女子たちの隠語から生まれた現代の「おでん」

公開日: : 昔話

寒い季節、コンビニに入るとレジの前に並ぶおでんに心惹かれませんでしたか?
今はコロナ禍もありセルフサービスのおでんを中止しているようですが、「冬=コンビニ=おでん」というのは、しっかりブランディングされているような気がします。

この季節、家庭でもおでんの割合が増えてくるのではないでしょうか?
関東風、関西風など、各地や各家庭でいろいろな味のあるおでん。そのルーツはどこにあるのでしょうか?ちょっとおでんの歴史を見てみたいと思います。

宮中の女房言葉がおでんの語源?

おでんのルーツは室町時代に流行した「豆腐田楽」が始まりと言われています。
拍子木型に切った豆腐に、竹串を打って焼いたのが「田楽」で、語源はこの「田楽」の女房言葉からきています。
女房言葉とは、宮中などに仕える女房が使用した隠語で、田楽に「お」をつけて丁寧にして、楽を省略して「おでん」となったようです。今でも名前を短縮して呼んだりしますが、昔からそういった風潮があったんですね。

「田楽」というのは、元来笛や太鼓のリズムに合わせ舞った田植え時の豊穣祈願の楽舞のことなんですね。拍子木型に切った豆腐に串を打って焼く、その形が田楽舞に似ていることから田楽の名がつきました。田楽法師が踊る田楽は、平安時代から行われていた芸能ですが、宝暦年間の川柳で「田楽はむかしは目で見、今は喰い」というものがあり、「見る田楽」が、「食べる田楽」になったことを表しています。

田楽豆腐に使われる「豆腐」は、古くは奈良時代に中国に渡った遣唐使の僧侶などによって、日本に伝えられたとされていますが、明確な記録はありません。豆腐が記録として登場したのは、1183年(寿永2年)奈良春日大社の神主の日記の中に、お供物として「春近唐符一種」の記載があって、この「唐符(とうふ)」が最初の記録とされています。日本で豆腐が作られるようになったのは、奈良~平安時代といえそうですね。

江戸時代にファストフード化したおでん

時を経て江戸時代になると、上方で、こんにゃくを昆布だしの中で温め、甘味噌をつけて食べるようになりました。上方の煮込み田楽の誕生です。これが汁気たっぷりの今のおでんの原型といわれています。当時は汁に味を付けていなったようです。

1700年代前半頃までは、街道沿いには「飯屋」が多くあって、1700年代中頃になると、もちや田楽、煮しめなどを売る店が増えました。そして、1700年代後半になる頃には、急速に屋台が増えはじめ、飯屋・居酒屋・茶漬け屋などの店が大いにぎわったといいます。

この頃、田楽の種類も豆腐・ナス・里いも・こんにゃく・魚と増えていき、多くの種類が誕生しました。中には猪や鹿の肉などの田楽が誕生したり、魚を焼いて味噌をつけた「魚田」などが生まれました。徐々に今のおでんの形に似てきましたね。

串に刺された田楽は、その手軽さから江戸時代のファストフードとして人気を集めました。中でもこんにゃくの人気は高かったようで、江戸時代の女性が好きなものを示した言葉、「芝居、こんにゃく、いも、タコ、かぼちゃ」の中に挙げられていたほどです。その後、江戸庶民家庭の味として煮込みおでんへと進化し、家庭で食べる料理となり、おでんは現代の定番料理となったのです。

田楽の笑い話

では、いつものように民話を1つ。
今日はおでんではなく、おでんの原型になった田楽が登場する笑い話です。

『馬の田楽』

むかし、あるところで、馬子(まご)が馬に味噌樽(みそだる)をつけて運んでいました。
途中に川があったので馬に水を呑ませ、ついでに馬子は川原でひとやすみしていました。

お天道さんは真上にあるし、川風は気持ちいいし、つい、うとうとと居眠りしてしまいました。
しばらくして目を覚ましたら、馬が見当たりません。
馬が味噌樽をつけたまま居なくなってしまいました。

「こらぁ、おおごとだぁ。早よう探さんと、おおーい、馬やぁーい。どこいったぁーっ」
馬子はあわててあっちへ走り、戻ってこっちへ走り、探しまわりました。

「おおーい、馬やぁーい」と叫びながら駆け回っていると、道端の畑におじいさんが一人、菜っ葉の虫取りをしていました。

そこで馬子は、「爺さま、爺さま、ここへ馬が来なかったろうか?」と尋ねると、
「へぇっ、何ですかいのう?」
と、おじいさんは腰をのばしながら、耳に手を当てて聞きかえしました。
どうやら耳が遠いようです。

「ここへ、馬が通らなかったろうか?」
「へぇ、いいお天気になりましたなぁ」

「お天気じゃなくて、馬、馬だよ馬」
「へぇっ、馬ですか、馬は飼うとりません」

「そうじゃなくて、馬がこの道を通らなかったろうか?」
「はぁ、馬は毎日、通っておりますがのう」

「そうじゃなくて、ちょっと前に、味噌をつけた馬が通らなかったろうか?」
「ほぉ、そうですか。馬に味噌を。はぁ、そうですか」

「そうだ。味噌つけた馬。見かけなかったろうか?」
「はえっ、わしは、もう80になるだが、馬の田楽なんて、はじめて聞いた。うまいんかのう」

というお話です。
日本の民話や昔話には、落語と同様にオチのついたクスッと笑えるお話がたくさんあります。
日本の昔話をお子さんにも読んであげてみてはいかがでしょうか。

関連記事

アレを使って美味しいお汁を作る!?「さかな女房」

2022/01/21 |

毎日寒い日が続きます。 皆さんいかがお過ごしですか。 寒い季節に美味しいものというと何を思い...

記事を読む

人間を生き生きと描く物語「こぶとりじいさん」

2022/07/19 |

「こぶとりじいさん」というお話をご存じですか? ほっぺたにこぶのあるおじいさんが、鬼と踊ってこぶを...

記事を読む

してはいけないと言われるとしたくなるのが人の性

2023/03/17 |

本格的な春が訪れましたね。我が家の梅の花もどんどん蕾が開いています。 春の花と言うと、真っ先に...

記事を読む

浦島太郎の元ネタは神話にあった?

2022/07/06 |

長い間語り継がれる浦島太郎 皆さん浦島太郎のお話はご存じですか? ほとんどの方が知っている昔話だ...

記事を読む

  • 企業メディア化真価道場
  • 日本の昔ばなし名作シリーズ1

    日本の昔ばなし名作シリーズ1
    発売日 : 2021/12/19
    オモイカネブックス
    ¥1,250 (電子版)
    ¥2,178 (ペーパーバック)

  • 日本の昔ばなし名作シリーズ2

    日本の昔ばなし名作シリーズ2
    発売日 : 2021/12/19
    オモイカネブックス
    ¥1,250 (電子版)
    ¥2,178 (ペーパーバック)

  • 日本の昔ばなし名作シリーズ3

    日本の昔ばなし名作シリーズ3
    発売日 : 2021/12/19
    オモイカネブックス
    ¥1,250 (電子版)
    ¥2,178 (ペーパーバック)

  • 失敗しない家づくり読本

    失敗しない家づくり読本
    発売日 : 2021/3/27
    一般社団法人コミュニティービルダー協会 (著)
    ¥500 (電子版)

  • THE REAL RICH LIFE

    THE REAL RICH LIFE
    発売日 : 2021/1/29
    Hikaru Deguchi (著)
    ¥1,028 (電子版)
    ¥2,519 (ペーパーバック)

  • 天使との対話

    天使との対話
    発売日 : 2021/1/16
    中西 識叡子 (著)
    ¥800 (電子版)
    ¥1,452 (ペーパーバック)

  • Japanese Style
    発売日 : 2021/1/13
    Hironobu Ishikawa (著)
    ¥834 (電子版)
    ¥2,201 (ペーパーバック)

  • TSUNAGU モンゴル×日本
    発売日 :2020/3/15
    ガンフヤグ テンギスボルド(著)
    ¥500 (電子版)
    ¥990 (ペーパーバック)

  • 子供たちに伝えておきたい“日本のこと”
    発売日 : 2019/12/28
    飛岡健 (著)
    ¥528 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • SDGsに取り組もう 建築業界編
    発売日 : 2019/12/25
    浄法寺 亘 (著)
    ¥550 (電子版)
    ¥1,320 (ペーパーバック)

  • 頼みたくなる住宅営業になれる本
    発売日 : 2019/12/25
    浄法寺 亘 (著)
    ¥800 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • ビジネスに役立つ 日本の偉人の仕事術
    発売日 :2019/9/5
    オモイカネブックス(著)
    ¥864 (電子版)
    ¥1,782 (ペーパーバック)

  • と金志士 上巻
    発売日 : 2019/7/26
    オモイカネブックス(著)
    ¥540 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • 大人のための科学的勉強法
    発売日 : 2019/7/18
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)
    ¥815 (ペーパーバック)

  • とっておきの見込み客発掘法

    とっておきの見込み客発掘法
    出版社 : 2018/9/13
    石川博信 (著)
    ¥840 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,284 (ペーパーバック)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,078 (ペーパーバック)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,386 (ペーパーバック)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,078 (ペーパーバック)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,386 円(ペーパーバック)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)
    ¥1,320(ペーパーバック)

Translate »
PAGE TOP ↑