万葉集にも記録された浦島太郎

公開日: : 昔話

ある日、漁師の浦島太郎が浜辺を歩いていると、亀が子供たちにいじめられているところを見かけます。
そこで子供たちから亀を助けて、海に逃がしてやります。しばらくして釣りにいくと亀があらわれて、浦島太郎を龍宮城へ招待します。
亀の背に乗って目をつぶると、海の底の龍宮城につきました。

浦島太郎は、乙姫様の歓迎を受け、夢のような時間を過ごします。数日の間楽しく過ごした太郎は、故郷のことが心配になり、村に帰ることになります。別れ際、乙姫様は太郎に、「けっしてふたをあげないように」と言って、玉手箱を渡しました。浦島太郎が亀の背に乗り、目をつぶると、もとの海辺につきました。

ところが故郷の村は、すっかり様子が変わっていまっていました。龍宮城での三年は地上の三百年だっのです。さびしくなった浦島太郎が、乙姫さまとの約束をわすれて玉手箱をあけると、白い煙が出てぎて、太郎は白髪の老人になってしまいました。皆さんよくご存知の「浦島太郎」の話ですね。

長い間語り継がれる浦島太郎

浦島太郎の話はとても古く、から『丹後国風土記(たんごのくにふどき)』や『万葉集』などにも記録され、平安時代以降も説話集や和歌などに多く取りあげられてきました。
そのため、国文学者による文献研究がとてもさかんです。もともとは丹後地方を治めていた、漁民系の氏族伝承ではないかと考えられています。ただ古い記録の中には、仙人や海上の霊山と伝えられる蓬莱山などの記述が見られるため、中国の神仙思想の影響を受けていたとも考えられています。

各地で内容に違いが出やすい昔話の中で、この話は各地の伝承で大きな違いがないと言われます。
1910(明治四十三)年に、当時の文部省の国定教科書に登場してから、四十年にわたって小学校二年生の教育に用いられてきたことが、その理由といわれています。同じ型の話が、教科書によって全国津々浦々に浸透していったのですね。
きっと、皆さんが子供の頃に聞いたり読んだりした浦島太郎も、こんな内容の話でしたよね?

 

浦島太郎はきこりだった?

ただ、日本各地で伝えられた浦島太郎を細かく調べてみると、実は少しずつ違いがあるのです。
例えば東北地方の一部では、主人公の男の職業が「きこり」や「炭焼き」になっています。
また島根や福島では、龍宮城で「四季の間」や「四季の庭」に案内され、その美しさに暫し見惚れて地上に戻ってみると、庭石だけが残っていて、母親の墓が木の葉にうまっています。

途方にくれて箱をあけると、第一の箱からは鶴の羽、第二の箱からは白煙、第三の箱からは鏡が出てきて、
鏡をのぞくとおじいさんが写っていました。そのうち鶴の羽が背中について、飛びあがると、乙姫様がやってきて、いっしょに舞をまいます。これが、伊勢音頭の鶴亀の舞の始まりと伝えます。一般的な浦島太郎とは、だいぶ趣が違いますね。

浦島太郎の話に込められた教訓とは

最後に、浦島太郎のお話で伝えられる教訓について。
このお話には2つの教訓がありますね。

1つめは「良いことをすると自分に返ってくる」ということ
物語の中で、亀を助けた浦島太郎が、龍宮城で乙姫様から盛大なおもてなしを受けました。これは、誰かのためにしてあげたことが、いつか自分にとって良いこととして返ってくると言う意味ですね。良いことをするときっと自分にも返ってくると、私も祖母に教えられました。

2つめは「約束を守らないとその報いを受ける」ということ
乙姫様から、「決して開けてはいけない」と言われた玉手箱を開けてしまったために、浦島太郎は老人になってしまいました。約束を守らないと、ひどい目に合うということを伝えています。

皆さん、ぜひ日本の昔話を読み返してみて下さい。
新しい発見があるかもしれませんよ。

 

The Long Tale of Urashima Taro

One day, a fisherman named Urashima Taro is walking along the beach when he sees a turtle being bullied by children.
He rescues the turtle from the children and lets it go into the sea. After a while, when he goes fishing, the turtle appears and invites Taro to visit the Dragon Palace.
Taro rides on the turtle’s back, blinks his eyes, and finds himself at the bottom of the sea, in the Dragon Palace.

Taro is welcomed by Otohime-sama and has a dreamlike time. After a few days of fun, Taro becomes worried about his homeland and decides to return to his village. When they part, Otohime gives Taro a jade box, telling him never to lift the lid. Taro got on the turtle’s back, closed his eyes, and went back to the beach.

But his home village had changed completely. Three years in the Dragon Palace was three hundred years on earth. When Taro, feeling sad and forgetting his promise to Otohime-sama, opened the jewel box, white smoke came out and Taro turned into an old man with white hair. This is the story of “Urashima Taro” which we all know very well.

Was Urashima Taro a kikori?

The story of Urashima Taro is very old, and is recorded in the Tango no Kunifudoki (Tango Country Fudoki) and the Manyoshu (Collection of Manyoshu).
Since the Heian period (794-1185), it has been mentioned in many stories and waka poems. It is thought to have been originally a tradition of a fisherman’s clan that ruled the Tango region. However, in some of the older records there are references to hermits and Mount Horai, a sacred mountain on the sea, so it is thought to have been influenced by the Chinese idea of the divine.

It is said that there is no great difference in the content of this story among the folktales which tend to differ from place to place.
It is said that the reason for this is that it has been used for forty years in the teaching of second grade primary schools students, since it appeared in a national textbook published by the Ministry of Education in 1910 (Meiji 43). The same type of story has spread all over the country through textbooks.
I am sure that the story of Urashima Taro that you heard or read when you were a child was also like this, wasn’t it?

However, if you look into the stories of Urashima Taro in different parts of Japan, you will find that there are some differences.
For example, in some parts of the Tohoku region, the main character’s occupation is “kikori” or “charcoal burner”.
In Shimane and Fukushima, we are taken to the “Four Seasons Room” and the “Four Seasons Garden” at the Dragon Palace, and after admiring their beauty for a while, we return to earth to find only the garden stones left and our mother’s grave covered in leaves.

At a loss, he opened the boxes and found a crane feather in the first box, white smoke in the second box and a mirror in the third box.
He looked into the mirror and saw his grandfather. When the wings of the crane were attached to his back and he flew up, Otohime-sama came and danced with him. This is said to be the beginning of the Crane and Turtle Dance of Ise Ondo. The story of Urashima Taro is very different from that of the ordinary Urashima Taro.

What is the lesson in the story of Urashima Taro?

Finally, let’s talk about the lessons in the story of Urashima Taro.
There are two lessons in this story.

The first is that if you do something good, it will come back to you.
In the story, Urashima Taro, who rescued a turtle, was given a grand reception by Otohime at the Dragon Palace. This means that what you do for someone else will one day come back to you as something good. I was taught by my grandmother that if you do something good, it will come back to you.

Secondly, “If you don’t keep your promise, you will get what you deserve”.
Urashima Taro became an old man because he opened a jewel box which Otohime had told him never to open. The story tells us that if we don’t keep our promises, we will suffer terrible consequences.

Please try to read Japanese old stories again.
You may find something new.

関連記事

あなたへの感謝を忘れない〜鶴の恩返しに込められた教え〜

2021/08/31 |

むかし、むかし、あるところに、貧しい暮らしをしている老夫婦がいました。ある冬の日、おじいさんが罠にか...

記事を読む

情けは人のためならず 愛猫の恩返し『大工とねこ』

2022/05/17 |

皆さんペットを飼っていますか? 昔はペットといえば犬か猫でしたが、今は色々な動物を飼っている人がい...

記事を読む

あのユニークな顔をした男は神の使いだった「火男」

2022/07/21 |

毎日暑い日が続きますね。 そろそろ学校は夏休みに入りましたでしょうか? 以前コロナ禍は続いて...

記事を読む

命を狙われた侍!カギを握るのは...おはぎ?ー日本の民話ー

2021/11/16 |

立冬を過ぎたにもかかわらず、あたたかい日が続きますね。ここ数日は日中汗ばむくらいの陽気です。朝晩はだ...

記事を読む

  • 企業メディア化真価道場
  • 日本の昔ばなし名作シリーズ1

    日本の昔ばなし名作シリーズ1
    発売日 : 2021/12/19
    オモイカネブックス
    ¥1,250 (電子版)
    ¥2,178 (ペーパーバック)

  • 日本の昔ばなし名作シリーズ2

    日本の昔ばなし名作シリーズ2
    発売日 : 2021/12/19
    オモイカネブックス
    ¥1,250 (電子版)
    ¥2,178 (ペーパーバック)

  • 日本の昔ばなし名作シリーズ3

    日本の昔ばなし名作シリーズ3
    発売日 : 2021/12/19
    オモイカネブックス
    ¥1,250 (電子版)
    ¥2,178 (ペーパーバック)

  • 失敗しない家づくり読本

    失敗しない家づくり読本
    発売日 : 2021/3/27
    一般社団法人コミュニティービルダー協会 (著)
    ¥500 (電子版)

  • THE REAL RICH LIFE

    THE REAL RICH LIFE
    発売日 : 2021/1/29
    Hikaru Deguchi (著)
    ¥1,028 (電子版)
    ¥2,519 (ペーパーバック)

  • 天使との対話

    天使との対話
    発売日 : 2021/1/16
    中西 識叡子 (著)
    ¥800 (電子版)
    ¥1,452 (ペーパーバック)

  • Japanese Style
    発売日 : 2021/1/13
    Hironobu Ishikawa (著)
    ¥834 (電子版)
    ¥2,201 (ペーパーバック)

  • TSUNAGU モンゴル×日本
    発売日 :2020/3/15
    ガンフヤグ テンギスボルド(著)
    ¥500 (電子版)
    ¥990 (ペーパーバック)

  • 子供たちに伝えておきたい“日本のこと”
    発売日 : 2019/12/28
    飛岡健 (著)
    ¥528 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • SDGsに取り組もう 建築業界編
    発売日 : 2019/12/25
    浄法寺 亘 (著)
    ¥550 (電子版)
    ¥1,320 (ペーパーバック)

  • 頼みたくなる住宅営業になれる本
    発売日 : 2019/12/25
    浄法寺 亘 (著)
    ¥800 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • ビジネスに役立つ 日本の偉人の仕事術
    発売日 :2019/9/5
    オモイカネブックス(著)
    ¥864 (電子版)
    ¥1,782 (ペーパーバック)

  • と金志士 上巻
    発売日 : 2019/7/26
    オモイカネブックス(著)
    ¥540 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • 大人のための科学的勉強法
    発売日 : 2019/7/18
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)
    ¥815 (ペーパーバック)

  • とっておきの見込み客発掘法

    とっておきの見込み客発掘法
    出版社 : 2018/9/13
    石川博信 (著)
    ¥840 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,284 (ペーパーバック)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,078 (ペーパーバック)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,386 (ペーパーバック)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,078 (ペーパーバック)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,386 円(ペーパーバック)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)
    ¥1,320(ペーパーバック)

PAGE TOP ↑