ...

記事を読む

 

  • SNS活用基礎セミナー
  • スマートブックス
  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)

PAGE TOP ↑