みんな、天才を超えようぜ

公開日: : 未分類

輝く日本人、強い日本人を創りたい

20年もの長期に渡って続く私塾がある。

20年を超える歴史で、参加した者の数はのべ1万人以上。異業種ビジネス交流の先駆的な立場で、これまで毎月一回活動してきた。
参加者は実に様々で、多種多様な企業経営者や起業家、NPOやNGO団体を運営する者、400以上の学生団体とそのリーダーたち、塾に参加した学生と創設した団体も65団体にのぼる。さらに、現役衆議院議員&参議院議員から、200名以上の国会議員や地方議員、来賓として駐日大使も講演を行う。これまで130カ国の大使が講演した。

それだけではない、ビジネスだけではなく、絵画や音楽など文化的な側面を大切に考え、茶道、華道、歌舞伎、三味線、オペラ、民謡、箏曲など、たくさんのアーティストがこの塾でパフォーマンスを披露し、その後も活躍を続けている。
世代や業種・人種を超えた交流を図ることで、多くの化学反応を生み出し、互いにサポートし合う関係性を創出していくのが、山元学校という私塾だ。

この塾の塾長が山元雅信氏。現在74歳。
その風貌と思考力、行動と実践力を見る限り、70歳を超えた人物とは到底思えない。山元氏は私塾の企画、運営、演出、集客から同時通訳までを一手にこなす。それはまるで、1つの舞台を創り上げる演出家、バラエティープログラムの名司会者、ドキュメンタリー映画の総監督のようである。

山元氏は、1968日立造船に入社し、新造船輸出営業として、ノルウェー駐在6年・インドを4年担当し、ノルウェー時代にゼロから市場90%のシェアを獲得し、日立造船全体売上の3割を超えるという伝説を作った。さらにその後、国際展示会を主催する会社へ転職。4年半の間に国際展示会をゼロから14本立上げ、うち7本は初回からアジア最大規模となった。

その後もこの人物の活躍は目まぐるしいものがある。ゲーム業界ではサードパーティの売上を、2年間で10倍に成長させる。1990〜1993年の間には、北米市場での売上を1年間で倍増させた。崩壊状態だったアジアマーケットを再構築し、9億円の目標売上を達成するという偉業を見せた。1995〜1998年は、ギフトショーとプレミアム・インセンティブショーを日本最大の展示会に仕立て、年に2回のギフトショーを7回担当し、毎回100社増やしながらビジネス展開の仕組みを作成していった。

そして1998年に独立を果たし、故瀬島龍三氏の「幾山河」出版記念講演会において、瀬島氏ご本人から「自分の会社のことを一生懸命やるのは、経営者として当然だ。しかし少しで良いから日本の若者、日本の社会に時間とエネルギーを割いて欲しい」との言葉を受け、現在の私塾をスタートした。その塾が20年の歴史を刻み、今もなお多くのファンを生み出している。

人生は順風満帆なんかじゃないさ

どこからどう見ても輝かしいビジネスマン人生。誰もが羨むような伝説的業績を持った山元氏。
しかし、実はここに至るまでには壮絶な苦しい時代がある。自身の身体的・精神的コンプレックス、トラウマ的思考、ハンディキャップに苦しみ続け、人生のどん底を味わい、苦しみ続けた過去を持っているのだ。輝かしい実績の裏には、数千という策を自身で考え実験し、それを愚直にやり続けるという常人では真似できないような努力があった。ハンディキャップがあったって、自分で道を決めて実験し続ければ、必ず光が見える。やり続けることが大切だ。「俺の人生は、こんなことが果たして俺なんかにできるか!?という実験の場なんだ。今も実験中だよ」と山元氏は笑う。

その山元氏が、2018年に入り新たな塾を開催した。塾の名は「誰でも天才を超える塾」
自身は天才とはかけ離れていたという山元氏。山元学校では、巧みな雰囲気作りと話術で参加者が持つポテンシャルを引き出し、プレゼン内容にじっくりと耳を傾ける。その好奇心も並外れている。しかし、これまで断片的に話すことはあっても、自身の経験をじっくりと話す機会を持つことはなかった。「武勇伝をひけらかすようなことは嫌なんだよな」それが理由だったらしい。らしいなぁ、と聞いていて思った。

それでも、「さらに輝く日本人、強い日本人に育って欲しい」「もっと世界と渡り合える日本人が増えて欲しい」「俺はもっと誰かの役に立ちたい」という想いがついに山元氏を動かし、自身の経験を余すことなく語り、参加者の想いに耳を傾け、仲間とともに考える。少人数でできる限り個人に寄り添うという形の塾をスタートした。

塾は全10回開催し、昨日ひとまず終わりを迎えた。
20年の歴史がある山元学校と比べると、参加者の人数はとても少ない。でもこれが山元氏が望んでいたことなのだ。僕はこの塾でいつも傍に座らせてもらい、山元氏と参加者の表情を眺めてきた。ときに真剣に、ときに笑い合い、双方ともその目も笑顔もキラキラと輝いていた。

最後の回で山元氏が語ったのは、「足るを知る」ということと「利他の心」
人生においても、ビジネスにおいても、この精神が大事だ。そして日本人の我々は、皆がこの精神を持ち合わせてる。
特に個人的には、山元氏に教わった「利他の心」を大切にしている。
「いいかい岩瀬君。どんな時もまずは相手のことを考えることが大事だよ。それが必ず自分に還ってくるから。」
まだお会いして間もない頃に教えてくれたことを、いま僕は強く強く実感している。

「誰でも天才を超える塾」は、いずれ形を変えて再スタートするだろう。その時は是非この人物の門を叩いて欲しい。きっとこれまで見たことのない世界を見せてくれるに違いない。

関連記事

新刊情報『KARADAチューニング』(外薗明博 著)

2018/03/23 |

処女作『国境を越えたサムライ先生』から一年が経ち、その後活躍の場を山形県高畠町へと移し、地域活力創生...

記事を読む

新刊「KARADAチューニング」体験者の声vol.2

2018/04/12 |

「1日5分で健康改善! KARADAチューニング」(外薗明博 著)でも紹介されている、KARADAチ...

記事を読む

【限定6名】身体に眠るパワーを引き出す「志」の力 志共育体験説明

2017/04/12 |

サムライ先生から、大人気講座のご案内です! 私たち日本人は、世界200カ国の中でたった1カ...

記事を読む

  • スマートブックス
  • 日本列島ダニさがし
    出版社 : オモイカネブックス(2018/5/13)
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    出版社 : オモイカネブックス(2018/3/19)
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,260(ペーパーバック版)

  • 障がい者アートの未来を探して
    出版社 : オモイカネブックス(2018/2/1)
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)

  • 建築神殿論
    出版社 : オモイカネブックス(2017/12/25)
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)

  • 我は日本人なり
    出版社 : オモイカネブックス(2017/6/26)
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)

  • おみず
    出版社 : オモイカネブックス(2017/4/1)
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    出版社 : オモイカネブックス(2017/2/21)
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 島嶼見聞録
    出版社 : オモイカネブックス(2017/2/19)
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)

PAGE TOP ↑