「 本の電子化 」 一覧

日本の読者のために積極的な本の電子化を

兵庫県たつの、宍粟市、上郡、佐用町内にある公立図書館が、パソコンやスマートフォンで読

続きを見る

読書の未来 コンテンツは物からデータへ

新年明けましておめでとうございます。 今年は、明日1/4から仕事初めの方が多いでしょう

続きを見る

ICTと電子書籍が図書館の在り方を変える

図書館をコミュニティスペースに 日本を含めて、世界の図書館が変わりつつありますね。

続きを見る

出版社倒産と出版物の行方

  歴史ある出版社が相次いで倒産しています。例えば、東京都新宿区に本

続きを見る

著作権の相続、その時どうする?

フランツカフカの『城』を読みました。 主人公である測量士のKが、ある村に到着す

続きを見る

電子化による進化と変化を

『賢者のおくりもの』という作品があります。アメリカの小説家オー・ヘンリーの代表作とな

続きを見る

  • 建築神殿論
    出版社 : オモイカネブックス(2017/12/25)
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)

  • 我は日本人なり
    出版社 : オモイカネブックス(2017/6/26)
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)

  • おみず
    出版社 : オモイカネブックス(2017/4/1)
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    出版社 : オモイカネブックス(2017/2/21)
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 島嶼見聞録
    出版社 : オモイカネブックス(2017/2/19)
    木越由紀子(著)
    ¥480 (電子版)

PAGE TOP ↑