現代文化のルーツを探る㉑ 袴

公開日: : 現代文化のルーツ

卒業式シーズンとなりました。
我が家の娘も先日中学を卒業して、来月からは高校生です。月日の経つのは本当に早いですね。
3月は各地で卒業式が行われていて、卒業式を終え制服や袴姿に花束を抱えた学生さんたちを各所で見かけます。
とても華やかで春を感じさせる装いだと思いませんか?

ところで、女性の学生さんは卒業式の際になぜ袴を身に着けてるのでしょう?
高校生までは卒業式には制服で参加しますが、大学になると制服はありませんからね、あれが制服代わりなのでしょうか?
ということで、今日は袴のルーツを探ってみたいと思います。

袴の由来は定かではありませんが、日本書紀や古事記の中で、「婆加魔」や「褌」という記述が見られます。通説では腰に巻いていた裳(も)からを、穿(は)くようになったため、「はくも」と呼ばれるようになり、それが転じて「はかま」になったと言われています。

さて、この袴はいつ頃から穿かれていたのでしょう?
袴の歴史はなんと古墳時代にまで遡ります。古代の埴輪に袴を穿いた男性の姿が見られるんですね。古墳時代のは、男子のみが袴を穿いていて、足首まである太いズボンの形をしていました。正倉院にある最古の袴も、モンペのような形をしています。

古代の埴輪にも見られるように、日本では男性は二股に分かれたズボンのようなものを履いていました。これが少しずつ変化し、鎌倉時代頃になり現在も知られる袴の形に落ち着きました。この時代、乗馬用の袴やもんぺのような動き易い野袴、剣道用の剣道袴など様々な種類の袴が考案されました。

では、女性の袴はいつ頃から身に付けられるようになったのでしょう?

女性の袴は飛鳥・奈良時代に貴族の下着として用いられていました。それがやがて外出する衣裳へと変化します。平安時代になると、宮廷の身分の高い女性たちが、緋袴(ひばかま)、紅袴(くれないのはかま)を着用するようになり、これが現代でも巫女さんの装束として用いられているんですね。ちなみに雛人形の三人官女が身につけているのが緋袴です。

武家社会では武士の礼服として袴が着用されていましたが、江戸時代になると身分や性別によってきびしく身なりが定められ、女性は袴を身につけることが禁じられました。そんな中でも宮廷の女官たちは例外とされていました。

一時廃れた女性の袴文化ですが、明治時代になると、宮中の女官服に由来した女袴が、女学生の制服として考案されました。これが学問の場でのきちんとした身なりとして受け入れられるようになり、「女学生の制服」として袴を取り入れる学校が増えていきます。当時は、学生だけでなく、教師も袴を着ていました。この頃は、女性たちの高等女学校への進学率は低かったため、袴姿の女学生は身分の象徴でもあり、憧れだったようですね。

明治後期から大正時代にかけては、女学生たちが当世のファッションリーダーでした。今も昔も、この世代の女性たちがファッションリーダーなんですね。明治後期に革靴のブーツが販売されると、それをファッションにいち早く取り入れて、袴にブーツを合わせたスタイルを大流行させました。髪には大きなリボンを付け、和装に西洋のアイテムを取り入れたファッションを楽しんでいました。袴は振袖と違ってとても動きやすく、着物に比べると歩きやすかったため、大正から昭和にかけては袴を着て自転車に乗る学生もいました。ご存知の方はピンときたかもしれませんが、アニメの「はいからさんが通る」で見られたあのスタイルですね。

従来の着物に帯というスタイルに比べて、袴は優美な見た目と動きやすい機能性を兼ね備えている点も、制服として採用されたポイントだったのでしょうね。女性がおしゃれを楽しむ気持ちは、昔も今も変わりません。現代の卒業式で、袴に身を包んだ女子学生たちは、時代を超えておしゃれにこだわる気持ちが受け継がれているのでしょう。

今春卒業を迎えた皆さん、おめでとうございます!
新しいステージで頑張って下さいね。

 

It’s the season for graduation ceremonies.
Our daughter graduated from junior high school the other day, and will start high school next month. The months go by really fast.
Graduation ceremonies are being held all over the country in March, and I see students in uniforms and hakama with bouquets of flowers everywhere.
Don’t you think this is a very gorgeous and spring-like attire?

By the way, why do female students wear hakama at graduation ceremonies?
I wondered why female students wore hakama for graduation ceremonies. Up to high school students wear uniforms for graduation ceremonies, but in college students don’t have uniforms.
So today, I would like to explore the roots of Hakama.

The origin of hakama is not known, but in the Nihon Shoki (Chronicles of Japan) and Kojiki (Records of Ancient Matters), there are references to “bakama” or “loincloths”. According to a popular theory, hakama came to be called “hakumo” because people began to wear costumes wrapped around their waists, which in turn became “hakama.

So, when did people start wearing hakama?
The history of hakama goes back to the Kofun period. You can see men wearing hakama on ancient Haniwa clay figurines. In the Kofun period, only men wore hakama, which were thick pants that reached the ankles. The oldest hakama in the Shosoin Repository is also shaped like a monpe.

As seen on ancient Haniwa (clay figurines), men in Japan wore a kind of pants that split in two. This gradually changed, and around the Kamakura period (1185-1333), men settled on the Hakama as we know it today. During this period, various types of hakama were invented, such as hakama for riding horses, monpe-like field hakama for easy movement, and kendo hakama for kendo.

But when did women start wearing hakama?

Women’s hakama were first used as undergarments for aristocrats in the Asuka and Nara periods. In the Heian period (794-1185), women began to wear hakama to the court. In the Heian period (794-1185), women of high status in the court began to wear scarlet hakama and red hakama, which are still used as costumes for shrine maidens today. Incidentally, the Hika Hakama is worn by the three official ladies of the Hina Dolls.

In samurai society, hakama were worn as formal wear by samurai, but in the Edo period (1603-1868), women were forbidden to wear them due to strict dress codes based on status and gender. However, women were forbidden to wear hakama during the Edo period (1603-1868).

However, in the Meiji era (1868-1912), the women’s hakama, derived from the court ladies’ uniforms, was invented as a uniform for female students. However, in the Meiji era (1868-1912), the women’s hakama, derived from the court ladies’ uniforms, was invented as a school uniform for female students. In those days, hakama were worn not only by students but also by teachers. At that time, the percentage of women who went on to higher education was low, so female students wearing hakama was a symbol of status and something to aspire to.

From the late Meiji era to the Taisho era, female students were the fashion leaders of the day. Women of this generation are the fashion leaders now and in the past. When leather boots became available in the late Meiji era, they were the first to adopt them into their fashion, and the Hakama and boots style became very popular. They wore large ribbons in their hair and enjoyed the fashion of incorporating Western items into Japanese clothing. Unlike furisode, hakama were very easy to move around in and were easier to walk in than kimonos, so from the Taisho to Showa era, some students even rode bicycles wearing hakama. If you’re familiar with this style, you may recognize it from the anime “Haikara-san ga Toru.

Compared to the traditional style of kimono and obi, hakama has both a graceful appearance and functionality that allows for easy movement, which was probably one of the reasons why it was adopted as a school uniform. The desire for women to enjoy fashion has not changed. The female students who wear hakama at graduation ceremonies today must have inherited the same sense of fashion that has transcended the ages.

Congratulations to all of you who have graduated this spring!
Good luck in your new stage of life!

macos/deepLFree.translatedWithDeepL.text

関連記事

現代文化のルーツを探る⑲ 畳

2021/03/12 |

皆さんこんにちは。オモイカネブックスの岩瀬です。 オモイカネブックスは、日本文化や日本精神、日本の...

記事を読む

現代文化のルーツを探る㉗ コマ

2021/04/13 |

温かな陽気に誘われて、日曜日に息子とお散歩に出かけました。 我が家の近所には人工的に作られた公園が...

記事を読む

現代文化のルーツを探る㉓ 一升餅

2021/03/26 |

子どもが産まれてから最初にお祝いするのが、1歳の誕生日。日本では、子どもの1歳の誕生日に餅を背負わせ...

記事を読む

現代文化のルーツを探る㉕ 豆腐

2021/04/06 |

暖かい日が続いたかと思ったら、ここ2、3日は寒の戻りで肌寒いですね。 僕が住んでいる関東ではそろそ...

記事を読む

  • 企業メディア化真価道場
  • 住まいのQA
  • スマートブックス
  • 失敗しない家づくり読本

    失敗しない家づくり読本
    発売日 : 2021/3/27
    一般社団法人コミュニティービルダー協会 (著)
    ¥500 (電子版)

  • THE REAL RICH LIFE

    THE REAL RICH LIFE
    発売日 : 2021/1/29
    Hikaru Deguchi (著)
    ¥1,028 (電子版)
    ¥2,519 (ペーパーバック)

  • 天使との対話

    天使との対話
    発売日 : 2021/1/16
    中西 識叡子 (著)
    ¥800 (電子版)
    ¥1,452 (ペーパーバック)

  • Japanese Style
    発売日 : 2021/1/13
    Hironobu Ishikawa (著)
    ¥834 (電子版)
    ¥2,201 (ペーパーバック)

  • TSUNAGU モンゴル×日本
    発売日 :2020/3/15
    ガンフヤグ テンギスボルド(著)
    ¥500 (電子版)
    ¥990 (ペーパーバック)

  • 子供たちに伝えておきたい“日本のこと”
    発売日 : 2019/12/28
    飛岡健 (著)
    ¥528 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • SDGsに取り組もう 建築業界編
    発売日 : 2019/12/25
    浄法寺 亘 (著)
    ¥550 (電子版)
    ¥1,320 (ペーパーバック)

  • 頼みたくなる住宅営業になれる本
    発売日 : 2019/12/25
    浄法寺 亘 (著)
    ¥800 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • ビジネスに役立つ 日本の偉人の仕事術
    発売日 :2019/9/5
    オモイカネブックス(著)
    ¥864 (電子版)
    ¥1,782 (ペーパーバック)

  • と金志士 上巻
    発売日 : 2019/7/26
    オモイカネブックス(著)
    ¥540 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • 大人のための科学的勉強法
    発売日 : 2019/7/18
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)
    ¥815 (ペーパーバック)

  • とっておきの見込み客発掘法

    とっておきの見込み客発掘法
    出版社 : 2018/9/13
    石川博信 (著)
    ¥840 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,284 (ペーパーバック)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,078 (ペーパーバック)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,386 (ペーパーバック)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,078 (ペーパーバック)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,386 円(ペーパーバック)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)
    ¥1,320(ペーパーバック)

PAGE TOP ↑