命を狙われた侍!カギを握るのは…おはぎ?ー日本の民話ー

公開日: : 昔話

立冬を過ぎたにもかかわらず、あたたかい日が続きますね。ここ数日は日中汗ばむくらいの陽気です。朝晩はだいぶ冷え込んできましたが、冬というよりようやく今から秋が来る感じです。
「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、暑さは彼岸あたりがピークじゃないかと思うほど。四季の中でも春と秋の存在が徐々に薄くなっている気がします。

春と秋といえば、春分の日、秋分の日がありますね。昼と夜の長さが等しくなる日とも言われ、お彼岸の中日として、この日にお墓参りに行く人も多いでしょう。1947年(昭和22年)に廃止されるまで、毎年2回、春分日には春季皇霊祭(しゅんきこうれいさい)、秋分日には秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)が斎行されていました。

皇霊祭は、歴代の天皇・皇后・皇親の霊を祭る儀式で、宮中祭祀のひとつです。お彼岸に最も近い戊の日は、社日として氏子が氏神たる神社に参詣し、春は五穀豊穣を祈り、秋は実りある収穫に感謝する習わしがありました。一般には春分の日、秋分の日となりましたが、宮中では従来通りの春季皇霊祭・秋季皇霊祭が行われているんですね。

「おはぎ」と「ぼたもち」を何と呼びますか?

さて、お彼岸の先祖供養のお供え物といえば、「おはぎ」と「ぼたもち」が定番ですね。
おはぎとぼたもちは似たような食べ物であり、今では分けて呼ばれることも少なくなっています。もともとおはぎとぼたもちでは作る季節に違いがあり、別の呼び名もありました。おはぎとぼたもちは、形状やあんこの種類で呼び方を分けることもできますが、地域による呼び方の違いもあります。

ぼたもちとおはぎは、それぞれ作る季節に違いがあり、その季節の花の名前に由来していると言われれています。春に作るぼたもちは、小豆を牡丹の花に見立てたことから、「ぼたんもち」と呼ばれていたのが「ぼたもち」に変わったと言われています。一方のおはぎは、秋の七草のひとつである萩の花と小豆の形状が似ているため、「おはぎもち」と呼ばれていたのが「おはぎ」に変わったとされています。

地域によっても呼び方はいろいろで、今でも徳島県や群馬県の一部地域では、ぼたもちやおはぎのことを「半殺し」や「本殺し」と呼ぶそうです。「半殺し」とは、ごはんを潰す際に粒が残る状態にしたもの。粒が残らない滑らかな状態にしたものが「本殺し」で、「皆殺し」「全殺し」とも呼ばれます。これ、知らないで聞いたら、びっくりしますよね(汗)。

そんな呼び方の違いを笑い話にした、日本の民話があります。
「半殺しとお手打ちと本殺し」というお話。タイトルだけ聞くと物騒な感じですが、とても面白いので、あらすじを見てみましょう。

『半殺しとお手打ちと本殺し』のあらすじ

むかし、ひとりの侍が旅をしていました。
山の中で日が暮れてしまい、真っ暗な山の中をあちこち歩き回って、ようやく一軒の家を見つけました。

家の戸を叩くと、中から「戸は開きますで。」というおじいさんの声がしました。
侍は、戸を開けて家の中に入り「今夜一晩だけ泊めていただけませんか?」と頼みました。
すると、囲炉裏端で縄をなっていたおじいさんとおばあさんは、
「ええとも、ええとも、なあ、ばあさんや。」「ええ、困ったときはお互いさまです。」
 と言って、快く招き入れてくれました。
侍はあったかいお粥をご馳走になり、隣の部屋で休ませてもらいました。
旅の疲れからか、侍はすぐに眠りにつきました。

真夜中ごろ、侍はお爺さんとお婆さんのひそひそ話にふと眼をさましました。
耳を澄ますと、「明日は半殺しがいいか、それともお手打ちがいいかね?」というおじいさんの声。
そして、「江戸のお侍さんだから、半殺しがいいかも知えませんね。」と答えるおばあさんの声。

それを聞いた侍はびっくり!
「これは、山賊の家かもしれん。とんだところへ泊ってしまった、、、。」
こうなったらもう寝ているどころではありません。侍は刀を抱いたまま、布団の中でじっと様子をうかがうことにしました。油断することなく四方八方に気を配って、すっかり気疲れした頃、朝になりました。

「はて?襲って来るのは夜のうちかと思ったが、、、。さては、油断させておいて、不意をつく気だな。そうはさせん!」侍はいつでも刀を抜けるように身構えて、その時を待っていました。
すると、隣りの囲炉裏端のあたりで、コトコト音がして、
「ばあさんや、半殺しはまだか?」「もう少しだよ、おじいさん」という会話が聞こえて来ました。

侍は「いよいよ来るか!よし、こっちから踏み込んでやる。」と、刀を掴むやいないや、パッと隣の部屋へ飛び込みました。
するとおばあさんが、「おや、お侍さん、もう起きたのかね?」と、のんびりと声をかけてきました。

侍が拍子抜けして、ふとおばあさんの手元を見ると、しきりにすり鉢で何かをこねています。
「はて、何だかおかしな具合だな、、、。」そう思いながら侍がぽかんとしていると、おばあさんは、「何もないけど、半殺しでもご馳走しようかと思ってな。」といって、出来立てのぼた餅をひとつ、手に乗せて見せました。

「なんと、半殺しというのは、このぼた餅のことか!?」
侍が「お婆さん、では、お手打ちというのは何のことかね?」と尋ねました。するとおばあさんは、「はぁ、お手打ちかい。それは、家で作ったそばきりのことだよ。本殺しといえば餅のことだよ。」とにこにこしながら答えました。
侍は、これを聞くと一気に気が抜けて、その場にドスンと腰をおろしてしまいました。

昔話が教えてくれる文化・風習の違い

というお話です。すり鉢ででこねていたからいいものの、万が一おばあさんが包丁でも研いでいたら、どうなっていたことか、、、(笑)。緊迫した状況が、一気にほのぼのとしたものに変わるのが、このお話の面白いところですね。

日本は南北に長く、全国各地で様々な風習や文化が根付いています。食べ物の名前やお祭りひとつをとってもみても、まったく違った呼び名、地方独特の祝い方があります。そして、それにまつわる民話や昔話がたくさん存在するんですね。皆さんの住んでいる地域、故郷にはどんな民話や昔話がありますか?自分のルーツを知る上でも、民話や昔話はとても興味深いものですね。

関連記事

舌切り雀のおじいさんとおばあさんが乗り越えた試練とは?

2021/09/23 |

舌切り雀のお話しをご存知ですか?舌切り雀には、あまり一般に出てこないシーンがあります。おじいさんもお...

記事を読む

子どもの発想力を育てるとんち話「一休さん」

2021/11/05 |

目次 日本全国各地に存在したとんち者 一休さんの代表作品「屏風の虎」 ...

記事を読む

欲張らずに生きることが大切!おむすびころりんの教え

2021/10/15 |

おむすび ころりん こんころりん ころりん ころりん すっとんとん♪ 皆さん一度は聞いたこと...

記事を読む

知っていますか?朝お茶を飲むのには重要な理由があったんです

2021/11/27 |

みなさんは朝起きて何を飲みますか?水?コーヒー?紅茶?私はまず緑茶を飲みます。 子どもの頃から...

記事を読む

  • 企業メディア化真価道場
  • 住まいのQA
  • スマートブックス
  • 失敗しない家づくり読本

    失敗しない家づくり読本
    発売日 : 2021/3/27
    一般社団法人コミュニティービルダー協会 (著)
    ¥500 (電子版)

  • THE REAL RICH LIFE

    THE REAL RICH LIFE
    発売日 : 2021/1/29
    Hikaru Deguchi (著)
    ¥1,028 (電子版)
    ¥2,519 (ペーパーバック)

  • 天使との対話

    天使との対話
    発売日 : 2021/1/16
    中西 識叡子 (著)
    ¥800 (電子版)
    ¥1,452 (ペーパーバック)

  • Japanese Style
    発売日 : 2021/1/13
    Hironobu Ishikawa (著)
    ¥834 (電子版)
    ¥2,201 (ペーパーバック)

  • TSUNAGU モンゴル×日本
    発売日 :2020/3/15
    ガンフヤグ テンギスボルド(著)
    ¥500 (電子版)
    ¥990 (ペーパーバック)

  • 子供たちに伝えておきたい“日本のこと”
    発売日 : 2019/12/28
    飛岡健 (著)
    ¥528 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • SDGsに取り組もう 建築業界編
    発売日 : 2019/12/25
    浄法寺 亘 (著)
    ¥550 (電子版)
    ¥1,320 (ペーパーバック)

  • 頼みたくなる住宅営業になれる本
    発売日 : 2019/12/25
    浄法寺 亘 (著)
    ¥800 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • ビジネスに役立つ 日本の偉人の仕事術
    発売日 :2019/9/5
    オモイカネブックス(著)
    ¥864 (電子版)
    ¥1,782 (ペーパーバック)

  • と金志士 上巻
    発売日 : 2019/7/26
    オモイカネブックス(著)
    ¥540 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • 大人のための科学的勉強法
    発売日 : 2019/7/18
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)
    ¥815 (ペーパーバック)

  • とっておきの見込み客発掘法

    とっておきの見込み客発掘法
    出版社 : 2018/9/13
    石川博信 (著)
    ¥840 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,284 (ペーパーバック)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,078 (ペーパーバック)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,386 (ペーパーバック)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,078 (ペーパーバック)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,386 円(ペーパーバック)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)
    ¥1,320(ペーパーバック)

PAGE TOP ↑