電子書籍のダーク・マターを探そう

公開日: : 電子書籍

スクリーンショット 2015-11-23 17.51.02

 

天文学や物理学に興味をお持ちですか?

僕は月や星を眺めるのは好きだけど、学問となるとサッパリ…。物理学に至っては見ないように生きてきました(笑)

 

今年ノーベル物理学賞を受賞した東大教授の梶田隆章氏は、素粒子ニュートリノが質量を持つことを発見して、新たな物理法則の構築を迫る大きな成果を挙げたんですね。物理学の世界ではニュートラリーノ、アキシオン、ミラーマターなど存在が未確認な物質がいろいろあるんですって?そのあたりは僕にとって全く別世界の話なので触れずに…。ともかくもまだまだ人類には知らないことがあるのですね。そういった物質をダーク・マターと呼ぶそうで。

 

ダーク・マター(暗黒物質)とは?

天文学的現象を説明するために考えだされた「質量は持つが、電磁相互作用をしないため光学的に直接観測できず、かつ色荷も持たない」とされる、仮説上の物質である。”銀河系内に遍く存在する”、”物質とはほとんど相互作用しない”などといった想定がされており、間接的にその存在を示唆する観測事実は増えているものの、構成素粒子などまだ不明な部分も多い。(Wikipediaより)

 

で、このダーク・マターというのは、観測できないが実は支配的な力を持っているとされているようです。

ここで本題ですが、アメリカのTechcrunchが世界各国の出版市場統計で、作品数すら把握できてない個人作家たちの電子書籍をダーク・マターと形容しています。ISBNコードが通用しないネットコンテンツのため、従来の市場統計手法で観測できないそうで。出版界では大きな力になりつつあると注目をしているようです。

TechCrunch http://techcrunch.com/2015/11/11/on-the-dark-matter-of-the-publishing-industry/

 

日本の出版業界においても、少しずつ電子書籍が販売されるようになり、これまであたためてきた作品を世に出そうとする人たちがたくさんいるのではないでしょうか?

当然出版社や書店によるプロモーションなどが無いため、劇的に売上を伸ばすことは難しいかもしれませんが、これまでの「出版→取次→小売」という流れから外れても作品を世に出せるというのは、コンテンツホルダーにとって大きな変化だと思います。

 

本で一発当ててやろうというのはとても大変なことだと思います。

それなりの広告宣伝も必要でしょうし、目まぐるしくトレンドが変わっていく現代において、どれだけ多くの人の目に触れることができるか、どれだけ拡散できるかがポイントになるでしょうね。

でも、その作品が「どれだけ人の役に立つか?」という視点で見れば?

自分のスキルやノウハウ、経験や体験が誰か一人を救ったり手助けしたりするかもしれない。困っている誰かの一助になるかもしれませんよね?その誰かが誰かにその本の存在を伝え、伝え聞いた誰かがまた誰かに伝える。ネットやSNS全盛の今なら、そういった自然発生的なプロモーションも考えられます。

 

cc-library010008970

別の星から地球の本を探しにくるかも?

 

売れるか売れないかも大事だけど、役に立つかどうかも大切だと思うんですね。それは今日、明日ではなく、10年、50年、100年先かもしれません。

本は商品であると同時に、文化であり叡智の結晶だと思います。

遠い未来の人類が、今誰かが書いて残そうとしている本によって、人生を変えるかもしれない。それは天文学的な可能性なのかもしれないけど、今は見えないかもしれないダーク・マターを、電子書籍の力でたくさん発見していきたいですね。

関連記事

図書館で読み放題を楽しもうよ

2016/10/06 |

アマゾンジャパンの読み放題サービス「キンドルアンリミテッド」で問題が起こっていますね。  ...

記事を読む

アマゾンが狙う少数出版の作者たち

2018/09/18 |

「安い」「早い」「無料」が電子書籍のイメージ? 電子書籍の市場規模については、何度かこのブログでも...

記事を読む

『我は日本人なり』〜元外交官が伝える 海外へ渡っても祖国愛を持ち

2017/06/27 |

2020年東京でのオリンピック開催が決まり、日本はオリンピックムードに湧いていますね。 東京都...

記事を読む

人のストーリーをカタチにしよう

2017/01/02 |

明けましておめでとうございます。 今年もみなさんにとって、素晴らしい一年になりますように。 &n...

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

 

  • 企業メディア化真価道場
  • スマートブックス
  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)

PAGE TOP ↑