狼は大きな神?!古来日本人と狼の知られざる関係とは?

公開日: : 昔話

皆さん狼ってどんなイメージを持っていますか?人や動物を襲う怖い動物というイメージが強いですかね。
印象に強く残っているのは、グリム童話にある赤ずきんちゃんの狼ではないでしょうか。

赤ずきんがお使いを頼まれて、森の向こうのおばあさんの家へと向かう途中、一匹の狼に遭い道草をします。その間に狼は先回りをしておばあさんの家へ行き、家にいたおばあさんを食べてしまう。そしておばあさんの姿に成り代わり、赤ずきんが来るのを待って、赤ずきんがおばあさんの家に到着すると、おばあさんに化けていた狼に赤ずきんが食べられてしまうという、あの話です。

子どもの頃に皆さん読みましたよね。この作品を見ていると、狼は怖い動物というイメージが焼き付いちゃいますよね。ただ、この後狼は、満腹になって寝入っていたところを、通りがかった猟師によって、腹を割かれてしまい、その後赤ずきんたちの手によって、腹の中にに大きな石を縫い込まれてしまうんですがね、、、。なかなかの残虐さですよね、あかずきん。

大神だった日本の狼

それはさておき、日本における狼の語源は「大神」だと言われています。
『日本書紀』では「かしこき神」、『万葉集』では「大口の真神」などと記されています。また、狼を祀っているという埼玉県の三峰神社は、現在も「大口真神」という札を出していることで有名です。その昔日本では、狼のことを「ヤマイヌ」「オイヌサマ」などと呼んで、霊獣であると考えていたんですね。そのエピソードが、「狼のまゆげ」「狼報恩」などの昔話にもあらわれています。

三峯神社の狛犬

「狼のまゆげ」は、食うにこまった男が、自ら狼に食い殺されようとしますが、逆に狼から真人間を見分けることのできる「狼のまゆげ」をもらい、幸せをつかむというお話です。似た話では、「きつねのまつ毛」もありますね。
「狼報恩」は、とげがささって苦しんでいる狼を助けたところ、猪やきじ、うさぎなどを持ってきたとか、おなじ山道を通ると狼が家まで送ってくれたといった、狼による恩返しのお話です。

また、狼は、お産に関係した信仰を持っていたとも言われています。狼が子供を産むと、村人が赤飯などを狼の巣に持っていく習俗などもあったんです。反対に人間のお産を、狼が見舞いにくる「狼の産見舞い」という話もあり、狼とお産との関係がうかがえます。

人間との関わりが深かった狼

夜間に狼の大群に襲われた人間が木の上に登り、狼たちが梯子のように肩車を組んで、木の上の人間を襲おうとするものの後一歩で届かず、狼が自分たちの親玉の化け物を呼びつけるという「千疋狼」のような話もあるかと思えば、馬を襲おうと馬小屋に忍び込んでいた狼と、馬を盗もうとして屋根裏に隠れていた泥棒が、想像上の怪物を恐れてドタバタ劇を繰り広げる「古屋のもり」のような滑稽話にも、狼が登場します。狼は日本人と非常に縁が深い動物だったのですね。

千疋狼の一コマ

現在では、狼は神というよりも、人間にとっての害獣という扱いです。これは、耕地が拡大したり、山中の交通が頻繁になるなど、人間の生活圏が拡大されてからなんですね。狼にしてみれば、やむをえず田畑や住居に近づくようになったんです。しかし、人間は狼を恐れ、駆除するようになってしまいました。そうして、次第に狼に対する信仰は薄れていって、明治時代には大規模な狼狩りがおこなわれ、明治中期にはニホンオオカミが絶滅したと言われています。

昔話には多くの生き物が出てきます。いずれも古来日本では生き物を神格化して祀ったり、生き物との共存共栄の習慣があり、民話や昔話でそんな文化を伝えてきました。生物多様性がますます失われていく現代において、日本の昔話から生き物との関係を再認識してみる必要があるのではないかと思いますね。

関連記事

子どもの発想力を育てるとんち話「一休さん」

2021/11/05 |

目次 日本全国各地に存在したとんち者 一休さんの代表作品「屏風の虎」 ...

記事を読む

桃太郎のモデルは神話の中にいた

2021/09/30 |

ある日川に洗濯に出かけたおばあさんが、川上から流れてきた桃を家に持ち帰ります。おじいさんと一緒にその...

記事を読む

浦島太郎はきこりだったという話も!?

2021/08/14 |

English after japanese ある日、漁師の浦島太郎が浜辺を歩いていると、亀が...

記事を読む

一寸法師の知られざる一面 実は計略家だった?

2021/08/17 |

むかし、子どものないおじいさんとおばあさんが、神様に願かけをして、小さな子どもを授かりました。その子...

記事を読む

  • 企業メディア化真価道場
  • 住まいのQA
  • スマートブックス
  • 失敗しない家づくり読本

    失敗しない家づくり読本
    発売日 : 2021/3/27
    一般社団法人コミュニティービルダー協会 (著)
    ¥500 (電子版)

  • THE REAL RICH LIFE

    THE REAL RICH LIFE
    発売日 : 2021/1/29
    Hikaru Deguchi (著)
    ¥1,028 (電子版)
    ¥2,519 (ペーパーバック)

  • 天使との対話

    天使との対話
    発売日 : 2021/1/16
    中西 識叡子 (著)
    ¥800 (電子版)
    ¥1,452 (ペーパーバック)

  • Japanese Style
    発売日 : 2021/1/13
    Hironobu Ishikawa (著)
    ¥834 (電子版)
    ¥2,201 (ペーパーバック)

  • TSUNAGU モンゴル×日本
    発売日 :2020/3/15
    ガンフヤグ テンギスボルド(著)
    ¥500 (電子版)
    ¥990 (ペーパーバック)

  • 子供たちに伝えておきたい“日本のこと”
    発売日 : 2019/12/28
    飛岡健 (著)
    ¥528 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • SDGsに取り組もう 建築業界編
    発売日 : 2019/12/25
    浄法寺 亘 (著)
    ¥550 (電子版)
    ¥1,320 (ペーパーバック)

  • 頼みたくなる住宅営業になれる本
    発売日 : 2019/12/25
    浄法寺 亘 (著)
    ¥800 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • ビジネスに役立つ 日本の偉人の仕事術
    発売日 :2019/9/5
    オモイカネブックス(著)
    ¥864 (電子版)
    ¥1,782 (ペーパーバック)

  • と金志士 上巻
    発売日 : 2019/7/26
    オモイカネブックス(著)
    ¥540 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • 大人のための科学的勉強法
    発売日 : 2019/7/18
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)
    ¥815 (ペーパーバック)

  • とっておきの見込み客発掘法

    とっておきの見込み客発掘法
    出版社 : 2018/9/13
    石川博信 (著)
    ¥840 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,284 (ペーパーバック)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,078 (ペーパーバック)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,386 (ペーパーバック)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,078 (ペーパーバック)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,386 円(ペーパーバック)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)
    ¥1,320(ペーパーバック)

PAGE TOP ↑