罪を憎んで人を憎まず『鬼のつめ』

公開日: : 昔話

今日は立春ですね。
古来日本では、自然の景色の変化から季節の移り変りを把握する「自然暦」を使用していました。飛鳥時代に中国から二十四節気が伝えられると、冬至が年の分割の起点と考えるようになり、立春を一年の初めとして暦が作成されるようになりました。明治時代に改暦が行われるまでは、立春は正月とほぼ同じ頃に重なっていたため、現代でも正月に「早春」や「新春」といいます。

立春は1年の始まり

皆さん昨日は節分でしたが、豆まきをしましたか?
そもそも節分は四季を分ける節目のことで、立春、立夏、立秋、立冬の前日のことをいいます。
そして暦の上での節分は農作業の目安となる「雑節」の一つです。現代では2月3日だけが節分になっていますが、これは4つの季節の中で「立春」が最も重視されていたためなんです。春の訪れである立春は1年の始まりでもあり、特に待ち望まれていたんですね。

立春を1年のはじまりである新年と考えると、節分は大晦日です。
平安時代の宮中では、この大晦日に陰陽師らによって旧年の厄や災難を祓い清める「追儺(ついな)」の行事が行われていました。方相氏(ほうそうし)と呼ばれる鬼役が手下役の役人を引き連れて宮中をまわって、厄を払うというもの。方相氏とは鬼神(きじん)のことで、金色に光る目を四つもち、朱色の衣装を着て盾と矛を持つという、なんとも恐ろしい風貌をしていました。

当初は悪鬼(あっき)を祓う善神(ぜんじん)でしたが、9世紀ごろになると、その風貌もあってか逆に悪鬼と見なされるようになり、弓矢で追われるようになってしまいました。鬼は疫病の象徴で、疫病を弓矢で追い払うことで、病気の流行を封じ込めようとしたんですね。

立春の早朝、禅寺では厄除けのために門に「立春大吉」と書いた紙を貼る習慣があります。この文字は、縦書きすると左右対称になり一年間災難にあわないというおまじないです。

立春の今日から2/8まで、七十二候では「東風解凍 (はるかぜこおりをとく)」となります。
東風は、「こち」とも読み、春先に吹く東寄りの柔らかな風のことをいいます。春本番ののんびりと穏やかな風とは違い、まだ冷たさの残る早春の風のこと。暖かい春風が川や湖の氷を解かし始める頃ということですが、実際はまだまだ寒いですね、、、。

鬼が出てくる日本の昔話

さて、今日のお話ですが、節分の鬼のお話は先日紹介したので、今日は他の鬼が出てくるお話を紹介します。

『鬼のつめ』

むかし、むかし、嫌われ者の悪徳ばあさんがいました。
この婆さんは、村人から穀物を買い取るときは大きな「買いマス」で量り、物を売るときは小さな「売りマス」で量って売っていました。

そんな婆さんが、ある日死んでしまいました。
それで、お寺の和尚さんが婆さんの葬式を担当することになりましたが、葬式の前夜、和尚さんの寺に赤鬼と青鬼がやってきました。

「婆さんは地獄に行くことが決まったから、余計な手出しはするな」
と鬼たちが言いました。

しかし和尚さんは、
「わしは婆さんを供養するのが仕事だ」と言って拒否しました。

葬式の当日、村人たちが婆さんのお棺を運んで歩いていると、突然強い風が吹いて和尚さんの経文が飛ばされてしまいました。

すると空には黒い雲が広がって、そこから鬼の手がニュっと出て来て、婆さんの棺桶を持っていこうとします。
和尚さんは必死で棺桶にしがみつき、婆さんを取り戻そうとしました。

村人たちは「和尚さん、あんな強欲婆さんなんかかまわないだろ」と言いましたが、
和尚さんは「死人に罪はない」と説き伏せて、村人に経文を大きな声で読むように頼みました。

村人たちが和尚さんの言う通りお経を読むと、鬼はそれに参って棺桶を置いて逃げて行きました。
そして、その棺桶には鬼の爪がささったままでした。

どうにか無事だった棺桶の中には、安らかな死に顔の婆さんがおりました。
その顔を見て、村人たちは「どんな人間も死ねばみな同じ」だと痛感したそうです。

罪を憎んで人を憎まずということですね。
そんな大きな心を持ちたいものです。

 

アマゾンランキング学習カテゴリ1位!!
障がい者アート×日本の昔話
日本語と英語で描かれたバイリンガル絵本

『日本の昔ばなし名作シリーズ1』
https://www.amazon.co.jp/dp/B09NCL7D6V/

『日本の昔ばなし名作シリーズ2』
https://www.amazon.co.jp/dp/B09NCKXWLL

『日本の昔ばなし名作シリーズ3』
https://www.amazon.co.jp/dp/B09NCJVJMV/

関連記事

感謝の気持ちを忘れない『炭焼き長者』

2022/04/29 |

日本の昔話には、思いがけない財宝の発見を主題にした致富譚(ちふたん)という型のものがあります。長者譚...

記事を読む

成り上がっても親への恩を忘れない『力太郎』

2022/05/10 |

日本の昔話の形式の1つである「異常誕生譚」。 異常な姿で生まれた子どもや、異常な生まれ方をした子ど...

記事を読む

続けることの大切さ 〜斧から針を作ったお坊さんのお話〜

2021/12/07 |

今日12月7日は二十四節気の中の大雪です。 大雪の意味は、「雪がたくさん降って積る時期」になります...

記事を読む

子を想う母の深い愛を知る『子育て幽霊』

2022/05/05 |

皆さんは怪談話は好きですか? 私が子どもの頃、日本の怪談という本の中に「子育て幽霊」という話が...

記事を読む

  • 企業メディア化真価道場
  • 日本の昔ばなし名作シリーズ1

    日本の昔ばなし名作シリーズ1
    発売日 : 2021/12/19
    オモイカネブックス
    ¥1,250 (電子版)
    ¥2,178 (ペーパーバック)

  • 日本の昔ばなし名作シリーズ2

    日本の昔ばなし名作シリーズ2
    発売日 : 2021/12/19
    オモイカネブックス
    ¥1,250 (電子版)
    ¥2,178 (ペーパーバック)

  • 日本の昔ばなし名作シリーズ3

    日本の昔ばなし名作シリーズ3
    発売日 : 2021/12/19
    オモイカネブックス
    ¥1,250 (電子版)
    ¥2,178 (ペーパーバック)

  • 失敗しない家づくり読本

    失敗しない家づくり読本
    発売日 : 2021/3/27
    一般社団法人コミュニティービルダー協会 (著)
    ¥500 (電子版)

  • THE REAL RICH LIFE

    THE REAL RICH LIFE
    発売日 : 2021/1/29
    Hikaru Deguchi (著)
    ¥1,028 (電子版)
    ¥2,519 (ペーパーバック)

  • 天使との対話

    天使との対話
    発売日 : 2021/1/16
    中西 識叡子 (著)
    ¥800 (電子版)
    ¥1,452 (ペーパーバック)

  • Japanese Style
    発売日 : 2021/1/13
    Hironobu Ishikawa (著)
    ¥834 (電子版)
    ¥2,201 (ペーパーバック)

  • TSUNAGU モンゴル×日本
    発売日 :2020/3/15
    ガンフヤグ テンギスボルド(著)
    ¥500 (電子版)
    ¥990 (ペーパーバック)

  • 子供たちに伝えておきたい“日本のこと”
    発売日 : 2019/12/28
    飛岡健 (著)
    ¥528 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • SDGsに取り組もう 建築業界編
    発売日 : 2019/12/25
    浄法寺 亘 (著)
    ¥550 (電子版)
    ¥1,320 (ペーパーバック)

  • 頼みたくなる住宅営業になれる本
    発売日 : 2019/12/25
    浄法寺 亘 (著)
    ¥800 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • ビジネスに役立つ 日本の偉人の仕事術
    発売日 :2019/9/5
    オモイカネブックス(著)
    ¥864 (電子版)
    ¥1,782 (ペーパーバック)

  • と金志士 上巻
    発売日 : 2019/7/26
    オモイカネブックス(著)
    ¥540 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • 大人のための科学的勉強法
    発売日 : 2019/7/18
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)
    ¥815 (ペーパーバック)

  • とっておきの見込み客発掘法

    とっておきの見込み客発掘法
    出版社 : 2018/9/13
    石川博信 (著)
    ¥840 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,284 (ペーパーバック)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,078 (ペーパーバック)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,386 (ペーパーバック)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,078 (ペーパーバック)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,386 円(ペーパーバック)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)
    ¥1,320(ペーパーバック)

PAGE TOP ↑