ドイツで変わり始めた電子書籍のカタチ

公開日: : 出版, , 海外動向, 電子書籍

世界最大の書籍見本市フランクフルトブックフェア

世界最大の書籍見本市フランクフルトブックフェア

■ドイツの電子書籍が伸び悩み始めた

ドイツ市場に電子書籍が導入されてからおよそ10年が経つ。
amazon社のkindleのほか、ドイツでは電子書籍端末「tolino(トリノ)」の販売が好調だった。「tolino」は、ヨーロッパ最大の電話通信会社ドイツテレコムと、大手書店4社(タリア、ウィルトビルド、フーゲンドーベル、ベルテルスマンのブッククラブ)が始めた共同プロジェクト名であり、明確にアマゾンの対抗軸として構想されていた。2013年3月にサービスを開始した当時は、「kindle(キンドル)」のシェアを上回ったというニュースが伝わってきていた。

51fa85a2キンドル抜いたドイツの電子書籍Tolino

このtolinoやkindleなど電子書籍リーダーを利用する読者は、2016年に380万人と2010年比で5倍に増えたとのこと。ただ、390万人だった2015年と比べると減少している。また、2016年の実績および推定値を見ると、ドイツの書籍業界総売上高は約92億8000万ユーロ(約1兆2250億円)。過去10年間売上高を見ると、2010年の97億3400万ユーロをピークに、その後わずかながら減少し続けている。2020年の売上高は、87億ユーロと予測されている。その中で、電子書籍の売上高は全体の5.4%だという。

電子書籍のスタートから、様々なシステムやデバイスが発表され、スマートフォン市場の拡大とともに、伸びていくかと思われた電子書籍だが、ドイツでも伸び悩んでいる。

ドイツ書籍業界の今と未来・本は書店で買う 電子書籍は不人気 売上高はここ10年横ばい そして課題山積
https://news.yahoo.co.jp/byline/norikospitznagel/20171107-00077700/

 

■文化やライフスタイルに合わせた使い方が求められる

ただ、そこにはドイツの人々の本に対する意識が関わっているのだと思われる。
ドイツ人はプレゼントやお土産に書籍を買うことが多く、クリスマスプレゼントの人気商品第1位は「紙の書籍」だそうだ。確かに、僕もドイツ人の友人から誕生日に本をもらったことがある。ちょうど30歳の時で、ドイツでは30歳の男性にはこんな本を贈るんだと言って、結構高価な本を頂いた。それくらい、本というものは特別な存在なのだろう。

gahag-0040415120-1

もちろん電子書籍をプレゼントしてもいいだろうが、そもそも電子書籍リーダーを持っているのか?そのストアのアプリをインストールしているのか?といった確認が必要になるため、サプライズのプレゼントとしては向いていないかもしれない。そうなると紙の本を買った方が手っ取り早く無難だろう。

そんなドイツでは、電子書籍に代わってオーディオブックが人気を集めているとのことだ。運転中でも運動しながらでも「ながら読書」が多くの読者に支持されているようで、これは電子の良いところだと思う。オーディオブックとは、つまりは朗読を聞くということだが、生活のスタイルに合わせて、文字も読めるし朗読も聞けるという、ハイブリットな形がいいのではないかと思う。

日本でも、電子書籍はまだまだ書籍出版市場の約10%だが、電子化は進んでいくと考えている。新刊を紙と電子で出すのはもちろん、既刊本を電子化して、劣化することなく保存していくという動きが活発化してくのではないだろうか。

前出の記事では、「紙媒体の本の信頼性の高さや、手にした時の感触そしてページをめくる楽しみを満喫しながら書籍を読むのが好きなドイツ人は、この先も紙媒体の本を手放すことはないだろう。」と締めくくっている。僕も紙の本を手放すことはないと思う。ただ、本を大切に思うドイツ人だからこそ、その中身についても貴重な財産として、電子化し後世に残していくのではないだろうか?

ドイツの今後の動きにも、注目していきたいと思う。

  

バナー

関連記事

世界と日本の架け橋ブック「TSUNAGU スロベニア×日本」

2019/02/27 |

豊かな自然と美しい街並み、著名な詩人や芸術家を生んでいる、ワインのとても美味しい国。そう聞いてどこの...

記事を読む

アマゾンが仕掛ける日本の出版流通の変革

2019/02/02 |

出版流通に風穴をあけるアマゾン アマゾンジャパンが31日、年内に「買い切り」方式を試験的に始めると...

記事を読む

磐田市が進める電子図書館の未来

2016/10/20 |

磐田市立図書館が、インターネット上で電子書籍を借りられるサービスを開始したという記事をネットで見つけ...

記事を読む

電子書籍の使い道

2015/12/21 |

2010年では650億円規模だった電子書籍の市場は、2014年には1266億円規模になったそうです。...

記事を読む

 

  • SNS活用基礎セミナー
  • スマートブックス
  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)

PAGE TOP ↑