フェルメールとレンブラント を見に行きました。

公開日: : その他

先週の日曜日(2月21日)ちょっと気になる展示があったので、弓の稽古を午前中で終わらせて六本木まで出かけてきました。

IMG_2790

目当ては、森美術館の

「フェルメールとレンブラント 17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち」

「村上隆の五百羅漢展」

です。

 

六本木ヒルズ内にあるので、メトロの六本木駅から直結で行けて便利です。

※ただしホームから1- C出口に向かわないといけません。一度他の改札から出てしまうとえらく遠回りをしないといけないので注意が必要です。日比谷線ホームでいうと目黒方面よりの改札です。

FireShot Capture 1 - 六本木駅 構内図|東京メトロ - http___www.tokyometro.jp_station_roppongi_yardmap_

着いてみると「五百羅漢展」のほうは当日券の列が結構ならんでいるではありませんか…、これは後回しにしようと決断。なにせここは夜10時まで開館しているので。

※すみません…結論からいうと五百羅漢展は疲れてしまい、見ずに帰ってしまいました。

 

ということでオランダ展のほうに向かうと少し並んだだけでチケットを購入できました!エレベーターで53階まで上るとすぐなのですが、気がつくと寒がりの私でもダウンを着ていると結構暑いです。ということで職員さんに聞いて、エスカレーター奥の受付にあるクロークに預けることができました。

 

さて入場です。受付で音声ガイドを借りると、ナレーションは「あさが来た」で毎朝見ている玉木宏さんではないですか。私は基本、音声ガイドは借ります。これがあると展示の横書きの説明を見なくても済むので楽です。もっとも自分なりに眺めてから聞くことにはしていますが。

 

まず風景画が何点か続きます。ちなみにこんな感じの風景画です。

 

FireShot Capture 2 - 作品紹介|フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち_ - http___www.tbs.co.jp_vermeer2016_works_

 

FireShot Capture 3 - 作品紹介|フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち_ - http___www.tbs.co.jp_vermeer2016_works_

 

…申し訳ないのですが正直ピンとこなかったので、

途中でチラ見しながら飛ばして目当てのフェルメールに向かいます。

 

 

FireShot Capture 11 - 作品紹介|フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠た_ - http___www.tbs.co.jp_vermeer2016_works_

「水差しをもつ女」

少し人だかりが出来てましたが絵の前に2、3人しか人が立っていないのでじっくり見られました。

さすがですね。良いです、というか好みです。私はこういうはっきりした絵が好きです。というかこの日の当たっている部分の明るさがいいですよね。なんかこう、小学生の頃の夏の土曜日の学校帰りのような感じ。たぶんフェルメールが得意とする青と白がそうさせるのかな、と勝手に推測しています。

 

さて、おめあてのものは見てしまったので次に行きます。

レンブラントの「ベローナ」

FireShot Capture 6 - 作品紹介|フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち_ - http___www.tbs.co.jp_vermeer2016_works_

ローマ神話の戦いの女神だそうで、持っている盾にメデューサが入っているので、アテナ(ペルセウスのメデューサ退治に味方した)かなと短絡的に連想したのですが、それならローマ神話でのアテナの呼び方はミネルヴァなので違うなあ、なんて考えていたら説明文にマルスの奥さんと書いてありました。これは知らない。女神そのものよりも盾のメデューサのほうに目がいきましたね。怖い。

 

あと一つ印象的だったのはこれ。

カレル・ファブリティウスの「帽子と胴鎧をつけた男(自画像)」

FireShot Capture 8 - 作品紹介|フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち_ - http___www.tbs.co.jp_vermeer2016_works_

この画像だと伝わりにくいとはおもうのですが、まず顔の表情からいろいろな感情を感じます。微笑んでいるようにも寂しそうにも少し怒っているようにも見えます。あと、戦いが終わって静かに土埃を巻いて風が舞っているような空気感。でも、本人は戦場に行ったことはないようなので、想像のみでこの空気感を表現しているはずです。すごいですね。若くして亡くなったのが残念です。

 

おまけ

今回の展示でも肖像画が多く展示されていたのですが、なぜか男性は左向きが多く、女性は右向きが多かったので何か理由があるのかと思って近くに立っていた学芸員さんにドキドキしながら聞いてみました。

FireShot Capture 10 - 作品紹介|フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠た_ - http___www.tbs.co.jp_vermeer2016_works_

すると、少々お時間頂いてもよろしいですか、とのこと。しばらくして別の学芸員さんがきて話してくれた回答としては、以前調べたことがあったのだがよくわからなかった、ただ女性に関しては右向きの方が表情が豊かにみえるらしいので、それが理由かもしれません、とのこと。(ちなみこの学芸員さんは女性だったのですが、やはり右に向きながら話していました)宗教に根差すものなのか、世界的に普遍的なものなのか。機会があれば調べてみようと思います。

 

…全体的にはもう少しフェルメールとレンブラントの作品が欲しかったな、とは思いましたが、空いていて見やすかったしまあ行って良かったと思います。

The following two tabs change content below.
浄法寺亘

浄法寺亘

浄法寺亘

最新記事 by 浄法寺亘 (全て見る)

関連記事

日本橋ランチレポート

2015/03/17 |

昨日、日本橋で午後いちに打合せということで… 人形町の老舗洋食屋の芳味亭の「ビーフカレ...

記事を読む

弓道を再開したいけど迷っている人へ

2015/05/02 |

実は、私、休日は千葉市内で弓道をしています。 大学時代に始めたものの、就職をしてからは気になり...

記事を読む

テスト

2017/01/27 |

テスト記事アップ   ...

記事を読む

DIC川村記念美術館に行ってきました。

2015/03/23 |

この連休を利用して佐倉市の『DIC川村記念美術館』に行ってまいりました。 目的は ...

記事を読む

Message

PAGE TOP ↑