電子書籍はシェイプ化が大事

公開日: : , 電子書籍

先週オモイカネブックスから発売された「国境を越えたサムライ先生」(外薗明博/著)

 

こどものできる!!を育てる本ということで、青年海外協力隊で赴任したアフリカの地で、著者である外薗氏が、野球を通じて子ども達に、志を持つことの大切さを教えていきます。最初は挨拶すらできなかった子ども達が、学校のリーダーになり、野球ではアフリカを代表する強豪校になっていきます。

その教育の秘訣は「日本式の躾」と「志」

昨今のニュースを見てると、「躾」という言葉にあまり良い印象を持たれないかもしれないけど、実は「身」を「美しく」するということで、子どもさんの生活習慣の改善には、とても良いものなんです。

その日本式の躾で、アフリカの子どもたちは、一体どんな風に変わっていったのか?志を持つってどういうことなのか?著者の体験を通したドキュメンタリーです。教育関係者、子育て中のお父さん、お母さんに読んでいただきたい一冊です。

【確認用pngデータ】国境を越えたサムライ先生(帯付).ai

ご購入はこちらから → https://omoikanebooks.wixsite.com/samurai

*iOS専用アプリとなります

 

さて、この本が発売に至るまでには、企画から構成、デザイン、執筆、校正などを繰り返し、約2ヵ月かかりました。といっても、きっと一般的な本を作るより、だいぶ早いですよね?

電子書籍だからということもありますが、紙と比較して時間が短縮できるのは、印刷のところくらいかと思います。企画から校了までの過程は対して変わらない。あとは執筆のところですね。スラスラ書けてしまう著者もいれば、なかなか筆が進まない人もいる。今回は著者の方が、とにかくスピーディーに仕上げて下さったので、全体に早く仕上げることができました。

 

今回第一弾ということで、反省すべき点がいっぱいでしたね。

どういうところかというと、やっぱり企画と構成、章立てそしてスケジュール。今回の場合、企画はまずまず出来ていて、構成も二転三転したものの、あまりブレもありませんでした。
ただ、スケジュール感が見えにくかった。

何をいつまでに誰がやるのか?

これが明確じゃなかったのです。最初にこのことをもっともっと詰めておく必要があった。

カバーデザインや、校正、電子化など、都度対応している感じになってしまった。反省です。

 

あとは、著者の方は強い想いを持っていて、それを本を通じて伝えようとしているわけで、どんどん情報を重ねていく。校了をどこまでにするかを明確にしないと、いつまでも原稿がまとまらないんですね。

特に電子書籍の場合は、スマホやタブレットで見るようになります。スマホで見る場合などは、あまり文章量が多いと結構疲れます。だからなるべく著者の方の想いを凝縮して、シェイプして、わかりやすくまとめなくてはいけない。ついつい、自分もストーリーに入り込んでしまって、膨大な文章量になってしまうということもあります。

 

電子書籍に限ったことではないですが、本を作るときの基準として、章が5つ、小見出しが3〜5つくらいだと読みやすいかと思います。そして一章はだいたい5,000文字、はじめになどを入れも全体で30,000文字程度がいいかな。紙だと50,000文字でも100,000文字でもいいかもしれないですが、電子書籍でこの文字量は読んでて結構つらいはず。

ですので、いかにまとめてわかりやすい文章にしていくか、削ぎ落としていくってことが大事になりますね。伝えたい想いを削っていくって、心もとないことかもしれませんが、読む側からすると、これでもかって情報を提供される方が苦痛だったりするんです。

 

これから本を出したいと思っている人がいたら、ぜひ情報のシェイプ化をおすすめします。

そして、どれだけエッセンスを凝縮して届けられるかを考えてみましょう。

関連記事

本づくりでは企画力が大事

2018/03/14 |

ちょうど昨年の今頃、オモイカネブックスからの記念すべき出版第一冊目となる『国境を越えたサムライ先生』...

記事を読む

デジタルが実現する絵本の世界発信

2018/05/12 |

今月2日、戦後日本の創作絵本をリードした加古里子さんが92歳で亡くなられました。 1967年の...

記事を読む

基本はやっぱり相手を思うこと

2017/04/13 |

先日編集の教室というものに参加しました。僕たちは、電子書籍事業を進める中で、編集や校正の仕事をしてい...

記事を読む

オンライン書店のニューウェーブ メルカリブックスとは?

2020/10/08 |

みなさんオンライン書店と聞くとどこを思い浮かべますか?やはりAmazonと答える人が多いですかね。多...

記事を読む

  • 企業メディア化真価道場
  • 住まいのQA
  • スマートブックス
  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)

PAGE TOP ↑