現代文化のルーツを探る㊱ 夏越の祓

公開日: : 現代文化のルーツ

皆さんは「夏越の祓(なごしのはらえ)」をご存知ですか?12月に行われる「年越の祓」の方が有名ですかね。いずれも「大祓」と呼ばれ、日本人の伝統的な考え方に基づくもので、常に清らかな気持ちで日々の生活にいそしむよう、自らの心身の穢れ、そのほか、災厄の原因となる諸々の罪・過ちを祓い清めることを目的としています。

今日は来月に訪れる「夏越の祓」について探ってみましょう。

半年分の穢れを祓う

「夏越の祓」は、旧暦の6月末に行われる半年分の穢れを落とす行事のことで、1年の後半となる半年の健康と厄除けを祈願します。由来は神話の伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の禊祓(みそぎはらひ)にまで遡ります。新暦に移った現在でも、6月30日ごろ日本各地の神社で行なわれている伝統行事です。

この祓の儀の歴史は、古く、人々の罪と穢れを祓うため701年の大宝律令で正式の宮中行事に定められていました。応仁の乱以降は、廃絶したものの宮中では、元禄年間に復活、また明治時代になって、旧儀の復活から、全国の神社で行われるようになったそうです。

日本神話に由来する茅の輪くぐり

夏越の祓では、厄落としの方法として「茅の輪くぐり」が行われます。茅の輪とは茅(ちがや)という草で編んだ輪のことです。茅の輪くぐりは、この茅で編んだ直径数メートルの輪を作り、これをくぐることで厄災を祓い清めるというものです。神社の境内に作られた大きな茅の輪の中を「水無月の夏越の祓する人は、千歳(ちとせ)の命延(の)ぶというなり」と唱えながら、8の字を書くように3度くぐり抜けます。茅の輪をくぐることで、病気や災いを免れることができるとされています。

「茅の輪くぐり」については日本神話に基づいているといわれています。昔、ある兄弟のところに、一人の旅人が現れて一夜の宿を頼みました。裕福な兄は旅人を冷たく断り、貧しいながらも弟の蘇民将来(そみんしょうらい)は温かく旅人をもてなしました。数年後、旅人が恩返しにと再び蘇民を訪れますが、実はこの旅人はスサノオノミコトで、その教えに従って茅の輪を腰に付けたところ、疫病から逃れられ、子々孫々まで繁栄したんですね。この故事に基づいて、家の玄関に「蘇民将来札」という札を貼り、厄除けにするという風習も残っています。

人形を身代わりに厄災を祓う

また、夏越の祓では人形(ひとがた)も作られます。人形とは、人の形を模した紙の形代(かたしろ)です。この人形に名前や年齢などを書き、自身の調子の悪い箇所を撫でて穢れや厄災を人形に移し、身代わりとして神社に奉納して厄払いします。人形を川に流したり、篝火を焚いたり、水や火を使う神事で清め、厄を落とします。紙だけでなく、藁などで人形を作るところもあります。また、お清めのために人が直接、川や海に入る地方もあるんです。

伝統菓子「水無月」

夏越の祓では、特に決められた行事食があるわけではありませんが、京都では「水無月」という夏越しの祓の日に食べる伝統的な和菓子があります。水無月は、白の外郎生地に小豆をのせた三角形のお菓子で、実はそれぞれに意味がこめられています。水無月の上部にある小豆は「悪魔払い」、三角の形は「暑気を払う氷」を意味しているといわれています。

京都で水無月が食されるようになった由来は、宮中で行われていた「氷の節句」だといわれています。冬にできた氷を山間の氷室(ひむろ)に貯蔵しておき、そこから取り寄せた氷を口にして夏を健康に過ごせるよう祈ったというものです。この頃の庶民にとって氷を手に入れることは困難だったため、氷をイメージした三角のういろうに、邪気を払う小豆を乗せた水無月が作られたといわれています。冷房や冷蔵庫もない時代、蒸し暑くなる6月〜7月は病気が流行する時期でした。そこで、このような甘く食べやすいお菓子で涼をとり厄祓いをしていたんですね。水無月は、現在でも夏越の祓の日の和菓子として親しまれています。

新たなに編み出された行事食

水無月が浸透しなかった関東では、近年になって東京を中心に「夏越ごはん」が話題になっています。夏越ごはんは、雑穀ごはんの上に、緑や赤の旬の野菜で作られたかき揚げを乗せ、おろしだれをかけた丼物です。かき揚げは「茅の輪」をイメージした丸い形にされています。かき揚げじゃなくても、丸い食材であればいいようですね。これは、米穀安定供給確保支援機構が米の普及を目指して、「夏越の祓」の行事食として推進しているものです。

1年の半分を終えて、ちょっと疲れも出てくるこの季節。今年の夏越の祓では、皆さんも夏越ごはんを食べて、デザートに水無月などいかがですか?

関連記事

現代文化のルーツを探る⑦ カレー

2021/01/30 |

皆さんこんにちは、オモイカネブックスの岩瀬です。 オモイカネブックスは、日本の文化や歴史、習慣など...

記事を読む

現代文化のルーツを探る⑭ 刺身

2021/02/24 |

【English after Japanese】 皆さんこんにちは。 オモイカネブックス...

記事を読む

今日は天ぷらの日 天ぷらの歴史を知ろう

2021/07/23 |

今日は天ぷらの日だってご存知でしたか?実は毎月23日が天ぷらの日なんですって! もともとは7月23...

記事を読む

現代文化のルーツを探る㉗ コマ

2021/04/13 |

温かな陽気に誘われて、日曜日に息子とお散歩に出かけました。 我が家の近所には人工的に作られた公園が...

記事を読む

  • 企業メディア化真価道場
  • 日本の昔ばなし名作シリーズ1

    日本の昔ばなし名作シリーズ1
    発売日 : 2021/12/19
    オモイカネブックス
    ¥1,250 (電子版)
    ¥2,178 (ペーパーバック)

  • 日本の昔ばなし名作シリーズ2

    日本の昔ばなし名作シリーズ2
    発売日 : 2021/12/19
    オモイカネブックス
    ¥1,250 (電子版)
    ¥2,178 (ペーパーバック)

  • 日本の昔ばなし名作シリーズ3

    日本の昔ばなし名作シリーズ3
    発売日 : 2021/12/19
    オモイカネブックス
    ¥1,250 (電子版)
    ¥2,178 (ペーパーバック)

  • 失敗しない家づくり読本

    失敗しない家づくり読本
    発売日 : 2021/3/27
    一般社団法人コミュニティービルダー協会 (著)
    ¥500 (電子版)

  • THE REAL RICH LIFE

    THE REAL RICH LIFE
    発売日 : 2021/1/29
    Hikaru Deguchi (著)
    ¥1,028 (電子版)
    ¥2,519 (ペーパーバック)

  • 天使との対話

    天使との対話
    発売日 : 2021/1/16
    中西 識叡子 (著)
    ¥800 (電子版)
    ¥1,452 (ペーパーバック)

  • Japanese Style
    発売日 : 2021/1/13
    Hironobu Ishikawa (著)
    ¥834 (電子版)
    ¥2,201 (ペーパーバック)

  • TSUNAGU モンゴル×日本
    発売日 :2020/3/15
    ガンフヤグ テンギスボルド(著)
    ¥500 (電子版)
    ¥990 (ペーパーバック)

  • 子供たちに伝えておきたい“日本のこと”
    発売日 : 2019/12/28
    飛岡健 (著)
    ¥528 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • SDGsに取り組もう 建築業界編
    発売日 : 2019/12/25
    浄法寺 亘 (著)
    ¥550 (電子版)
    ¥1,320 (ペーパーバック)

  • 頼みたくなる住宅営業になれる本
    発売日 : 2019/12/25
    浄法寺 亘 (著)
    ¥800 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • ビジネスに役立つ 日本の偉人の仕事術
    発売日 :2019/9/5
    オモイカネブックス(著)
    ¥864 (電子版)
    ¥1,782 (ペーパーバック)

  • と金志士 上巻
    発売日 : 2019/7/26
    オモイカネブックス(著)
    ¥540 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • 大人のための科学的勉強法
    発売日 : 2019/7/18
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)
    ¥815 (ペーパーバック)

  • とっておきの見込み客発掘法

    とっておきの見込み客発掘法
    出版社 : 2018/9/13
    石川博信 (著)
    ¥840 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,284 (ペーパーバック)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,078 (ペーパーバック)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,386 (ペーパーバック)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,078 (ペーパーバック)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,386 円(ペーパーバック)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)
    ¥1,320(ペーパーバック)

PAGE TOP ↑