消費はモノからコト、そしてヒトへ

公開日: : SNS, SNSの活用

新型ウイルスの影響から、デマや噂が飛び交い、焦りや不安が増長されることで無茶苦茶な消費活動がされていますね。こういう時こそ冷静に行動したいものです。

さて、一部商品が大量に消費されている現状ですが、本来時代は「モノ消費」から「コト消費」へと流れが変わっています。もの余り時代において、お金の流れが変わってきています。

そのモノがあることでどんな体験ができるか?

自動車販売のヤナセがラジオCMで流している「車を作っているのではい、車のある人生を作っている」という言葉がとても印象的です。車を所有することで、家族と一緒にちょっと鄙びた温泉宿に出かけたり、星空を見るために車中泊をしたり、イチゴ狩りで採ったたくさんのイチゴをトランクに詰めて帰ったりといった、暮らしの変化や想い出作りができる。車そのものを買うというより、車があることで出来る体験を買っているわけです。そしてヤナセはその人生を売っているんですね。

モノが欲しいわけではなく、そのモノを手に入れることで生み出される体験や、暮らしの変化といったコトを求める人が増えています。車も住宅も家具も家電もそうですよね。もちろん、モノ自体が必要で買うんだという人もいるでしょうし、所有欲を満たすために買うという人もいると思います。きっかけが「コト」という消費が増えているのです。

ただ、時代はコト消費からさらに「ヒト消費」へと移っているようです。

車離れ、家離れなど、〇〇離れの対象になっている今の20~30代の人たち。シェアやサブスクにより、所有よりも利用に価値を見出し、余計なモノにお金を使わないと言われている世代です。まさにコト消費世代。でも、この世代に聞いてみると、実際は「コト消費」という意識はないんですね。

コトからヒトへとシフトする消費行動

昨年末に「忘年会スルー」という言葉が一部でトレンドになりました。
文字通り「忘年会をスルーする=行かない」ということです。忘年会に行って参加費を払って、仕事の時間以外で上司の話を聞くのは時間が勿体無い。ということなんですね。僕が20代、30代の頃は、忘年会や新年会は参加必須でした。飲みながらコミュニケーションを図る、いわゆる飲みニケーションによって、親睦を深めていた時代です。だから飲み会は大事だと思っていた。でも、今はSNSを使って繋がりを持ち、親交を深めて、会おうとなれば会うことができる。飲みニケーションは、zoomなどのオンライン会議システムを使って、家にいながらにして出来ちゃったりします。僕も30代の頃、iPhoneのfacetimeを使って友人とサシ飲みをしていました。眠くなったらすぐに寝ちゃえますから(笑)。

そうはいっても、若い世代がどこにも出かけず、全然お金を使わないかといえば、そういうわけでもないのです。アプリに課金して利用したり、映画を見に行ったり、買い物をしたり、食事をしたり、帰りはタクシーに乗って帰るなんてこともあります。ただ彼らが消費行動をする際、その消費は物欲を満たすものではなく、体験を楽しむものでもなく、ヒトとの時間を共有するためだったります。つまり「交際費」扱いになっているんです。

アプリは友人や知人あるいはまったく知らない人と繋がり楽しむために課金する、見たい映画があるからではなく友人と一緒だから映画を観に行く、話題の食べ物も友人と一緒だから食べに行く、楽をしたいからでなく友人と一緒だからタクシーに乗る。そこにいる「ヒト」と一緒にいることができるから、その体験が共通の話題や想い出になるから「コト消費」をする。やっていることは「コト消費」でも、その消費には「ヒト」が絡んでいるんですね。

「モノ」から「コト」、そして「ヒト」へと移り変わってきた消費のカタチ。

売り手側も「ヒト」と「ヒト」が繋がるかどうかといった、「ヒト消費」を意識した販売方法やサービスを考える必要がありますね。そして、売り手も「ヒト」を出すということがとても大事になります。誰から買うかって、ますます重要な時代ですから。SNSはヒトを出すのにとても有効なツールです。SNSを上手に活用して「ヒト消費」時代にマッチしたビジネスを進めていきましょう。

 

自分の価値や独自性を発見し磨き上げるワークショップ「輝点塾」を開催します。
表現力、発信力を高めるSNSの活用や、独自の価値を高め、あなたの分身となるブックマーケティングへの取り組みをお伝えします。

詳しくはこちら
https://omoikanebooks.wixsite.com/kitenjuku

関連記事

情報検索の方法は変わっていた!?求められる信頼性

2019/09/17 |

最近はSNS経由で物を買う人がいるという話しを聞いたことがありませんか? 日用品から、食材、家...

記事を読む

メディアといえばネットとSNS!10年後の消費世代

2019/10/18 |

先日の台風19号、その前の15号は列島に甚大な被害をもたらしました。今でも避難生活や、停電など不自由...

記事を読む

インスタグラムでお困りならこの本はオススメ!

2019/12/23 |

インスタグラムが仕事につながる? みなさんインスタグラムってやっていますか?既知のことかも...

記事を読む

実はお客さんは自分の欲しいモノを知らない?!

2019/10/11 |

先日NHKの朝の番組で、こんなことを放送していました。 NHKあさいちより「名前のない家事」...

記事を読む

 

  • SNS活用基礎セミナー
  • スマートブックス
  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)

PAGE TOP ↑