出版社が倒産!電子書籍化により作品を残そう

出版社倒産で起こる知的財産の喪失

先日既刊本の電子化で相談を頂いた。
とある大学の教授で、過去に数十冊の書籍を出版されている。その分野では権威と言われる方だ。ご自身はまったく電子書籍は読まない。というより、読み方すら知らない。スマホの使い方もままならないそうだ。そんな方がなぜ電子書籍に関心を持ったのか?依頼のあった作品は、過去に重版もあり結構売れたそうだ。今でもAmazonで中古本が売れているという。ならばさらに重版すればいいのでは?と思ったが、版元の出版社が倒産したということだ。なるほど、そうなるともう重版どころか、市場からその作品は消えかねないわけだ。

倒産してしまった出版社の出版物は一体どうなるのか?
出版社が倒産した場合、版権を一部引き継いで、別の出版社が販売を続けていくという作品もある。しかし殆どの作品は絶版となって、市場から完全に姿を消すだろう。そういった作品の中には、ベストセラーになって大量に売れなても、一部の読者に求められロングセラーを続けるものもある。そういった作品が絶版になり、読者の目に触れることがなくなってしまうのは、あまりに勿体無い。著者にとっては、自分の一部を切り取った、ある意味分身のような作品が、完全に葬られてしまうは痛恨の極みだろう。そういった作品こそ、電子書籍として蘇らせて、いつでも読者が手に取れるようにしておいた方がよくないだろうか?

電子だけじゃないAmazonのプリントオンデマンド

たとえ電子書籍にしても、紙のものが欲しければプリントオンデマンドという手もある。ハードカバーで作りたければ、小ロットでの製本だって可能だ。しかし、絶版で在庫もないとなったら作品は死んだも同然だ。既刊本の電子化をする際に、版元の出版社に問い合わせると、「どうぞ電子化して下さい」というところと、「うちがやるので関わらないでくれ」というところに二分化する。結局その後電子化されたのをあまり見たことはないが。この際電子にすることでもう一度紙と同じように売れるという考えは捨てた方がいい。古い作品では言えば、電子化により新たな読者にアプローチし、絶版をなくし、作品を永く残していくために電子化するという認識を持って頂いた方がいいだろう。

出版不況は今後も続いていくだろう。貴重な作品が二度と読めなくなってしまうような状況は是非とも避けていきたい。そのためにも、著者はもちろん出版社の皆さんにもぜひ一度電子化を検討して頂きたいと思う。

 

書籍の電子化はこちら
http://www.g-rexjapan.co.jp/omoikaneproject/computerization/

関連記事

出版で企業の歴史を残し伝える

2018/09/30 |

100年続く老舗大国日本 IT市場を席巻し、その動向に人々が注目し、新しいサービスや端末がリリース...

記事を読む

出版社の本の電子化を考える

2017/10/01 |

このところ、出版社をまわって様々な話を聞かせてもらっています。 その中で本の電子化ついても意見を伺...

記事を読む

さらに多様化する読書環境

2018/07/23 |

増加する電子図書館の導入 みなさんは図書館を利用しているだろうか? 図書館は図書、雑誌、視聴覚資...

記事を読む

磐田市が進める電子図書館の未来

2016/10/20 |

磐田市立図書館が、インターネット上で電子書籍を借りられるサービスを開始したという記事をネットで見つけ...

記事を読む

  • 企業メディア化真価道場
  • 住まいのQA
  • スマートブックス
  • 失敗しない家づくり読本

    失敗しない家づくり読本
    発売日 : 2021/3/27
    一般社団法人コミュニティービルダー協会 (著)
    ¥500 (電子版)

  • THE REAL RICH LIFE

    THE REAL RICH LIFE
    発売日 : 2021/1/29
    Hikaru Deguchi (著)
    ¥1,028 (電子版)
    ¥2,519 (ペーパーバック)

  • 天使との対話

    天使との対話
    発売日 : 2021/1/16
    中西 識叡子 (著)
    ¥800 (電子版)
    ¥1,452 (ペーパーバック)

  • Japanese Style
    発売日 : 2021/1/13
    Hironobu Ishikawa (著)
    ¥834 (電子版)
    ¥2,201 (ペーパーバック)

  • TSUNAGU モンゴル×日本
    発売日 :2020/3/15
    ガンフヤグ テンギスボルド(著)
    ¥500 (電子版)
    ¥990 (ペーパーバック)

  • 子供たちに伝えておきたい“日本のこと”
    発売日 : 2019/12/28
    飛岡健 (著)
    ¥528 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • SDGsに取り組もう 建築業界編
    発売日 : 2019/12/25
    浄法寺 亘 (著)
    ¥550 (電子版)
    ¥1,320 (ペーパーバック)

  • 頼みたくなる住宅営業になれる本
    発売日 : 2019/12/25
    浄法寺 亘 (著)
    ¥800 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • ビジネスに役立つ 日本の偉人の仕事術
    発売日 :2019/9/5
    オモイカネブックス(著)
    ¥864 (電子版)
    ¥1,782 (ペーパーバック)

  • と金志士 上巻
    発売日 : 2019/7/26
    オモイカネブックス(著)
    ¥540 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • 大人のための科学的勉強法
    発売日 : 2019/7/18
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)
    ¥815 (ペーパーバック)

  • とっておきの見込み客発掘法

    とっておきの見込み客発掘法
    出版社 : 2018/9/13
    石川博信 (著)
    ¥840 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,284 (ペーパーバック)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,078 (ペーパーバック)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,386 (ペーパーバック)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,078 (ペーパーバック)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,386 円(ペーパーバック)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)
    ¥1,320(ペーパーバック)

PAGE TOP ↑