昔話の中にも進撃の巨人がいた!?

公開日: : 昔話

突如として出現した謎の存在「巨人」により、絶滅の危機に立たされた人類と巨人との戦いを描いたバトル漫画。物語自体はいわゆる「ダークファンタジー」に分類され、閉塞感と絶望感に彩られた世界観をシリアス、かつシビアに描く。少年漫画やバトル漫画の「熱さ」「お約束」を残しながら、そこを僅かかつ絶妙に外したミステリー要素を散りばめる新人離れしたストーリー・テリングの腕や、シュールなギャグを唐突かつ違和感なく挟み込む懐の深さもあり、単行本発刊後から口コミで話題を集め始めた作品。

皆さん、これ何のことかわかりますか?
そう、「進撃の巨人」です。皆さんご覧になったことありますか?
こういった巨人系の話は、ジブリでもアニメでもありますね。風の谷のナウシカの巨神兵や、天空の城ラピュタのロボット兵も巨人。巨神兵は個人的に進撃の巨人に似ているのかな?と思います。まあ、私は進撃の巨人を見たことがないのですが、、、。

古の時代から伝説化している巨人たち

巨人との戦いというのは、いつの時代も物語になるもので、日本の昔話の中にも巨人のお話があります。
「ダイダラボッチ」って聞いたことがありますか?「でいだらぼっち」「ダイランボウ」「だいだらぼう」「でいらんぼう」「だいらぼう」など、日本各地で様々な呼び方をされています。ダイダラボッチは、日本の各地で伝承される巨人です。山や湖沼を作ったという伝承が多く、元々は国づくりの神に対する巨人信仰がダイダラボッチ伝承を生んだと考えられているんです。

wikipediaより

たとえば、ダイダラボッチが近江の国(現在の滋賀県)の善積郡の地を掘った跡が琵琶湖で、 東に三歩半進んでその掘った土を捨てた跡が富士山になったという伝承もあります。また相模野の大沼という沼は、大昔にダイダラボッチが富士山を背負って歩こうとしたときの、足跡のくぼみだとも伝えらています。すごいですね、ダイダラボッチ!

さらに、東京都世田谷区に「代田」という地域があります。ここはダイダラボッチにちなんだ地名で、代田橋はダイダラボッチが架けた橋で、付近にあったくぼ地はその足跡だと言われています。このようにダイダラボッチの伝承には、その足跡が沼やくぼ地になったというものがとても多く見られるんです。 地名の由来に、ダイダラボッチが関わっていることも少なくありません。埼玉県の秩父地方では、デイダボウという大きな人が、 かぶっていた菅笠をとってかぶせたのが笠山、粥を煮たところが粥新田峠、その釜を伏せたのが釜伏峠、粥を食べた箸を立てたのが、二本木峠になったと伝えられています。

日本の民話で語られるダイダラボッチとは?

昔話として語られる、ダイダラボッチのあらすじをちょっと紹介します。

ダイダラボッチは、志摩半島の村の沖合にある大王島に住んでいる、一つ目の大男です。
ダイダラボッチは力の強い大男で、村の漁師たちが捕った魚を船ごと持って行ったり、米も俵ごと強奪していきました。困った漁師たちは、網元の家で対策を相談していると、一人の頭のいい子供が名案を思いつきます。

どんな名案かというと、ダイダラボッチより大きな「千人力の大男」というのをでっち上げて、ダイダラボッチを怖がらせて追い払おうという作戦でした。まあ、自分より大きくて強いものを見たことがないでしょうからね、これはいい作戦かもしれませんね。

さて、何も知らないダイダラボッチは、食べ物を探しにまた村にやって来ました。そこで、大きなカゴと大きな魚のえさ袋を見つけるのです。これは何だ?とダイダラボッチが聞くと、「このカゴは千人力の大男が使うタバコ入れで、えさ袋は千人力の男が着る着物だ」と漁師の一人が説明しました。

さらに、片方だけの巨大なワラジをダイダラボッチが見つけます。これは何だ?とダイダラボッチが尋ねると、「これは千人力の男が置き忘れていったワラジだ」と漁師の一人が答えました。「こんな大男がいるのか?!」と恐怖に震えたダイダラボッチは、大急ぎで大王島へ逃げ帰っていきました。その後は、もう二度と村にはやってこなかったというお話しです。

子どもの知恵にうっかり騙されて帰っていくあたり、日本の昔話のコミカルさとあたたかさを感じますね。

日本全国に広がる巨人伝説

巨人伝説は、ダイダラボッチだけでなく、四国の孫太郎、九州の大人弥五郎(おおひとやごろう)、味噌五郎(みそごろう)など、ほぼ全国的に分布していて、百合若大臣(ゆりわかだいじん)や弁慶も巨人として伝説になっていますね。
また、『播磨国風土記』や『常陸国風土記』、あるいは沖縄の神話の中でも巨人の存在が書かれています。

なぜこんなにも巨人伝説が存在するのか?柳田国男の「ダイダラ坊の足跡」では、このように説いています。
「偉大な仕事を成し遂げた者は、偉大な体格の持ち主でなければならないという信仰が、古来日本人の中にあり、そのためにこうした巨人伝説が各地に残っている」古くから日本の伝説には巨人が欠かせない存在なんですね。皆さんの住んでいる地域では、ダイダラボッチのような巨人のお話はありますか?

 

 

 

関連記事

狼は大きな神?!古来日本人と狼の知られざる関係とは?

2021/10/12 |

皆さん狼ってどんなイメージを持っていますか?人や動物を襲う怖い動物というイメージが強いですかね。 ...

記事を読む

言葉の勘違いを楽しむ「古屋のもり」

2021/09/07 |

言葉の勘違いってありませんか? 「橋」と「箸」、「雲」と「蜘蛛」など、日本では同じ音で別の意味を表...

記事を読む

実は火の神の使いだった!?「ひょっとこ」の由来

2021/10/19 |

みなさん「ひょっとこ」をご存知ですか? ひょっとこは、口をすぼめて曲げたような表情の男性、あるいは...

記事を読む

うさぎのしっぽが短いわけ かちかち山の意外な結末

2021/09/17 |

バリエーション豊富な昔話 むかしあるところに、年老いた夫婦が仲良く暮らしていました。 ある日...

記事を読む

  • 企業メディア化真価道場
  • 住まいのQA
  • スマートブックス
  • 失敗しない家づくり読本

    失敗しない家づくり読本
    発売日 : 2021/3/27
    一般社団法人コミュニティービルダー協会 (著)
    ¥500 (電子版)

  • THE REAL RICH LIFE

    THE REAL RICH LIFE
    発売日 : 2021/1/29
    Hikaru Deguchi (著)
    ¥1,028 (電子版)
    ¥2,519 (ペーパーバック)

  • 天使との対話

    天使との対話
    発売日 : 2021/1/16
    中西 識叡子 (著)
    ¥800 (電子版)
    ¥1,452 (ペーパーバック)

  • Japanese Style
    発売日 : 2021/1/13
    Hironobu Ishikawa (著)
    ¥834 (電子版)
    ¥2,201 (ペーパーバック)

  • TSUNAGU モンゴル×日本
    発売日 :2020/3/15
    ガンフヤグ テンギスボルド(著)
    ¥500 (電子版)
    ¥990 (ペーパーバック)

  • 子供たちに伝えておきたい“日本のこと”
    発売日 : 2019/12/28
    飛岡健 (著)
    ¥528 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • SDGsに取り組もう 建築業界編
    発売日 : 2019/12/25
    浄法寺 亘 (著)
    ¥550 (電子版)
    ¥1,320 (ペーパーバック)

  • 頼みたくなる住宅営業になれる本
    発売日 : 2019/12/25
    浄法寺 亘 (著)
    ¥800 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • ビジネスに役立つ 日本の偉人の仕事術
    発売日 :2019/9/5
    オモイカネブックス(著)
    ¥864 (電子版)
    ¥1,782 (ペーパーバック)

  • と金志士 上巻
    発売日 : 2019/7/26
    オモイカネブックス(著)
    ¥540 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • 大人のための科学的勉強法
    発売日 : 2019/7/18
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)
    ¥815 (ペーパーバック)

  • とっておきの見込み客発掘法

    とっておきの見込み客発掘法
    出版社 : 2018/9/13
    石川博信 (著)
    ¥840 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,284 (ペーパーバック)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,078 (ペーパーバック)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,386 (ペーパーバック)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,078 (ペーパーバック)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,386 円(ペーパーバック)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)
    ¥1,320(ペーパーバック)

PAGE TOP ↑