猿は神の遣いだった!?昔話と猿の関係とは

公開日: : 昔話

日本の昔話に欠かせない「猿」

皆さんは猿が出てくる昔話をご存知ですか?
猿かに合戦、猿婿入り、猿地蔵など、猿が出てくる日本の昔話はたくさんありますね。

その中で「猿の肝(キモ)」というお話があります。
むかし、竜宮城には龍王様が住んでいて、魚達と楽しく暮らしていました。当時、エビの腰はまっすぐで、カニは前に歩くことができて、カメの甲羅には割れ目が無くて、タコには骨があって歩くことができたそうです。私たちが知っているエビ、カニ、カメ、タコとは違いますね。

ある時、龍王様の奥さんが妊娠して、何も食べられなくなってしまいました。そこで、エビとカニとカメとタコが相談して、猿の生き肝を獲って来て、奥さんに食べてもらうことにしました。猿の脳みそは神経痛に、肝(胆嚢)を干したものは婦人病に効くなど、各地の民間療法の―つにあげられいます。知っていました?西洋医学が広まった今では、聞くことのない話かもしれませんね。

そういうわけで、竜宮城では猿の生き肝を獲ってくるぞ!ということで、カメが陸上に行って猿を連れてくる役目を言い渡されます。
カメは陸に上がると一匹の猿を見つけます。そしてこう言いました、「竜宮の龍王様が、頭が良くて立派な猿に会いたがっている。竜宮には美味しいご馳走もたくさんあるけど行ってみないか?」すると、猿はすっかり騙されて、カメの背中に乗って竜宮まで連れて行かれます。

竜宮に着いた猿は、美味しいご馳走を食べて酒も飲んで、すっかり酔っ払って小部屋に寝かされます。すると、猿がぐっすり眠っていると思ったのか、部屋の番をしていたタコが「かわいそうにな、もうすぐこの猿は肝を抜かれてしまうんだなぁ、、、。」と口を滑らせてしまったのです。聞き耳を立てていた猿は、そこで騙されていたことに気が付いて慌てます。

結末は意外な展開に

猿は助かる方法を必死に考えます。そして、大声で泣いてこう叫んだのです。
「浜辺の松の木に肝を干してきたが、雨が降ると肝が流されちまう!どうすりゃいんだ!」。
それを聞いたカメが、急いで猿を連れて陸に向かいました。

陸に着くと猿はカメの背中から飛び降りて、さっさと逃げて行ってしまいました。今度はカメたちが騙されたわけです。カメは悔しがりましたがどうすることもできず、あきらめて竜宮に帰りました。

その後竜宮は大変な事態になります。うっかり口を滑らせたタコが、怒ったエビとカニとカメに体中の骨を抜かれてしまいました。結構ひどいことしますよね、、、。その上、全てを知った龍王様が「猿の命を奪ってまで獲った肝で、わしや奥さんが喜ぶと思ったのか!!!!」と怒り心頭。その凄まじい怒りで、カメの甲羅にはひびが入り、エビの腰は曲がってしまい、カニは横にしか歩けなくなってしまいました。どれだけの衝撃が走ったのでしょうね。ということで、この時なんですね、私たちが知っているエビ、カニ、カメ、タコの姿になったのは。

というお話です。
日本の昔話は、教訓を踏まえたものが多いのですが、猿の生き胆のように、今の生き物の姿になった事件を語るお話も多くあります。最初の話から大転換して結末に至る。これも昔話の醍醐味の1つですね。

猿は神の遣い?

さて、猿に話を戻します。

日本人は昔から猿に対して様々な信仰を持ってきました。猿を山の神の遣い、あるいは山の神の変化したものという考えがあります。猟師が使う山言葉では、猿を「ヤマノヒト」「エビス」などと呼んだり、日吉大社で猿が神の遣いとして大切にされていたりと、猿信仰を示す事例が数多くあります。

また、「神の稲をつくる水田」を意味する言葉が「猿」の語源だという説もあります。このことから、猿を水の神と関係が深い動物として信仰していたと考えることもできます。昔話の「猿地蔵」や「猿婿入り」などでは、水と猿のかかわりが話の重要な要素となっています。さらに、猿は、厩神(うまやがみ)としても信仰されていました。厩神は、馬を飼っておく小屋である厩に祀られる神で、馬の守護神の総称です。中国地方では、厩に猿の頭をかける習俗があり、猿回しはもともと厩を祈躊するために始まったものだとも言われています。

日本の昔話とは切っても切れない存在の猿。
皆さんも猿が登場する昔話を読んでみて下さいね。

 

Facebookで絵本の魅力を再発見するグループを運営中です。
絵本が好き!昔話に興味がある!という方は是非ご参加下さい。

絵本の魅力再発見!大好きな絵本について語ろう
https://www.facebook.com/groups/lovepicturebooks/

関連記事

昔話の中にも進撃の巨人がいた!?

2021/10/08 |

突如として出現した謎の存在「巨人」により、絶滅の危機に立たされた人類と巨人との戦いを描いたバトル漫画...

記事を読む

かぐや姫は実在した?昔話の成り立ちを探る

2021/05/04 |

【English after Japanese】 日本の昔話としてとても有名な『かぐや姫』。 ...

記事を読む

狼は大きな神?!古来日本人と狼の知られざる関係とは?

2021/10/12 |

皆さん狼ってどんなイメージを持っていますか?人や動物を襲う怖い動物というイメージが強いですかね。 ...

記事を読む

桃太郎のモデルは神話の中にいた

2021/09/30 |

ある日川に洗濯に出かけたおばあさんが、川上から流れてきた桃を家に持ち帰ります。おじいさんと一緒にその...

記事を読む

  • 企業メディア化真価道場
  • 住まいのQA
  • スマートブックス
  • 失敗しない家づくり読本

    失敗しない家づくり読本
    発売日 : 2021/3/27
    一般社団法人コミュニティービルダー協会 (著)
    ¥500 (電子版)

  • THE REAL RICH LIFE

    THE REAL RICH LIFE
    発売日 : 2021/1/29
    Hikaru Deguchi (著)
    ¥1,028 (電子版)
    ¥2,519 (ペーパーバック)

  • 天使との対話

    天使との対話
    発売日 : 2021/1/16
    中西 識叡子 (著)
    ¥800 (電子版)
    ¥1,452 (ペーパーバック)

  • Japanese Style
    発売日 : 2021/1/13
    Hironobu Ishikawa (著)
    ¥834 (電子版)
    ¥2,201 (ペーパーバック)

  • TSUNAGU モンゴル×日本
    発売日 :2020/3/15
    ガンフヤグ テンギスボルド(著)
    ¥500 (電子版)
    ¥990 (ペーパーバック)

  • 子供たちに伝えておきたい“日本のこと”
    発売日 : 2019/12/28
    飛岡健 (著)
    ¥528 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • SDGsに取り組もう 建築業界編
    発売日 : 2019/12/25
    浄法寺 亘 (著)
    ¥550 (電子版)
    ¥1,320 (ペーパーバック)

  • 頼みたくなる住宅営業になれる本
    発売日 : 2019/12/25
    浄法寺 亘 (著)
    ¥800 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • ビジネスに役立つ 日本の偉人の仕事術
    発売日 :2019/9/5
    オモイカネブックス(著)
    ¥864 (電子版)
    ¥1,782 (ペーパーバック)

  • と金志士 上巻
    発売日 : 2019/7/26
    オモイカネブックス(著)
    ¥540 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • 大人のための科学的勉強法
    発売日 : 2019/7/18
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)
    ¥815 (ペーパーバック)

  • とっておきの見込み客発掘法

    とっておきの見込み客発掘法
    出版社 : 2018/9/13
    石川博信 (著)
    ¥840 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,284 (ペーパーバック)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,078 (ペーパーバック)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,386 (ペーパーバック)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,078 (ペーパーバック)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,386 円(ペーパーバック)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)
    ¥1,320(ペーパーバック)

PAGE TOP ↑