いま注目の企業出版とは

公開日: : 企業出版, 出版, , 著者, 電子書籍

2bd3da033d10f8645ace5f11e04d1bba_t

いま企業出版に熱い視線が注がれています。

インターネット上には莫大な量の情報があふれています。みなさんも日々、あらゆる情報のシャワーを浴びているのではないでしょうか?ただ、その情報は一過性のものだったり、中途半端なものだったり、信頼性が担保されているかどうか微妙なものが多かったりしませんか。そういった情報社会の中で重要になってくるのは、どれだけ信頼度の高い情報が得られるかではないでしょうか。

多くの人が考える信頼性の高い情報の代表が「本」なのです。本は、読者が求める情報が膨大に詰まっているコンテンツです。近年では、本を集客や自社のファンを増やすためのツールとして活用する「企業出版」に注目する経営者が増えているのです。

本を出すことで企業をブランディング

みなさん、本を出していると聞くとその人に対して「すごい」というイメージを持ちませんか?

企業出版のひとつの狙いは、まさにここにあります。本を出しているというと、読者からすれば「専門家」であり「プロフェッショナル」であり、そして「先生」と立場になります。それにより、著者自身への信頼感を高め、著者の企業の理念や、自社商品やサービスを本の中で伝えることで、競合他社と圧倒的に差別化ができます。そうして、企業のブランディング化を達成できるわけです。

6890e35573746bd94ffa2ff4270af39b_t

このようなことからも、企業出版の主目的は本の売り上げではありません。出版社が企画・編集・出版し、書籍の販売数によって利益を創出していく商業出版とは異なります。企業出版の最大の目的は、自社の集客や売り上げ増加、そしてブランディングを行うことです。出版にかかる費用については、企業側(著者側)が負担することがほとんどです。

そうは言っても、企業出版を請け負う出版社側は、制作・出版のほかにも、製本や書店流通などの販促も行い、昨今ではSNSを使った広告や拡散なども行われています。他のメディアに波及することで、大々的な流通や販促イベントにつながることもありますので、さらに大きなPR効果も見込めます。その意味で企業出版は、自費出版と商業出版、両方の性質を持っているといえます。

企業出版のメリットをまとめると

お客様や取引先からの信用・信頼が高まる
新たな顧客との出会いにつながる
書店流通が叶えば、書店が会社の営業所になる
講演や研修の依頼が入る
会社の理念や社長の考えに共感する人材を集めることができる
企業のブランディング化ができ、他者との差別化につながる
印税が支払われる

このように、企業出版を行うことで、企業にもそして著者自身にも多くのメリットが生まれます。

cfa5b098c59f6edcda999918ba9ffa39_t

ただ、最後の印税について、多額の印税収入を第一の目的に出版するというのはおすすめしません。出版社が全額費用を負担してつくる「商業出版であっても、ベストセラーとなるのはかなり限られた作品だけです。企業出版でベストセラーというのは、相当難しいことと認識した方がいいでしょう。広告だけでは伝えきれない企業や経営者のメッセージを、本を通じて多くの読者に届けることができる、そして蓄積情報として後年まで残すことができる、そこにフォーカスしていきたいですね。

経営者のみなさん、自社の本を作ってみませんか?

 

———————————————————————————

個人出版、企業出版など出版企画のエントリーを受け付けています
http://www.g-rexjapan.co.jp/omoikaneproject/planning/

関連記事

聞いて書いて日本の知恵と技を後世へ残す

2016/03/28 |

桜の開花が発表されてからというもの、寒の戻りで寒い日が続いています。 この季節は卒業や入学など学生...

記事を読む

アマゾンも読み放題スタート

2016/08/03 |

  今日の読売新聞です。 前回もブログに書きましたが、アマゾンがついに読み放題サービスを...

記事を読む

欲を言えばフィンランドの著者に会いたかったなぁ

2016/09/25 |

最終日の朝は気持ちのいい青空だった   3日間の東京国際ブックフェアを終えました。 ...

記事を読む

電子書籍は作家の応援にならないのかな?

2017/02/05 |

  出版科学研究所が発表「出版月報 2017年1月号」によると、2016年の出版物(...

記事を読む

  • スマートブックス
  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : オモイカネブックス(2018/9/15)
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)

  • 日本列島ダニさがし
    出版社 : オモイカネブックス(2018/5/13)
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    出版社 : オモイカネブックス(2018/3/19)
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,260(ペーパーバック版)

  • 障がい者アートの未来を探して
    出版社 : オモイカネブックス(2018/2/1)
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)

  • 建築神殿論
    出版社 : オモイカネブックス(2017/12/25)
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)

  • 我は日本人なり
    出版社 : オモイカネブックス(2017/6/26)
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)

  • おみず
    出版社 : オモイカネブックス(2017/4/1)
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    出版社 : オモイカネブックス(2017/2/21)
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 島嶼見聞録
    出版社 : オモイカネブックス(2017/2/19)
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)

PAGE TOP ↑