絵本の魅力と重要性:子供の成長を豊かにする読み聞かせの力

公開日: : 最終更新日:2023/11/25 未分類

目次

• はじめに
• 絵本の魅力と重要性
• 絵本の読み聞かせのメリット
• 絵本の選び方
• 読み聞かせのコツ
• 絵本の読み聞かせ効果を高める方法
• 絵本の読み聞かせの注意点
• 絵本の読み聞かせに関するおすすめの本
• 絵本の読み聞かせを楽しもう
•まとめ

はじめに

子供の成長を豊かにする読み聞かせの力

子供の感情豊かさを育む
絵本の世界に入り込むことで、子供たちは感情豊かになります。保育士さんは読み聞かせに工夫を凝らすべきです。例えば、登場人物になりきって読み聞かせをすると、子供たちは絵本の世界により一層入り込みやすくなります。声色を変えることで登場人物を区別するのも良いですね。子供が絵本の世界に入り込むことで、登場人物の気持ちや行動の変化を理解し、人の気持ちに寄り添うことができます。そうすることで、子供は素敵な人間に育つかもしれません。将来の人間関係の構築にも役立つでしょう。

想像力を育む
絵本の読み聞かせによって、子供の想像力が育ちます。親も一緒に絵本を楽しむことが大切です。子供は大人の感情を敏感に感じ取るので、義務感だけで読むと子供は絵本を楽しめません。無理に教育的な側面にフォーカスすると、子供はすぐに飽きてしまいます。まずは大人が絵本を楽しむことが大切です。絵本の中には素敵な世界が広がっており、大人が読んでも笑ったり考えさせられたりする話がたくさんあります。大人が絵本を楽しんで読むと、子供も夢中になってくれるので、肩の力を抜いて気楽に読みましょうね。

親子のコミュニケーションを促進する
読み聞かせは、親子のコミュニケーションを促進する素晴らしい機会です。親も子供と一緒に絵本を読むことで、特別な時間を過ごすことができます。絵本の世界にどっぷりと浸かることで、親子の距離が近くなり、お互いを理解するきっかけになります。子供が絵本に興味を持ったり、感じたことを話す機会もできますし、親も子供に楽しい絵本を選んであげることができます。絵本を通じたコミュニケーションは、親子の絆をさらに深めることができるでしょう。

絵本の魅力と重要性

絵本の読み聞かせには子供の感情豊かさを育む、想像力を育む、親子のコミュニケーションを促進するなど、さまざまなメリットがあります。まずは子供の感情豊かさを育む点について考えてみましょう。

絵本を読み聞かせることで、子供は絵本の世界に入り込みます。保育士さんならば、読む工夫をすることが重要です。例えば、登場人物になりきって読み聞かせをすることで、子供たちは絵本の世界により一層入り込むことができます。また、登場人物の数が多い絵本では、声色を変えて読むと区別しやすくなります。絵本の世界に入り込むことで、登場人物の気持ちや行動の変化を理解し、人の気持ちに寄り添うことができるようになります。人の気持ちに寄り添うことができる子供は、素敵な子供に成長する可能性もあります。また、人間関係の構築にも役立ちます。

絵本の読み聞かせは、子供の想像力を育むためにも非常に重要です。親子で絵本を楽しむことで、子供は大人の感情を敏感に感じ取ることができるようになります。だからといって、絵本を義務感だけで読んでしまうと、子供は絵本を楽しむことができません。むしろ、大人が絵本を楽しむことが大切です。絵本の中には素敵な世界が広がっています。大人が読んで考えさせられたり、笑ったり、感動して泣いてしまうような話がたくさんあります。子供も大人が楽しんで絵本を読んでいる方が夢中になってくれるので、肩の力を抜いて気楽に読みましょうね。

そして、絵本の読み聞かせは親子のコミュニケーションを促進する効果もあります。読み聞かせをするときは、親も一緒に絵本を楽しみましょう。絵本の中の物語やキャラクターの心情の変化に合わせ、声に抑揚をつけて読むと、子供たちも集中して聞いてくれます。もちろん、子供がうるさくなったり集中できないこともあるかもしれません。しかし、それは読み聞かせが楽しくないからかもしれません。だからこそ、保育士が楽しませるように工夫することが重要です。ただし、アドリブを入れすぎるのは避けましょう。絵本を読む工夫は必要ですが、アドリブしすぎると絵本の内容が頭に入ってこなくなってしまいます。読み聞かせの時間は遊びの時間ではなく、絵本を楽しむ時間だということを忘れずに心掛けましょう。

絵本の選び方も大切です。同じ本を繰り返し読んでも問題ありません。イギリスの大学で行われた研究によれば、同じ絵本を繰り返し読むことで子供の絵本への吸収力が高まり、興味も増すという結果が出ています。ですが、絵本を選ぶ際に悩むこともあるかと思います。心配はいりません。子供が興味を持ったものを選ぶことが一番です。また、絵本の選び方でおすすめの本も紹介していますので、ぜひ手に取ってみることをおすすめします。

絵本の読み聞かせは子供の成長に大きな影響を与える力を持っています。感情豊かさ、想像力、コミュニケーション能力を育むなど、さまざまな効果が期待できます。なので、絵本の読み聞かせを楽しんで子供と向き合ってみましょう。

絵本の読み聞かせのメリット

絵本の読み聞かせのメリットはたくさんあります!

まず、子供の感情が豊かになるということです。読み聞かせによって子供たちは絵本の世界に入り込むことができます。保育士さんは読む工夫をすることが重要です。登場人物になりきって読み聞かせをすると、子供たちがさらに絵本の世界に没頭してくれるかもしれません。絵本の登場人物の声色を変えると、子供たちは区別しやすくなりますよ。絵本の世界に入り込むことで、登場人物の気持ちの変化や行動を理解し、人の気持ちに寄り添うことができます。寄り添える子供は素敵な子供に育つ可能性もありますし、将来の人間関係の構築にも役立つでしょう。

次に、絵本の読み聞かせは子供の想像力を育んでくれます。親も一緒に絵本を楽しむことが大切です。子供は大人の感情を敏感に感じ取りますので、義務感だけで読んでしまうと子供は絵本を楽しめません。ですが、「うまく読もう」「子供の教育に役立てよう」と考えすぎてしまうと、子供はすぐに飽きてしまいます。まずは大人が絵本を楽しむことが重要です。絵本の中にはすてきな世界が広がっています。大人が読んでも考えさせられたり、くすっと笑えたり、感動して泣いてしまうような話がたくさんあります。子供は大人が楽しんで絵本を読んでいると夢中になってくれるので、肩の力を抜いて気楽に読みましょうね。

絵本の読み聞かせに集中することも大切です。子供が集中してくれない、静かにしてくれないと感じることもあるかもしれませんが、理由は読み聞かせが楽しくないからかもしれません。だからこそ、保育士さんは楽しませる工夫をする必要があります。ただし、アドリブを入れすぎてしまうのは避けましょう。アドリブは後述するので、それを参考にしてください。子供のペースに合わせて読み聞かせを進めていきましょう。

絵本の読み聞かせ効果を高めるためには、声色や強弱を工夫することが大切です。

面白い絵本を読むときは強弱をつけたり、間を開けたり、絵本を揺らしてみたりすると効果的です。子供が笑うシーンがあれば、あえて繰り返してみるのもおすすめです。少しの工夫で子供は絵本の世界に引き込まれていきますよ。ただし、やりすぎると絵本の内容が頭に入ってこないので、過剰に演出するのは避けましょう。遊びの時間ではなく、読み聞かせの時間だということを忘れないようにしましょうね。

また、寝かしつけのために絵本を読み聞かせる場合は、静かにゆっくりと読むことがおすすめです。子供にとっては読み聞かせが眠る合図と認識されるので、スムーズに眠りにつくことができます。寝る前の絵本は、寝かしつけのストレスを解消させる効果も期待できます。

絵本の読み聞かせはとても素晴らしいですが、注意点もあります。子供に絵本を強制しないこと、子供の感想を否定しないこと、適度な演出で読み聞かせを楽しむことが重要です。子供が自分で選んだ本を読ませたり、感想を尋ねただけでなく、子供の答えを押し付けることは避けましょう。

以上が絵本の読み聞かせの特典とコツです!絵本の読み聞かせが子供の成長に与える良い影響を感じられることでしょう。ぜひ絵本の魅力を伝えて、子供たちと一緒に楽しい読み聞かせの時間を過ごしましょう!

絵本の選び方

家族の成長を豊かにするためには、絵本の選び方が重要です。同じ本を繰り返し読んだり、子供の興味に合わせて選ぶことが肝心です。まずは、同じ本を繰り返し読んでも大丈夫ということを覚えておきましょう。イギリスの大学で行われた研究によると、同じ絵本を繰り返し読むことで子供の吸収力が良くなるという結果が出ています。つまり、子供の絵本への反応や興味も大きくなるのです。だからと言って、毎日同じ本を読み続ける必要はありません。子供の興味や発達に合わせて、新しい絵本を取り入れることも大切です。

「おおきなかぶ 作 福音館書店」は、同じ本を繰り返し読んでも飽きない絵本です。かぶが大きくなっていく様子を親子で楽しむことができます。また、「はらぺこあおむし 作 エリック・カール、訳 てむらまさき」もおすすめです。色鮮やかなイラストが特徴で、子供の視覚を刺激します。また、あおむしの食べ物の数を数える楽しさや、蝶になったあおむしの変身ぶりに子供も驚きますよ。

子供の興味に合わせて絵本を選ぶことも大切です。子供が興味を持てるテーマやキャラクターを含んだ絵本を選ぶことで、読み聞かせの時間をより楽しいものにすることができます。例えば、子供が動物が好きなら「どうぶつたちのいえ 作 デボラ・ブライン氏、訳 石井光代」がおすすめです。様々な動物たちが自分たちの家を紹介するというストーリーで、子供たちは楽しみながら動物の生活環境を学ぶことができます。

絵本を選ぶ際に重要なのは、子供の興味や関心を引きつけることです。子供の成長に合わせて適切な本を選び、読み聞かせの時間を大切にしましょう。絵本は子供の感性を育む大切なツールなので、楽しみながら取り組んでみてください!

読み聞かせのコツ

絵本を子供に読み聞かせるときのコツを紹介します。読み聞かせをするときは、大人も楽しんで読むことが大切ですよ。絵本の中の物語やキャラクターの心情の変化に合わせて、声に抑揚をつけて読んでみましょう。ただし、アドリブに関してはやりすぎてしまわないよう注意しましょう。アドリブは絵本の内容を混乱させることがあるので、程々にしましょうね。

子供のペースに合わせて読み聞かせを進めることも大切です。子供が静かにしてくれなかったり、集中してくれなかったりすることもあるかもしれませんが、それは読み聞かせが楽しくないからかもしれません。だからこそ、保育士も楽しませるように心掛けましょう。

絵本を読む際に工夫をすることもおすすめです。例えば、声のトーンを変えるだけでなく、絵本を揺らしたり、繰り返し笑いのシーンを読むことも効果的です。子供たちはそんな工夫に引き込まれていきますよ。ただし、やりすぎると絵本の内容が頭に入ってこない可能性もあるので、演出は適度にしましょう。読み聞かせは遊びの時間ではなく、子供と一緒に楽しむ時間ですからね。

また、寝かしつけのための読み聞かせをする場合は、静かにゆっくりと読むことがおすすめです。子供に眠りの合図と認識させるために、寝かしつけ専用の絵本を用意しておくと効果的です。読み聞かせが子供のストレスを解消させる効果も期待できますよ。

絵本の読み聞かせは、大人も子供も楽しむことが大切です。子供のペースに合わせ、工夫をしながら絵本の世界に入り込んでいきましょう。保育士の皆さん、是非楽しんで絵本の読み聞かせをしてみてくださいね!

絵本の読み聞かせ効果を高める方法

子どもの想像力を刺激するために、絵本の読み聞かせにはいくつかの方法があります。声色や強弱を工夫することで、物語の世界に子どもを引き込むことができます。普通に読むだけではなく、キャラクターのセリフを変えたり、効果音を追加したりすることもおすすめです。例えば、「びょーん」という効果音を絵本を揺らすと同時に出すことで、子どもはよりリアルに物語に参加することができます。

また、子どもの笑いを意識して読み聞かせをすることも大切です。絵本にはユーモアが詰まっていることが多く、子どもが笑う場面があるかもしれません。その場合は、そのシーンを強調して繰り返し読むことで、子どもたちは笑いを楽しむことができます。ただし、笑いを引き出すために必要以上に演出しすぎるのは避けましょう。絵本の内容が頭に入ってこなくなる可能性もありますので、適度な演出がポイントです。

寝かしつけのための読み方も絵本の読み聞かせには重要です。静かにゆっくりと読むことで、子どもたちはリラックスして眠りにつくことができます。特に寝かしつけ専用の絵本を用意しておくと、子どもたちは読み聞かせが眠る合図だと認識し、自然に眠りにつくことができるでしょう。寝る前の絵本は、寝かしつけのストレスを解消させる効果も期待できますよ。

以上のポイントを押さえながら、絵本の読み聞かせをすると子どもたちは物語の世界に没頭し、想像力や感情が豊かに育まれるでしょう。絵本の読み聞かせは、子どもの成長にとって欠かせない要素なので、ぜひ楽しんで取り入れてみてください!

絵本の読み聞かせの注意点

子供に絵本を強制しないことが大切です。子供の興味や好みに合わせて絵本を選ぶことはもちろんですが、子供が読みたいと思う絵本を無理に読ませる必要はありません。絵本は楽しむものですから、子供が自分自身で楽しめる本を選ぶべきです。

また、子供の感想を否定しないことも大切です。子供が絵本に対して感じた思いや意見を大切にしましょう。もちろん、正しい判断をするためには時には子供に指導することも必要ですが、それでも子供の感想や意見は尊重して聞くべきです。子供の興味や考え方は成長とともに変化するため、柔軟な対応が求められます。

さらに、読み聞かせを楽しむには適度な演出が必要です。絵本の読み聞かせは子供と大人が楽しむ時間ですから、単調に読み上げるだけでは子供の興味を引くことはできません。声色や強弱を工夫したり、絵本を揺らしたりするなど、少しの工夫で子供は絵本の世界に引き込まれます。ただし、やりすぎると絵本の内容が頭に入ってこないため、適度な演出に留めることが重要です。遊びの時間ではなく、読み聞かせの時間だということを忘れずに楽しみましょう。

絵本の読み聞かせは子供との特別な時間です。子供に絵本を強制せず、感想を否定せず、適度な演出で楽しむことが大切です。子供が絵本の世界にどっぷりと浸って、夢中になる姿を見られるよう、読み聞かせの時間を大切にしましょう!

絵本の読み聞かせに関するおすすめの本

0歳児におすすめの絵本は「いないいないばあ」です。この絵本では、動物たちが「いないいない…」と顔を隠し、次のページで「ばあ」と顔を出すという楽しい展開があります。子どもたちはこの絵本に大いに笑い、読み聞かせを通じて楽しさを共有できるでしょう。また、この時期の子供はまだ視力が弱いため、原色で描かれた絵本が興味を引きやすいです。その点で「しましまぐるぐる」もおすすめで、色鮮やかな絵柄と身近なものが描かれたページが、子供の発達を刺激する素晴らしい1冊です。

1歳児におすすめの絵本は「もこもこもこ」です。この絵本は奇妙な擬音が並ぶリズム感のある内容で、子供たちはそのひたすらな反復に夢中になることでしょう。色彩豊かな絵柄とともに、子供たちにとって不思議な魅力を持った絵本となっています。

2歳児におすすめの絵本は「ぐりとぐら」シリーズです。中川李枝子の絵と大村百合子の文で描かれたこのシリーズは、親子の愛や友情、命の尊さなどを考えさせられるお話がつまっています。大人も感動し、涙を流してしまうことも。子供に大切なことを伝える1冊です。また、「エルマーのぼうけん」もおすすめです。ルース・スタイルス・ガネットの絵本は大冒険の数々が描かれており、好奇心をくすぐる内容となっています。地図を見るのも楽しみの一つですよ。

3歳児におすすめの絵本は「てぶくろ」です。エウゲーニー・M・ラチョフが描くこの絵本は、ユーモアのある内容で子供たちを楽しませます。声色や間を使った読み方をすることで、子供たちはより絵本の世界に引き込まれることでしょう。ただし、絵本選びには子供の興味を優先させることを忘れずに。子供が関心を持った絵本こそが、一番楽しめる絵本なのです。

これらの絵本を読み聞かせることで、子供たちは絵本の魅力を存分に味わうことができます。親子での読み聞かせ時間がより楽しく、深い絆を築くきっかけになるでしょう。絵本の力を信じて、子供たちに素晴らしい世界を届けましょう!

絵本の読み聞かせを楽しもう

絵本の読み聞かせをするだけでなく、楽しむことも大切です。子供との読み聞かせ時間は、特別なひとときですよね。大人も子供と一緒に絵本の世界に浸ることで、リラックスした気持ちで過ごすことができます。

絵本を選ぶだけでなく、読み聞かせの時間を大切にすることも大切です。子供は大人の表情や感情を敏感に感じ取りますので、読み聞かせ中は思いっきり笑ったり、感動したりすることが大切です。あなたが楽しんでいる姿を見せることで、子供も絵本の世界に夢中になってくれるでしょう。

また、子供との読み聞かせ時間は、特別なコミュニケーションの機会でもあります。絵本の中の登場人物の気持ちや行動について話し合ったり、子供自身の想像力を引き出すような質問を投げかけたりすることで、子供との絆を深めることができます。

絵本の読み聞かせには、子供との特別な時間を楽しむことが大切です。一緒に笑い、感動し、想像力を膨らませながら、絵本の世界を共有しましょう!

まとめ

絵本の読み聞かせは、子供の成長に多くのメリットがあります。子供たちは絵本の世界に入り込み、感情豊かな世界を体験することができます。保育士さんは工夫を凝らして読み聞かせをすることが大切です。登場人物になりきって読むことで、子供たちはより絵本の世界に引き込まれます。

声色を変えたり、登場人物を区別するために声を変えたりすると、子供たちはより絵本の世界に没頭することができます。絵本の世界に入り込むことで、子供たちは登場人物の気持ちや行動を理解し、人の気持ちに寄り添うことができます。そして、人の気持ちに寄り添える子供は素敵な子供に育つかもしれません。これから先の人間関係の構築にも役立つでしょう。

また、絵本の読み聞かせは子供の想像力を育むことにも役立ちます。親子で楽しむためには、保護者も絵本を楽しむことが大切です。絵本の中には素敵な世界が広がっています。大人が読んでも考えさせられたり、笑ったり、感動したりするような話がたくさんあります。子供は大人が楽しんで読んでいる方が夢中になってくれるので、肩の力を抜いて気楽に読みましょう。

絵本の選び方は悩むこともあるかもしれませんが、同じ本を繰り返し読み聞かせても問題ありません。実際、研究によれば同じ絵本を繰り返し読むことで子供の吸収力が向上し、興味も増すと言われています。ですが、子供が興味を持った本が一番楽しめるので、子供の興味に合わせて選ぶことが大切です。こちらではおすすめの絵本も紹介していますので、ぜひ手に取ってみてください。

読み聞かせのコツとしては、絵本を読む側も楽しむことが大切です。絵本の中の物語やキャラクターの心情の変化に合わせて声に抑揚をつけて読みましょう。子供たちが静かにしてくれなかったり、集中してくれない場合は、読み聞かせが楽しくない可能性がありますので、保育士さんは楽しませる工夫が必要です。ただしアドリブを入れすぎると良くありませんので、適度な工夫を心がけましょう。

絵本の読み聞かせ効果を高める方法としては、声色や強弱を工夫したり、絵本を揺らしたり、子供の笑いを意識したりすることがおすすめです。ただし絵本の内容が頭に入らなくなるほどやりすぎるのは避けましょう。また、寝かしつけのための読み方では、静かにゆっくりと読むことが効果的です。寝かしつけ専用の絵本を用意すると、子供は眠る合図と認識し、スムーズに眠りにつくことができます。

読み聞かせに関しては、子供に絵本を強制しないことや感想を否定しないことが大切です。子供のペースに合わせて進めることも重要です。また、絵本を選ぶだけでなく楽しむことも大切です。絵本の読み聞かせ時間は、子供との特別なコミュニケーションの時間ですので、大切にしましょう。

絵本の読み聞かせを楽しむことで、子供は感情豊かに成長します。想像力も刺激されて、より豊かな絵本の世界に浸ることができます。そして親子のコミュニケーションも促進されます。絵本の力を活かして、子供たちと一緒に楽しみながら成長していきましょう。

関連記事

各都道府県版「失敗しないための家づくり読本」

2022/05/04 |

「将来の役に立つ!」 「家を建てるなら一読する価値あり!」 「初めて家を建てる人にぜひ読んで欲し...

記事を読む

「鬼」がもたらす教訓と感動〜日本の昔話〜

2023/07/27 |

こんにちは、みなさん!日本の昔話って、素敵な物語がたくさん詰まっていて、子供たちにも楽しいし、心に残...

記事を読む

鯉のぼり真鯉と緋鯉はなんでいるの?

2023/04/26 |

もうすぐゴールデンウィーク。コロナ禍も落ち着いて、今年はお出かけになる人も多いでしょうね。 我が家...

記事を読む

子供の心をとらえる!日本の昔話 ~短くて面白いおはなし~

2023/07/20 |

子供の成長には、昔話が欠かせません。 古くから伝わる日本の昔話は、豊かな教訓と価値観を子供たちに伝...

記事を読む

  • 企業メディア化真価道場
  • 日本の昔ばなし名作シリーズ1

    日本の昔ばなし名作シリーズ1
    発売日 : 2021/12/19
    オモイカネブックス
    ¥1,250 (電子版)
    ¥2,178 (ペーパーバック)

  • 日本の昔ばなし名作シリーズ2

    日本の昔ばなし名作シリーズ2
    発売日 : 2021/12/19
    オモイカネブックス
    ¥1,250 (電子版)
    ¥2,178 (ペーパーバック)

  • 日本の昔ばなし名作シリーズ3

    日本の昔ばなし名作シリーズ3
    発売日 : 2021/12/19
    オモイカネブックス
    ¥1,250 (電子版)
    ¥2,178 (ペーパーバック)

  • 失敗しない家づくり読本

    失敗しない家づくり読本
    発売日 : 2021/3/27
    一般社団法人コミュニティービルダー協会 (著)
    ¥500 (電子版)

  • THE REAL RICH LIFE

    THE REAL RICH LIFE
    発売日 : 2021/1/29
    Hikaru Deguchi (著)
    ¥1,028 (電子版)
    ¥2,519 (ペーパーバック)

  • 天使との対話

    天使との対話
    発売日 : 2021/1/16
    中西 識叡子 (著)
    ¥800 (電子版)
    ¥1,452 (ペーパーバック)

  • Japanese Style
    発売日 : 2021/1/13
    Hironobu Ishikawa (著)
    ¥834 (電子版)
    ¥2,201 (ペーパーバック)

  • TSUNAGU モンゴル×日本
    発売日 :2020/3/15
    ガンフヤグ テンギスボルド(著)
    ¥500 (電子版)
    ¥990 (ペーパーバック)

  • 子供たちに伝えておきたい“日本のこと”
    発売日 : 2019/12/28
    飛岡健 (著)
    ¥528 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • SDGsに取り組もう 建築業界編
    発売日 : 2019/12/25
    浄法寺 亘 (著)
    ¥550 (電子版)
    ¥1,320 (ペーパーバック)

  • 頼みたくなる住宅営業になれる本
    発売日 : 2019/12/25
    浄法寺 亘 (著)
    ¥800 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • ビジネスに役立つ 日本の偉人の仕事術
    発売日 :2019/9/5
    オモイカネブックス(著)
    ¥864 (電子版)
    ¥1,782 (ペーパーバック)

  • と金志士 上巻
    発売日 : 2019/7/26
    オモイカネブックス(著)
    ¥540 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • 大人のための科学的勉強法
    発売日 : 2019/7/18
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)
    ¥815 (ペーパーバック)

  • とっておきの見込み客発掘法

    とっておきの見込み客発掘法
    出版社 : 2018/9/13
    石川博信 (著)
    ¥840 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,284 (ペーパーバック)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,078 (ペーパーバック)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,386 (ペーパーバック)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,078 (ペーパーバック)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,386 円(ペーパーバック)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)
    ¥1,320(ペーパーバック)

Translate »
PAGE TOP ↑