自費出版と侮るなかれ。変わり始めた出版の仕組み。

公開日: : kindle, 個人出版, 本の電子化, 電子書籍

本は誰が作ってもいいもの

秋田市内で「リバーサイド・ライティングゼミナール」という文章講座が開講されているそうだ。

「ちいさな出版物の『設計図』をつくるワークショップ」と銘打って、市内で文章講座を開く「リバーサイド・ライティングゼミナール実行委員会」と秋田経済新聞が共催している。このワークショップでは、「ミニコミ」「リトルプレス」「zine(ジン)」「フリーペーパー」といった、少部数や自主流通の出版物を作る第一歩として「設計図」を考える。出版や編集の経験は不要で、年齢も不問。本や雑誌を作ると聞くと、とても難しく感じるが、基本的な設計の方法を知ることで、ともかくも作ることは出来るだろう。もちろん、プロの編集者の人と比べると見劣りすることはあるだろうが(だからプロなわけで)、しかしながら作り方を学ぶことで、今の時代はちょっと素敵な本を作る方法が数多く存在する。「リトルプレス」「zine(ジン)」は、今まさに注目さているものだ。

トーベヤンソンについて書かれたリトルプレス

それならば電子書籍も一緒に作って、電子版はwebやSNSと連携し、紙だけでは難しい読者の獲得を図ってもいいのではないかと思う。「電子書籍ってそもそもどうやって作るの?」「電子書籍ってどんなものなの?」「アマゾンで売るにはどうすればいいの?」最近そんな質問をたくさん受けるようになった。

電子書籍をメディアとして考える

2011年の日本における電子書籍元年から7年が過ぎようとする今、ようやく出版業界関係者も一般読者も電子書籍の存在に、本気で気付き始めたようだ。電子書籍ってどんなもので、どうやって作るのか?実はそんなに難しいものではなくて、マイクロソフトのワードがあって、文章が書ければ作れてしまう。そしてアマゾンがいれば、誰でも出版出来てしまうのだ(アカウントの取得がちょっと手間だが、、、)。

電子にすることで、例えば本の最後に載せたwebサイトのURLや、SNSのアカウント情報からリンクで誘導することも可能だし、何か商品を購入してもらったり、問い合わせや申し込みを受けることもできる。さらに音声や動画を組み込むことだって可能なのだ。「スマホで見られるあなたの最強のブランディングメディア」これこそが電子書籍だといってもいいだろう。この際、本という概念は捨ててもらってもいいと思っている。もちろん、ページをめくるエフェクトや、ハイライトを引いたり、しおりを挟んだりと、多分に本の要素は残っているが、紙の本ではまったく実現出来ない世界があるのだ。

前述した「ミニコミ」「リトルプレス」「zine」「フリーペーパー」を紙版として制作し、さらにそれらにデジタルの要素を加えて電子書籍を作れば、様々な可能性が広がるだろう。Zineやリトルプレスは、過去には「自費出版」という言葉で括られて、自分の記念や仲間内で出すデザイン性の薄い同人誌のイメージが強かったが、今はまったくそんなことはない。画像にしても文章にしても、十分なクオリティのものが数多くリリースされている。自費出版であろうとなかろうと、自分が求める情報が集約され、なおかつオシャレで読みやすくまとまっていれば、読者は読むのだ。

YouTubeによって個人が動画や番組を発信するようになったように、インスタグラムが個人が撮影し楽しんでいた写真を世界に解放しビジネスの道を拓いたように、本もいよいよ個人が発信する時代が来た。ただし、出版した作品がベストセラーになって楽しい印税生活を送ろうというのは、不可能に近いだろう。その在り方も少しずつ変わっていくはずだ。新たな出版の仕組みの中で、誰が未知なる鉱脈を見つけるのか?僕たちも飽くなき探求を続けよう。

関連記事

電子書籍は作家の応援にならないのかな?

2017/02/05 |

  出版科学研究所が発表「出版月報 2017年1月号」によると、2016年の出版物(...

記事を読む

世界では電子書籍専用端末が熱い?

2016/01/18 |

  今年初?の積雪になった首都圏。いつもながら茨城の我が家は雨です。 雪に慣れていない...

記事を読む

親子の円滑なコミュニケーションを考える電子絵本「春ちゃんのマシュ

2019/02/20 |

「親思う心に勝る親心」とはよく言ったもので、自分自身親を思う心は結構持ち合わせていると自負していたが...

記事を読む

電子書籍を自社のシステムで作りました

2016/06/18 |

当社が開発した電子書籍を制作するシステム。 初めての電子書籍は自分で作ってみました!  ...

記事を読む

 

  • SNS活用基礎セミナー
  • スマートブックス
  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)

PAGE TOP ↑