フィンランド国立図書館が進める生涯学習システム

公開日: : フィンランド, 電子図書館

学習到達度に関する国際調査「PISA(Programme for International Student Assessment)」の国際ランキングで、毎年上位にあるフィンランド。そのフィンランドで2020年4月14日、フィンランドの公文書館、図書館、博物館等が所蔵する資料のデジタルコンテンツや書誌データを統合的に検索できるサービス「Finna」について、フィンランド国立図書館が2025年までのビジョンに関する記事を掲載しました。

生涯学習を促進するFinnaのビジョン

Finnaは2013年にフィンランド国立図書館が、フィンランドの公文書館、図書館、博物館等が所蔵する資料のデジタルコンテンツや書誌データを統合的に検索できるサービスとして発表したもの。2014年後半にオープンし、国立図書館が資料をアーカイブし、図書館、博物館と協力して開発。文部科学省の助成を受けています。
Finna.fiサービスには1,700万点近くの資料セットがあり、そのうち200万点以上がオンラインで自由に利用可能。さまざまなアーカイブ、図書館、博物館の80以上の検索サービスへのアクセスもできるんですね。

ヘルシンキ市立図書館の開発責任者であるMatti Sarmela氏と、フィンランド遺産庁の主任職員兼ユニット長であるIsmo Malinen氏は、「Finnaは民主主義を支えるユニークなオープンサービスですと」言います。また、「図書館にとって、ビジョンの目標であるスマート検索と安全な利用は、オープンでライセンスを受けたデジタルコンテンツへのシームレスなアクセスと同様に非常に重要です」とも。

2025年に向けて、Finnaのビジョンの重点分野は、「情報へのアクセス」「生涯学習の促進」「最高のユーザー体験」「協力関係の強化」。誰もが文化的・科学的資料に幅広くアクセスできる多目的のサービスを提供するとともに、ユーザーのさまざまなニーズに合わせた資料を、持続的かつ簡単に提供し、安全でユーザー志向のデジタル顧客体験や、組織間の協力や資料の柔軟な共同利用を可能にしています。

社会全体参加型でスマートな情報へのアクセス

情報へのアクセスと生涯学習の促進という意味では、あらゆる年齢層の方を対象に、体験型の学習や情報も提供しています。文化的・科学的な資料は、あらゆるレベルの教育、専門家向け、自習用に用意されていて、ユーザーがオープンな教材、科学出版物、アクセス権を必要とする資料に簡単にアクセスできるようにしています。デジタルデバイドの人にとっても、簡単にアクセスできるようにすることで、年齢層を問わず利用できる環境づくりをしているのが、フィンランド的だなと思いますね。

「Finnaのインターフェイスは、教材を使って教育や学習のためのコンテンツを作成するためのツールを向上させます。そのために先生方や会員組織との連携も強化しています。さらに、さまざまな教育レベルで使用されている学習プラットフォームとの統合を改善し、拡張することを目指しています」とフィンナの開発責任者 Erkki Tolonen 氏はフィンナの将来の計画について述べています。Finnaは、会員組織、ユーザー、開発者、デザイナーのコミュニティ、およびこれらの間の協力で構成される文化遺産と科学のネットワークの一部として、すべての人が参加し、ネットワークの発展に影響を与えることができるサービス環境を構築しています。さすがオープンソースの先駆けでもあるLinuxカーネルを開発したLinus Benedict Torvalds氏を生んだ国です。

日本にも国立国会図書館がありますが、Finnaのような「情報へのアクセス」「生涯学習の促進」「最高のユーザー体験」というビジョンはあまり見えないという印象ですね。個人的に今後重要になってくると思うのは、デジタル化によって可能になる生涯学習だと思っています。誰もがどこからでも簡単にアクセスできて、様々な分野における知識やノウハウを習得でき、ユーザー参加のものに教材や資料がアップデートされていく。新型コロナウイルスによる外出自粛という理由だけでなく、教育現場の崩壊や、子どもから大人まであらゆる年齢層における引きこもり、やり直しの許されない社会環境、そんな今の時代を見るにつけ、こういった生涯学習の環境がますます必要な時代だと思うんですよね。

関連記事

論文誌購読料の高騰から考えるデジタル化

2019/05/11 |

高騰する論文誌 研究者が論文を発表する場である「論文誌」。その購読料が近年高騰し、経済的な事情から...

記事を読む

本格サブスク時代の到来 出版業界の進む道は?

2020/01/28 |

スウェーデンの自動車メーカーボルボ。ボルボといえば「安全」とイメージする人も多いのではないでしょうか...

記事を読む

条約承認で進むか?書籍の電子化

2019/02/15 |

条約承認で変わる障がい者の読書のあり方 2018年4月25日「盲人、視覚障害者その他の印刷物の判読...

記事を読む

主体性を育むフィンランドの子育て

2019/06/24 |

主体性を育む子育てとは 主体性と自主性の違いは何か? よく聞く言葉だが、明確な区別をせずに使って...

記事を読む

  • 企業メディア化真価道場
  • 住まいのQA
  • スマートブックス
  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)

PAGE TOP ↑