アマゾンで電子書籍を出版する

公開日: : 最終更新日:2017/11/03 電子書籍

アマゾンジャパンが、Amazonのプライム会員向けの新サービス 「Prime Reading」 を日本でスタートしましたね。これは、Kindleの電子書籍の中から、厳選された数百冊の書籍・漫画・雑誌を、追加料金なしで読み放題となるサービス。読み放題の対象となる作品は、随時入れ替えられるとのこと。原稿執筆時点での検索結果では、約800冊が読み放題となっています。

Kindle Unlimitedは、プライム会員でも月額980円がかかりますが、Prime Readingはプライム会員なら追加料金なしです。様々なサービスをスタートするアマゾンですが、いよいよ電子書籍にも本格的に力を入れてきそうですね。

 

そんなAmazonでは、kindle direct publishingというサービスで、電子書籍を出版できます。

既に出版されている人もいるでしょうけど、今回はアマゾンのkindle direct publishingについて、書いてみようと思います。

 

スクリーンショット 2017-10-10 5.41.13

■Kindle Direct Publishingとは■

そもそも「kindle direct publishing」とは、自分が執筆した作品を、Amazonが提供している電子書籍「Kindle」専用の本として販売できるということです。出版社からの販売と違って、商業出版ではなく自費出版であり、街の書店に流通するといったこともありません。販売先の電子書籍ストアも、Amazonのみとなります。

 

さて、Amazonで電子書籍を販売するためには、まず以下の作業が必要となります。

Amazonアカウント取得 


まずこれは必須ですね。アカウントを作ったことがない、アカウントを忘れたという方は、アカウントの作成から進めましょう。

 

kindle direct publishingKDP)のアカウント登録

Amazon KDP用のアカウントを新規に登録する必要があります。

 

 税に関する情報の入力


これは、米国での源泉徴収を免除してもらう手続きです。KDPでは、売上の最大で70%が著者の取り分になりますが、KDPの契約は米国Amazon本社との契約であるため、米国で30%の源泉徴収が行われます。結果として、売上の70%からさらに30%を引かれた分が著者の手取りになるわけです。以前は、米国での源泉徴収を免除してもらうための、米国のTIN申請が必要で、これがとても手間がかかりました。しかし、現在30%の米国の源泉徴収制度の対象となるのは、Amazon.comでの売り上げに対するロイヤリティのみとなり、Amazon.comで売らなければ、米国のTINを持っていなくても米国で源泉徴収されないことになります。ほとんどの著者は日本語のKindle本をAmazon.co.jpで販売するだけだと思うので、その場合米国の源泉徴収を心配しなくて済みます。
税に関するインタビューに答えていけば、30分程度で完了します。

 

④銀行口座の登録


売上金を受け取る銀行口座を登録する手続きです。口座名義人が半角カナじゃないと登録できなかったりするので、注意が必要ですね。

以上の登録は済めば、基本的にAmazonでの電子書籍出版は可能です。以前よりぐっと簡単になりました。

 

■Amazon KDPのメリットとデメリット

Amazon KDPのメリットとしては、

出版コストが無料

最大72時間以内に販売をスタートできる

実質世界中のAmazonで販売が可能

何と言っても出版・販売が無料で出来ることは嬉しいですね。一般的な出版社からは、誰でも出版できるわけではないですし、自費出版で本を出すとなると、製本等のコストがかかるため、相当量を売らないと赤字になります。その点KDP、これは他の電子書籍でもそうですが、基本的に在庫がないので、紙の本の出版よりコスト面はかからりません。売れるか売れないかは別として(売れた方がいいけど、、、)本を出版しているというブランディングはできますね。

また、データをアップしてから最大で72時間、大体が48時間以内に販売がスタートします。これは本当に早い。とにかく早めに市場に出せるというのは、著者にとって嬉しいことだと思います。そして、先の租税のこともありますが、実質的には販売先は世界です。

僕たちも、電子書籍の制作・出版を行なっていますが、KDPのサービスは見習うべき点が多くありますね。

 

そんなAmazon KDPのデメリットというと、

あまりデメリットはないのと思うのですが、当然ながら本の内容の執筆・編集・出版手続きは全て自分でやることになります。ですので、KDPでの出版は簡単ですが、そこまでの時間がかかりますね。そして、販促についてはいくつかサービスがあるものの、Amazon側は特に力を入れてくれるわけではありません。長い時間をかけて出版できたとしても、売れなければ利益は0円です。

 

僕が思う最大のデメリットは、Kindleのファイル形式がEPUBではなく「.mobi」であるということでしょうか。EPUBファイルを作成しても、自動でmobiファイルに変換されます。この際に、レイアウト崩れなどを起こしやすいのです。ここで何度やり直したことか、、、。電子書籍の業界標準となっているEPUBのフォーマットは、XHTMLファイルをZIP形式で圧縮したものです。KindleEPUBをベースにしたKF8という独自の形式になっています。このあたりのファイルフォーマットが統一されれば、電子書籍はさらに作りやすいものになると思うのですがね。

 

僕たちは、電子書籍の制作・出版を行い、自社ストアでの販売もしますが、Kindleでの販売やその他のストア(楽天Koboなど)への販売もお手伝いしています。KDPで出版したいけど、ファイル作成がちょっと、、、という場合にはぜひご相談ください。

関連記事

本の電子化によって受け継がれる財産

2018/12/13 |

料理好きな僕が読む本 我が家では、結婚以来家事を分担して行っている。分担と言っても7:3で僕の方が...

記事を読む

教科書はAmazonで買っておくように?

2016/09/27 |

小学校から大学まで、教科書って重かったなぁ〜って記憶があります。 僕は勉強しない、できない子だった...

記事を読む

カタログの電子化は軽くなるだけじゃない

2016/12/09 |

リフォームを検討しています。 我が家は築60年ほどの母屋と、築40年ほどの離れと、築30年ほどの増...

記事を読む

看護・介護分野での電子化

2018/05/09 |

僕は今所属しているジーレックスジャパン株式会社で働く前は、介護福祉士として訪問入浴や介護予防...

記事を読む

 

  • SNS活用基礎セミナー
  • スマートブックス
  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)

PAGE TOP ↑