本格サブスク時代の到来 出版業界の進む道は?

スウェーデンの自動車メーカーボルボ。ボルボといえば「安全」とイメージする人も多いのではないでしょうか?

「ボルボ設計の基本は常に安全でなければならない」という理念の基、安全装備の開発、事故調査の実施と設計へのフィードバックを行う企業方針と、北欧メーカーであるためヘラジカとの衝突を開発段階から考慮していることから、「世界一安全なファミリーカー」と評価されています。

本格化する5Gとサブスクサービス

そんなボルボが2017年から取り入れているサービスが「スマボ」スマボとは、スマートにボルボに乗れる「おまとめ定額プラン」のことで、スマートフォンのように2年または3年で乗り換えができ、支払いは毎月定額という、まさに車のサブスクリプション(サブスク)。最新の安全性能と機能を備えたボルボに乗り換えていくことができる上に、登録時の諸費用や毎年の自動車税、メンテナンス費、さらに怪我による入院補償や手術補償もついている。2020年はサブスク元年とも言われていますが、車のサブスク時代も本格化しそうですね。

ボルボカーズジャパンサイトより

5Gの普及でインターネット環境が超高速、低遅延となり、IoTが拡大することで、サブスクリプションサービスはあらゆる分野に広がっていくでしょう。ネットとスマホがあれば、様々なサービスをオンラインで受けることが可能になります。音楽や映画、セミナー、eラーニングなど、現在でも利用できるサービスの他にも、VRのディスプレイを合わせることで、臨場感のあるスポーツ観戦などいながらにして参加できるイベントなどもどんどん増えてくると予想できます。

若者の車離れなどが叫ばれていますが、こういったサブスクやVRなどのサービスが誕生する昨今、所有することの意味はどんどん薄れ、所有欲が低下するのもわかる気がします。それこそ、いまの若者と呼ばれる世代が、所有はコスパが悪いと思っても致し方ない状況でしょう。

サブスク時代の出版業界が進む道は?

国立青少年教育振興機構が、全国の20~60代の男女5000人を対象に行った調査によると、1カ月の間にまったく紙の本を読まなかった人は全年代合計で49.8%、2013年に行われた同様の調査では28.1%で、紙の本を読まない人が大幅に増えたということになります。まったく本を読まない人の増加率でいうと20代がもっとも大きく、そのため一部メディアで「若者の本離れ」が報じられるようになりました。

先に書いた、サブスクやストリーミングによる所有しない読書方法も理由の1つにあると思う。一方で、日本のマクロ経済的な要因を挙げる声をあります。

過去20年間、日本のGDPはほぼ横ばいで推移しており、同期間でGDPの規模を1.5倍から2倍に拡大させた諸外国に大きく水をあけられている状況。それに伴って1人あたりのGDPも大きく差が出ている。1人あたりのGDPが、その国の平均賃金に近いと考えると、相対的に見て日本人の購買力はこの20年間で3分の2から半分に低下したことになるということです。

物価が上昇する中、賃金が下がっているので、消費者の購買力は低下した結果、緊急性の低い支出から削られるという状況に陥ります。

kindleunlimited特設サイトより

サブスクやシェアビジネスが日常化され、「所有」よりも必要なものや情報を「活用」することがデフォルトとなっている世代では、緊急性の低いものは極力買わないか、無料で得ることを考えるでしょう。本で言えば、完全に無料というわけではないにしても、アマゾンプライム会員になっていれば実質無料で読み放題というサービスも受けられます。また図書館(電子も含む)で借りて読むことだってできるわけです。

続く経済の低迷と新しいサービスのカタチが拡大する中で、出版業界は大きな転換期を迎えていますね。

関連記事

学びのスタイルはもっと変わるさ

2015/08/17 |

お盆休みも終わって今日から仕事再開です。 とはいえ、お休み中もデータをいじったり空想したり(笑)と...

記事を読む

音楽が導く世界の相互理解

2017/07/19 |

  ■歌い継がれる人類の財産■ 僕は小学生の頃、少しだけ詩吟を習ってい...

記事を読む

経営財務がわかる!『子供が解る経営財務の実践』

2019/07/17 |

経営財務に関する本は、星の数ほど出版されているだろう。経営者ではない僕でも、経営財務に関する書籍は幾...

記事を読む

教科書・教材のデジタル化に思うこと

2015/09/28 |

北欧諸国などで採用されている「Bring Your Own Device(BYOD)」 ご存知です...

記事を読む

 

  • SNS活用基礎セミナー
  • スマートブックス
  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)

PAGE TOP ↑