アマゾンが狙う少数出版の作者たち

「安い」「早い」「無料」が電子書籍のイメージ?

電子書籍の市場規模については、何度かこのブログでも紹介している。
2017年度の電子書籍市場規模は、2,241億円と推計されており、2016年度と比較して13.4%増加している。また、電子雑誌市場規模は315億円と推計され、こちらは2016年と比較して4.3%増だ。電子書籍と電子雑誌を合わせた電子出版市場は2,556億円。2022年度には3,500億円程度になると予測される。

 

インプレス総合研究所より

 

電子書籍市場規模のうち、コミックが1,845億円と市場シェアの82.3%を占めている。対して文字物(文芸・実用書・写真集等)は、396億円で市場シェアは17.7%だ。

さらに、電子書籍の利用する場合の有料と無料の割合を見ると、有料の電子書籍利用率は17.7%、無料の電子書籍のみを利用している割合は23.3%となり、無料の割合が増加傾向にある。

無料でマンガを読めるアプリやサービスが増えており、この利用者の増加が無料電子書籍の利用率拡大を後押ししているのではないだろうか。無料マンガアプリの利用率は28.4%で、2017年度の無料マンガアプリ広告市場規模は100億円となった。2018年度は120億円程度に達すると予測されている。この結果からも、電子書籍は紙より安いか、無料で読めるということで市場規模が広がっていることは明らかだ。またアマゾン社が展開するKindle Unlimitedのような、読み放題のサービスもあり、電子書籍の価格破壊、いわば本の価格破壊はしばらくは進んでいくのだろう。

個人でも電子と紙を出せる時代

それでも、まだまだ紙の本を求める読者も少なくないはずだ。
通勤・通学時間や空いた時間でさっと電子で読みたい本もあれば、紙のものを手元に置いてじっくりと読んでコレクションしたい本もあるだろう。そんな読者の要望を満たすためには、電子か紙のどちらか一方だけを販売するのでは不十分だ。
しかし、電子と紙のどちらも用意するとなると、手間とコストの問題が出てくる。特に中小の出版社となると人的リソースが割けないという声を聞く。

そんな中、アマゾンジャパンが、1冊から必要に応じて印刷・製本できる少数出版システム(プリントオンデマンド)を、千葉県市川市の配送センターに整備したというニュースが発表された。プリントんデマンドは、購入者から注文があると印刷を開始し、最短で注文当日に本が届く仕組みだ。なぜ、アマゾンジャパンがこのシステムを整備したのか?それは、個人による自費出版が国内外で増加傾向していること、さらに絶版本の復刻など、少数出版の需要が高まっているためだ。以前の自費出版と違い、現在ではリトルプレスといったちょっとオシャレな自分だけの本づくりもトレンドになっている。

様々な作品や企画を持っている出版希望者は数多く存在する。その中で大手出版社に企画を通し商業出版され、なおかつ書店に流通され長きにわたり平積みされ売れ続ける作品は、何パーセントあるだろうか。おそらく0.1%程度だろう。それよりも、電子書籍やプリントオンデマンド(オンデマンド印刷)を活用しまず作品をリリースして、SNSや各種書評サービスなどで情報を拡散し、読者の反応を見るという作者も増えている。そこで火が着いて出版社からオファーが来るといったケースも少なくない。

現状、本というとアマゾン社の独壇場となりつつあるが、それはやはり常に読者目線でサービスを考え、スピード感を持ってサービスを展開していくところが勝因となっているのだと思う。出版界においては、いま顧客側が求めていること、今後求められるだろうことを見据えながら、既存のプラットフォームをうまく活用しつつ、独自のサービスを提供していく必要に迫られている。

関連記事

海外で活躍した日系人・日本人を知ろう

2018/08/31 |

ジャカルタ・パレンバン アジア大会2018 競泳女子では池江璃花子選手が6つの金メダルを獲得したほ...

記事を読む

新しい令和の時代 ますます進むデジタル化

2019/04/29 |

デジタル化時代となった平成 間も無く平成という時代が終わり、新しい令和の時代がやってくる。 平成...

記事を読む

あなたにとってのメリットを教えてあげるのが大事

2017/06/30 |

6/28、29と東京ビックサイトで開催されていた、コンテンツ東京2017に行ってきました。 7つの...

記事を読む

アマゾンが仕掛けるマンガ界の改革

2018/11/24 |

マンガ界を変えるサービスが進む ここ2〜3ヶ月ほど、たくさんの在日外国人、特に留学生に会ってきた。...

記事を読む

 

  • SNS活用基礎セミナー
  • スマートブックス
  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)

PAGE TOP ↑