心を動かすことでビジネスが加速する

公開日: : 企業出版, 出版, 電子書籍

もうスペックだけでは心が動かない

先日スマホを落としてしまいました。
背面に薄いカバーをしてあっただけですが、奇跡的に画面自体にはヒビ一つ入りませんでした。ほっと胸を撫で下ろして電源をオンにしてびっくり!画面の左側に蛍光灯のような一筋の光が、、、。角から落ちた衝撃で、バックライトの一部が破損?したのでしょうか。使用する分には何も問題はないのですが、とにかく明るい。暗い寝室で電源をオンにしようものなら、家族みんな目を覚ますほどの明るさです。それと、メールの開封・非開封がわからない。これ、以外と面倒だったりします。

そんなわけで機種を変えようかなーと思って、久しぶりにAppleのウェブサイトを開きました。
僕は10年前からApple製品を使い続けているのですが、久々に見たAppleのサイトはなんだか魅力を感じないものでした。これまでは、見たこともないような先進の技術で、それまで体験したことのないような世界が広がっていて、これを持ったらどんなに革新的な毎日が遅れるだろうとワクワクしたものです。でも、いまはそのワクワク感がないのです(あくまでも個人的意見です)。

Appleウェブサイトより

他社からも同様の様々な製品が生み出され、それこそカメラや画質などではApple製品を超えるものもたくさんあります。デザインもApple製品に寄せられていて、画面側を一目見てはわからないくらい。リンゴのマークがあるかないか?が見分けるポイントにもなりつつあります。スマホで言えば、機能や性能はほぼピークに達した状態で、あとは少しずつカメラや画質、ジェスチャーなどのスペックを上げているのが現状なのかな。(実は深部でこれまでにないことやっていたりしますが)。そうなると、もうどの機能を見ても既視感は否めず、10年前に感じたような高揚感はなかなか湧き上がってこないものです。

お客様はストーリーに共感する

これってスマホやPCに限らず、いろいろな商品やサービスでも同じことですよね。
最近、自社商品やサービスの機能・性能の優位性を訴求するだけでは、効果が出づらくなっていませんか?先のスマホのように、技術はどこの会社でも同等レベルとなり、インターネットやSNSの進歩で情報はいくらでも取得することができる昨今、これは他社では真似できない自社独自の機能・性能!と謳えるものが少なくなっていますよね(特許を取得していれば別ですが似たようなものは作れちゃう)。そうなると、お客様から選んでもらうためにどこで差別化、独自化すればいいのでしょう。

そこで重要になるのがストーリー。
その商品やサービスを通して実現できる世界観だったり、創業時から続く会社のビジョンや理念、開発や製造における苦難や自社ならではのこだわり、経営者や社員ひとりひとりの想い、そういったものがお客様の共感や愛着を生む重要なストーリーになります。でも、そういったストーリーを、ウェブ広告やチラシなどで伝えることはとても難しい。そこでいま改めて注目されているのが出版です。書籍は情報量の多さと深さ、蓄積型コンテンツとしての寿命の長さ、書籍そのものへの信頼性といった特徴があります。読者であるお客様に、しっかりと深いメッセージを伝えることができます。そしてそれが、本業であるビジネスに影響力を発揮します。本が読まれることで、ファンが増え、顧客となってくれて、ビジネスが加速していく。それが実現できるのが出版です。

機能やスペックを訴求するのではなく、会社が、あなたが、社員が、どんな想いでその商品づくりやサービスに携わり、お客様にどんな世界観や体験を提供できるのか、具体的なストーリーを見せることが大切です。日本国内においては、ものはある意味飽和状態です。物欲や所有欲はあっても、買いたいものがないという時代。商品やサービスの裏にあるストーリーを伝えることがますます重要になってきましたね。

 

—企業出版相談・説明会開催中です—

どのようなお客様が皆さんは理想でしょうか。
会社の理念、考えに共感してくれるお客様が最もありがたいお客様ではないでしょうか?
そんなお客様を少しでも増やすことをお手伝いさせて頂きます。

出版相談・説明会

関連記事

なぜ電子書籍なのか、なぜ出版なのか②

2016/11/24 |

  なかなか物事が進まないと気持ちが落ち込んでしまいがちですが、それでもその時間が新...

記事を読む

進む電子図書館の利用

2020/04/10 |

デジタルコンテンツがライフスタイルを変化させる 緊急事態宣言が出され、東京をはじめとした都市部では...

記事を読む

ブルガリアと日本の架け橋eブック

2019/01/19 |

日本で売っているヨーグルトと聞いて、パッと頭に浮かぶのはどんなイメージだろう? 多くの人がおそらく...

記事を読む

バベルの塔を再び

2017/06/01 |

ここ数ヶ月、シリア大使館での大使へのインタビューを行い、現在本にすべく制作を進めています。 それま...

記事を読む

 

  • 企業メディア化真価道場
  • スマートブックス
  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)

PAGE TOP ↑