世界のどこからでも世界中の本が読める仕組みを

公開日: : オンライン書店, 本の電子化, 電子書籍

SNSというのは、これまでなかなか会うことの出来なかった人との縁を繋いでくれますね。

facebook、twitter、Instagram、LINEといった定番のものから、写真で言えばPinterest、イラストならpixiv、動画ならPeriscope、チャットであればSnapchatなど、各カテゴリーにおいても様々なアプリが登場している。アーティストやアイドル、タレント等の配信が無料で視聴できるうえ、誰でもすぐに生配信が可能な双方向コミュニケーションの仮想ライブ空間を提供するSHOWROOMなどは、まさにライブ空間の様相。さらに、若い世代ではB612、SNOW、Mixchannelも人気とのこと。

僕は、SNSアプリの中でtwitter、facebook、Instagramをよく使っています。特にヘビーユーズなのがtwitter。どちらかというと、仕事関係の方が繋がっているのがfacebookで、趣味や関心事に特化しているのがInstagram、ちょうどその間にあるのがtwitterのイメージ。twitterは140文字の言葉と、写真一枚というアップのしやすさと、ハッシュタグで繋がりたいカテゴリーの人が見つけやすいというのがいいですね。

SNSによってリアルな声が聞ける

そんなtiwtterで繋がることが出来たのが、ワーキングホリデーをきっかけに、カナダナイアガラに住んで23年になる美容師の「ゆうこママ」さん。(https://twitter.com/yukomama711
ヘアカットやヘアケアはもちろん、お悩みを聞くのも得意で、髪も心も軽くする美容師として素敵なサロンを運営しています。いつもナイアガラの滝や近隣の自然の写真、ご自身の家族やお友だちのこと、料理やお仕事に関する動画をツイートされています。

ナイアガラの滝の画像をきっかけにゆうこママの存在を知り、フォローさせてもらいました。当然一度もリアルでは会ったことはありませんし、SNS上で知り合ってまだ一年も経っていません。それでもツイートやリプライを通じて、様々な情報を頂いています。ナイアガラの滝の具体的な場所も初めて知りました(笑)

僕は電子書籍の出版や、既刊本の電子化の仕事をしているわけですが、いつもこの本もあの本も電子化したい、したいと呟いています。そんな僕の呟きに、ゆうこママが「私達の様に海外移住組には電子書籍がどんなに有り難い事か….岩瀬さんを始め、電子書籍化してくれる方々にほんと感謝してます」とコメントをくれました。

「そうなのか!!!」

海外在住の日本人の皆さんが、日本語の本が読めないよという話は何となく目にしていまいたが、そういう方から直接お話を聞く機会もなかったのでイマイチ実感できませんでしたが、こうしてまさにそのシチュエーションにある方の言葉を聞くと、実情がよく解ります。

世界のどこからでも世界中の本が読める仕組みを

電子書籍の登場により、海外でも日本語の本が読めるようになったというものの、その数はかなり限られています。海外からKindleを利用して購入する方法もありますが、Amazon.co.jpのコンテンツ利用は日本国内が原則ですもんね。Amazonのヘルプでも謳われています。

〜Amazonヘルプ&カスタマーサービスより〜
Amazon.co.jpで販売されているKindle本は、日本国内のお客様にのみ提供しております。コンテンツの購入には、居住国として日本国内の住所が登録されている必要があります。なお、居住国を日本に設定されている場合でも、お客様が日本国外にいらっしゃる場合は購入いただけません。海外旅行で一時的に日本を離れる場合を考慮し、数冊は海外からも購入いただける場合があります。しかしながら、その場合でも一定数を超えると海外からの購入はできなくなりますので、ご了承ください」


世界中の情報を簡単に取得することが可能になり、海外へ進出し活躍する日本人がますます増える中で、日本語の本が問題なく読めるインフラの構築が必要ですね。日本でもようやく紙と電子が同時出版されるようになってきましたが、既刊本については全体の数%程度しか電子化が進んでいません。電子化されてもあちこちのストアで仕様が違うため、ストアそれぞれのアプリをダウンロードして、電子書籍をインストールしなくてはいけないという面倒臭さがあります。

SNSアプリがこれだけ充実する昨今において、本、電子書籍を取り巻く環境ももう一歩進化を遂げる時が来ていると思います。世界のどこからでも、世界中の本が読める仕組みをづくりを考えていこう。

関連記事

コンプライアンス問題を予防する担当者必読の一冊『製造業のコンプラ

2019/07/17 |

「粉飾決算」や「業法違反」「脱税」などのコンプライアンス違反。企業へのダメージは大きく、毎年コンプラ...

記事を読む

本は読むだけでなく作れる時代に

2016/09/24 |

いやぁ足痛!ビジネスホテルのユニットバスでも足が伸ばせるんですね。嬉しいなぁ。 おかげさまで東京国...

記事を読む

書籍の電子化も変化の時

2017/05/07 |

ブックオフに行きますか? 僕は買った本をあまり売らないので、ブックオフに本を売りに行くことはな...

記事を読む

読み放題サービスにApple参入 amazonとの違いはどこに?

2019/02/18 |

拡大するか!?読み放題サービス 2016年度の出版業界、ひとつの大きな変革があった。 amazo...

記事を読む

 

  • 企業メディア化真価道場
  • スマートブックス
  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)

PAGE TOP ↑