どうなる?スウェーデン進出準備中のアマゾン

公開日: : アマゾン, 電子書籍

アマゾンというと世界中に進出していて、各国のEC市場を席巻しているというイメージがありませんか?ちょっと前まで僕はそう思っていました。でも実は、アマゾンが進出している国は日本を含めて16カ国。中国については2019年8月から撤退の話が出ていて、現在も中国で「Amazon.cn」を運営していますが、輸入品を中国の消費者に販売する機能しかありません。2019年7月に小売事業者が各々販売できる中国マーケットプレイスを閉鎖しています。それでも米国国内と全世界のAmazonサイトが販売した流通総額(GMV)は3,404億ドルに達し、全世界のオンライン小売総販売額3兆6,900億ドルの9.2%に相当します。すごいですね。

アマゾンが進出している国

アマゾンがスウェーデンへ進出準備中

そのアマゾンがいま北欧への進出を準備しているようです。北欧諸国の顧客は、現在アマゾンのドイツサイトなど、同社の欧州サイトを通じ買い物をすることが可能ですが、割高な配送コストの支払いを余儀なくされています。アマゾン・ドット・コムがスウェーデン国内向けのサービス開始に向けた準備を進めていることを明らかしてから2ヶ月あまり、ローンチの発表はまだありませんが、おそらく間も無くスタートでしょうね。スウェーデンでは、現在の市場の競争を激化させるであろうという意見と同時に、小さなスウェーデンブランドが国際市場に参入するチャンスにもなるといった歓迎のムードもあるようです。

日本にアマゾンが進出した際も、同様の二極化した意見が出ていましたね。書店はアマゾンによって顧客を奪われ、倒産も余儀なくされるという懸念を抱き、著者候補や中小出版社はまたとないビジネスチャンスを期待しました。現在はその未来予想図に近い状態になっていますね。電子書籍を個人でも出版できるKindle Direct Publishing(KDP)がスタートして、事実上誰でも出版ができるようになり、アマゾンが進出する国へ販売できるようになりました。日本ではまだまだですが、アメリカでは電子書籍でベストセラーになっているケースもたくさんあります。そう考えると、国内需要より海外市場を見据える北欧諸国にとって、アマゾンの進出は歓迎すべきことかもしれません。

北欧諸国で成功をつかめるのか?

ときに、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー 、フィンランドでは、スターバックスがほとんどありません。世界でコーヒー消費量が上位を占める北欧諸国なのに。ではどこがシェアを持っているのか?それはespresso house。4カ国で比較するとスターバックスが64店舗、espresso houseが430店舗。歴然たる差!espresso houseは店内の雰囲気はもちろんのこと、取り揃えるメニューもコーヒー好きの北欧諸国の人々の好みに合わせているんですね。espresso houseのほかにも、素敵なコーヒーショップやベーカリー併設のお店がたくさんあります。ゆっくりとFIKAしようと思ったら、スターバックスよりもそういったコーヒーショップの方が好まれるのかもしれませんね。

独自の文化的価値観を持った北欧各国で、アマゾンが受け入れられるのか、またどういったビジネスを展開していくのか注目するところです。個人的には、北欧各国のコンテンツがアマゾンを通じて入手できる可能性が高まるので楽しみです(まずはKindle版だけでしょうけど)。

アマゾンは今後さらに進出国を増やしていくでしょうし、新たなサービスもどんどん展開するでしょう。それだけ、世界へ発信していくチャンスも広がって行きます。いま私たちがやっておくべきは、電子書籍やプリント・オン・デマンド、オーディブルなど、様々なプラットフォームにコンテンツを対応しておくことでしょうね。今後コンテンツ発信を考えている方は、アマゾンの一挙手一投足に注目です。

関連記事

メディアといえばネットとSNS!10年後の消費世代

2019/10/18 |

先日の台風19号、その前の15号は列島に甚大な被害をもたらしました。今でも避難生活や、停電など不自由...

記事を読む

自費出版と侮るなかれ。変わり始めた出版の仕組み。

2018/11/25 |

本は誰が作ってもいいもの 秋田市内で「リバーサイド・ライティングゼミナール」という文章講座が開講さ...

記事を読む

士業の皆さんの出版ブランディング

2018/08/10 |

士業一人当たりの企業数が減少 ここ20年の間に、中小企業が2割以上減少したのに対して、税理士登録者...

記事を読む

読み放題サービスにApple参入 amazonとの違いはどこに?

2019/02/18 |

拡大するか!?読み放題サービス 2016年度の出版業界、ひとつの大きな変革があった。 amazo...

記事を読む

 

  • 企業メディア化真価道場
  • 住まいのQA
  • スマートブックス
  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)

PAGE TOP ↑