想いは発することで色が付く

公開日: : イベント, エシカル, , 電子書籍

AKIという画家を知っていますか?

国内外の多くの評論家から「観る人を試す」「絶妙な色彩センス(AKI色)」など、数多くの称賛を受けている29歳の青年です。スペイン国立「バルセロナ海洋博物館」にて「マザーフォレスト」を発表し金賞を受賞、日本・ギリシャ修好110周年記念展覧会で「歴史」を発表し「特別審査委員賞」を受賞するなど、数々の賞を受賞している注目の画家です。

 

fullsizeoutput_346

 

彼は、4歳で知的障がいの診断を受けました。しかしながら、「一度見た動物のかたちは忘れない」「驚くような色使いをする」「下書きを一切しない」など、幼少期から類稀な絵の才能を発揮して、13歳の時に、父昭さんの支えを受けて、画家として生きていく道を歩みはじめたのです。

 

ボクがAKIさんに出会ったのは、一般社団法人エシカル協会主催のイベントでのこと。その日彼は、イベント参加者の顔を見て、頭に浮かんだ動物を描くというパフォーマンスを披露していました。最初は「面白い人がいるんだな」くらいの感じで見ていました。そしていざ自分が描いてもらう段になり彼と対峙した時に、不思議な感覚に襲われるのです。じっとボクの目を見つめる眼差しが、どこか自分から外れていて、違った点を見つめている気がするんです。顔形を見ているというより、なんかもっと奥深いところを見ている、いや見られているような気がして、ちょっと気恥ずかしいような、怖いような感覚になったのを覚えています。

そして数秒見つめたのち、一気に筆を走らせものの数十秒で描き上げられたのがプレーリードッグでした。「プレーリードッグってどんな動物だっけ?」そんなことを頭の片隅で思いながらも、このAKIという画家への興味が強く強く湧き上がっていきました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

その後程なくして、二度目のイベントで再会することとなり、その時は父親である昭氏とAKIさんのことを色々お話させてもらいました。知的障がいのこと、基本的に動物しか描かないこと、DSでよくゲームをしていること、車の中ではほとんど寝ていること、絵本を出版していたこと、そして彼の「想い」について。彼が何も見ず下書きなしに絵を描けるのは、彼の中に強い「想い」があって、それに突き動かされるようにキャンバスに表現しているからなんです。

 

その日のイベントの最後に彼が言いました。

 
「地球に生きているのは人間だけではないです。人類の歴史より長く生きてきた動物や生き物を大切にして、彼らから学ぶことがエシカルだと思います。」
 
 
まさに真理だと思いませんか?きっと世界中の人が、心のどこかで思っていることなんじゃないかなと思うんです。当たり前のことかもしれないけど、まったくもって人類ができていないことで、むしろ真逆に進んでいる。特に東北の震災後、彼の中ではこの想いが強くなっているそうです。
 

 

ボクは彼の想いを世界にも発信したいと思いました。絵とメッセージという形で、彼の中にある想いを発信したいって。この日ボクもオモイカネプロジェクトのことを発表する機会があり、ボクたちが電子書籍の事業を通じて何をしようとしているのか、みなさんに聴いてもらうことができました。
想いって通じるものなんですね。
後日、父昭氏から「AKIの絵本を電子書籍にして世界に発信できますか?」という連絡をもらいます。商業出版ですでに数冊の絵本や著書を発表しているのですが、世界に向けての発信はしたことがないそうで。「売れるか売れないかよりも、AKIの絵を、メッセージを、もっと多くの人に届けたい。」そんな想いが一致した瞬間でした。
 

 

このご縁から、来年一緒に志事を進めることになりました。もうすでに企画を練り始めています。ものすごくワクワクするし、夢があります。そして何と言っても、AKIさん自身がものすごく喜んでくれている。父昭氏もものすごく喜んでくれている。それが本当に嬉しい。
 
 
IMG_2991
AKIさんの個展「いろ」@銀座にて
 
 
仕事でもなんでもそうだけど、強く想い、想いを発するって大事だと思う。強く想えば想うほど動かなくてはいられなくなり、動けば必ず人と接触して、そこで発することで縁が生まれる。想いっていうのは、自分だけで持っていても誰にも見えないものなんですね。誰かと共有することで初めて形になり、そこに色が付く。そして見えるようになるんだと思うんです。だから発信することが大事。
 
 
AKIさんと共有した想いは、世界に向けて発信した時にどんな形で受け止められ、そこにはどんな色が付いていくのか。来年がものすごく楽しみです!
 
 
 
 

関連記事

作って売るだけでは売れないのが電子書籍

2017/07/03 |

小学生の頃、毎月、毎週発売されるコミック雑誌を楽しみにしていませんでしたか? ジャンプ、サンデー、...

記事を読む

新しい令和の時代 ますます進むデジタル化

2019/04/29 |

デジタル化時代となった平成 間も無く平成という時代が終わり、新しい令和の時代がやってくる。 平成...

記事を読む

時代が求める進化と変化とスピード感

2018/09/29 |

「電子書籍より紙の本を買ってもらえるとうれしい」という漫画編集者の方のツイートが物議を醸した。 ...

記事を読む

絵本の夢を叶えた少女

2016/11/28 |

メイク・ア・ウィッシュという団体をご存知ですか?   「メイク・ア・ウィッシュ」と...

記事を読む

 

  • SNS活用基礎セミナー
  • スマートブックス
  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)

PAGE TOP ↑