子を想う母の深い愛を知る『子育て幽霊』

公開日: : 昔話

皆さんは怪談話は好きですか?

私が子どもの頃、日本の怪談という本の中に「子育て幽霊」という話がありました。
子ども心にとても怖かったのを覚えています。皆さんご存知でしょうか?

でも今読み返すと、母親の子どもに対する深い深い愛情の話だったのだと切なさを感じます。
3歳児を育てている身としては、グッと来るものがありますね。

では、子育て幽霊のお話を見ていきましょう。

子育て幽霊のあらすじ

むかしむかし、ある村に、一軒のアメ屋がありました。
ある年の夏の事、夜も遅くなったので、アメ屋さんがそろそろ店を閉めようかと思っていると、トントントントンと、戸を叩く音がしました。

「はて、こんな遅くに誰だろう?」と、アメ屋さんが戸を開けました。そこに、一人の女の人が立っていました。

「あの、アメをくださいな」
「あっ、はい。少々お待ちを」
アメ屋さんは女の人が持ってきたうつわに、つぼから水アメをすくって入れました。
「ありがとう」
女の人はお金を払うと、消えるように行ってしまいました。

今日もアメ屋さんが戸締まりをしようと思っていると、また戸を叩く音がします。
「あの、アメをくださいな」
やはり、あの女の人でした。
女の人は昨日と同じようにアメを買うと、スーッと、どこかへ帰って行きます。
それから毎晩、女の人は夜ふけになるとアメを買いに来ました。
次の日も、その次の日も、決まって夜ふけに現れてはアメを買って行くのです。

ある雨の夜。
この日は隣村のアメ屋さんが訪ねて来て、色々と話し込んでいたのですが、
「あの、アメをくださいな」と、いつものように現れた女の人を見て、隣村のアメ屋さんはガタガタ震え出したのです。

「あ、あ、あの女は、ひと月ほど前に死んだ、松吉(まつきち)の奥さんにちがいない」
「えっ!」
二人は、顔を見合わせました。
死んだはずの女の人が、夜な夜なアメを買いに来るはずはありません。
しかし隣村のアメ屋は、間違いないと言います。

そこで二人は、女の後をつけてみることにしました。
アメを買った女の人は林を抜け、隣村へと歩いていきます。
その場所は、
「はっ、墓だ!」
女の人は墓場の中に入っていくと、スーッと煙のように消えてしまったのです。
「お、幽霊だ!」
二人はお寺に駆け込むと、和尚(おしょう)さんにこれまでの事を話しました。

しかし和尚さんは、「そんな馬鹿な事があるものか。
きっと、何かの見間違いじゃろう」と、言いましたが、二人があまりにも真剣なので、仕方なく二人と一緒に墓場へ行ってみる事にしました。

すると、オンギャー、オンギャーと、 かすかに赤ん坊の泣き声が聞こえてきます。
声のする方へ行ってみると、「あっ、人間の赤ん坊じゃないか! どうしてこんなところに?!」

和尚さんがちょうちんの明かりをてらしてみると、そばに手紙がそえられています。
それによると、赤ん坊は捨て子でした。
「それから何日もたつのに、どうして生きられたんじゃ?」
あの女の人が毎晩アメを買っていったつぼが、赤ん坊の横に転がっていたのです。

そして、赤ん坊が捨てられたそばの墓を見ると、
「おお、これはこの前に死んだ、松吉の女房の墓じゃ!」
何と幽霊が、人間の子どもを育てていたのです。

「なるほど、それでアメを買いに来たんだな。それも自分の村では顔を知られているので、わざわざ隣村まで」
きっと自分の墓のそばに捨てられた赤ん坊を、見るに見かねたにちがいありません。

和尚さんは心を打たれて、松吉の女房の墓に手を合わせました。
「やさしい仏さまじゃ。母親はお乳のかわりに飴を毎日あげていたんだな。この子はわしが育てるに、安心してくだされよ」

こうしてお墓に捨てられた赤ん坊は、和尚さんにひきとられました。
それからあの女の人がアメ屋さんに現れる事は、もう二度となかったそうです。
数年が過ぎ、その子は立派な子供に成長しました。

子育て幽霊のルーツ

この話は日本全土に伝わっており、高僧や名士の異常誕生譚として伝説的に語られることも多く、僧である場合には、通幻、学信の名が、名士の場合には土持惣寛之進、月持惣之進 などの名が挙げられます。

女が支払うお金は、一文、六文、十銭などさまざまでありますが、棺に入れられた六道銭を毎夜一文ずつ使い、六夜目に飴屋があとをつけると、「墓場からもう銭がなくなった」と嘆く声が聞こえたと語るものもあります。

「妊婦を葬るときには六文銭を持たせよ」とか「妊婦を葬るときは身二つにしてから埋めなければならない」と言われますが、こういった言い伝えも本話と無関係ではないのでしょうね。 また、女の支払ったお金がしきみの葉に変わるという「銭は木の葉」的な伝承も見られ、その場合には、飴屋が女を怪しむ要因になっています。

京都・東山には、幽霊に実際に飴を売ったとする450年以上の歴史を持つ「みなとや幽霊子育飴本舗」があります。
同店の由来書の中には、「此の児八才にて僧となり修行怠らず成長の後遂に、高吊な僧になる。寛文六年三月十五日、六十八歳にて遷化し給う。されば此の家に販ける飴を誰いうとなく幽霊子育ての飴と唱え盛んに売り弘め、果ては薬飴とまでいわるゝに至る。」という一文があります。

同じく京都の立本寺でも子育て幽霊の伝承があり、墓から助けられた子は出家し、立本寺第二十世・霊鷲院日審上人となったとしています。

漢族の間にも、死者が葬られるときに持たせられた紙銭を使う話があり、死者を埋葬する際に棺にお金を納めていたことが伺えます。沖縄では、墓中に生まれた子が現世と冥界を行き来して閻魔と交渉し、地獄に落ちた父を救った話として展開されています。

子育て幽霊が伝えようとしていること

このお話が伝えようとしているのは、母親の深い愛情でしょう。
この母親は、死んでからも子どもを育てようと必死にあめを買いにいくのです。一所懸命赤ん坊が死なないように守ります。
男女間の愛、友人愛、子が親へ抱く愛など、いろいろな愛のかたちがありますが、親から子への愛は特別なものですね。

実の子どもを手にかけるといった事件が、後を絶たない昨今ですが、子育て幽霊となった女のように、社会全体が深い愛情を持って子どもたちを育てていきたいものですね。

 

アマゾンランキング学習カテゴリ1位!!
障がい者アート×日本の昔話
日本語と英語で描かれたバイリンガル絵本

『日本の昔ばなし名作シリーズ1』
https://www.amazon.co.jp/dp/B09NCL7D6V/

『日本の昔ばなし名作シリーズ2』
https://www.amazon.co.jp/dp/B09NCKXWLL

『日本の昔ばなし名作シリーズ3』
https://www.amazon.co.jp/dp/B09NCJVJMV/

関連記事

見てはいけないものを見て罰を受ける『雪女』

2022/04/23 |

日本の伝承をもとに、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が作品集『怪談』に収録したことで、知られるように...

記事を読む

大切な声に耳を傾け行動する『聞き耳頭巾』

2022/05/13 |

動物と会話ができたらいいなと思いませんか? 自分のペットがどんなことを思っているのか、動物園の動物...

記事を読む

続けることの大切さ 〜斧から針を作ったお坊さんのお話〜

2021/12/07 |

今日12月7日は二十四節気の中の大雪です。 大雪の意味は、「雪がたくさん降って積る時期」になります...

記事を読む

かぐや姫は実在した?昔話の成り立ちを探る

2021/05/04 |

【English after Japanese】 日本の昔話としてとても有名な『かぐや姫』。 ...

記事を読む

  • 企業メディア化真価道場
  • 住まいのQA
  • スマートブックス
  • 日本の昔ばなし名作シリーズ1

    日本の昔ばなし名作シリーズ1
    発売日 : 2021/12/19
    オモイカネブックス
    ¥1,250 (電子版)
    ¥2,178 (ペーパーバック)

  • 日本の昔ばなし名作シリーズ2

    日本の昔ばなし名作シリーズ2
    発売日 : 2021/12/19
    オモイカネブックス
    ¥1,250 (電子版)
    ¥2,178 (ペーパーバック)

  • 日本の昔ばなし名作シリーズ3

    日本の昔ばなし名作シリーズ3
    発売日 : 2021/12/19
    オモイカネブックス
    ¥1,250 (電子版)
    ¥2,178 (ペーパーバック)

  • 失敗しない家づくり読本

    失敗しない家づくり読本
    発売日 : 2021/3/27
    一般社団法人コミュニティービルダー協会 (著)
    ¥500 (電子版)

  • THE REAL RICH LIFE

    THE REAL RICH LIFE
    発売日 : 2021/1/29
    Hikaru Deguchi (著)
    ¥1,028 (電子版)
    ¥2,519 (ペーパーバック)

  • 天使との対話

    天使との対話
    発売日 : 2021/1/16
    中西 識叡子 (著)
    ¥800 (電子版)
    ¥1,452 (ペーパーバック)

  • Japanese Style
    発売日 : 2021/1/13
    Hironobu Ishikawa (著)
    ¥834 (電子版)
    ¥2,201 (ペーパーバック)

  • TSUNAGU モンゴル×日本
    発売日 :2020/3/15
    ガンフヤグ テンギスボルド(著)
    ¥500 (電子版)
    ¥990 (ペーパーバック)

  • 子供たちに伝えておきたい“日本のこと”
    発売日 : 2019/12/28
    飛岡健 (著)
    ¥528 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • SDGsに取り組もう 建築業界編
    発売日 : 2019/12/25
    浄法寺 亘 (著)
    ¥550 (電子版)
    ¥1,320 (ペーパーバック)

  • 頼みたくなる住宅営業になれる本
    発売日 : 2019/12/25
    浄法寺 亘 (著)
    ¥800 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • ビジネスに役立つ 日本の偉人の仕事術
    発売日 :2019/9/5
    オモイカネブックス(著)
    ¥864 (電子版)
    ¥1,782 (ペーパーバック)

  • と金志士 上巻
    発売日 : 2019/7/26
    オモイカネブックス(著)
    ¥540 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • 大人のための科学的勉強法
    発売日 : 2019/7/18
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)
    ¥815 (ペーパーバック)

  • とっておきの見込み客発掘法

    とっておきの見込み客発掘法
    出版社 : 2018/9/13
    石川博信 (著)
    ¥840 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,284 (ペーパーバック)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,078 (ペーパーバック)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,386 (ペーパーバック)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,078 (ペーパーバック)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,386 円(ペーパーバック)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)
    ¥1,320(ペーパーバック)

PAGE TOP ↑