「 本の電子化 」 一覧

電子書籍の強みを生かした出版をしよう

いまだ続く紙か?電子か?論争 Forbes JAPANに、 "「米国のアリゾナ大学とタウ

続きを見る

来航する数々の黒船に日本の出版界はどう挑むか

本というコンテンツの新しい形が生まれる 2016年11月に、スウェーデン生まれの定額制

続きを見る

世界のどこからでも世界中の本が読める仕組みを

SNSというのは、これまでなかなか会うことの出来なかった人との縁を繋いでくれますね。

続きを見る

看護・介護分野での電子化

僕は今所属しているジーレックスジャパン株式会社で働く前は、介護福祉士として訪問入浴や

続きを見る

読者の求めるものと業界の常識との乖離

漫画はデジタルで読む時代? 「漫画村」などの海賊版サイトを対象にした「サイトブロッキン

続きを見る

本当に活字離れは進んでいるの?

週末に友人が訪ねてきて我が家に宿泊し、本屋さんへ行きたいという娘に連れられてみんなで近所のイ

続きを見る

出版業界の制度・体制が変わる時

「株式会社楽天が出版取次3位の大阪屋栗田(大阪市)を買収する」そんなニュースがリリー

続きを見る

各地で進む電子図書館

茨城県鹿行地域にある潮来市。 1960年代にヒットした、花村菊江さんの「潮来花嫁さん」で有

続きを見る

出版社倒産を考える

先日の日本経済新聞で、スポーツ関連の出版社で知られるスキージヤーナルが1月30日、東

続きを見る

著作権フリーは全てフリーなのか?

先月まで絶版本・既刊本の電子化についての相談が、ひっきりなしに続いていました。主に大学教授や

続きを見る

  • スマートブックス
  • 日本列島ダニさがし
    出版社 : オモイカネブックス(2018/5/13)
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    出版社 : オモイカネブックス(2018/3/19)
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,260(ペーパーバック版)

  • 障がい者アートの未来を探して
    出版社 : オモイカネブックス(2018/2/1)
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)

  • 建築神殿論
    出版社 : オモイカネブックス(2017/12/25)
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)

  • 我は日本人なり
    出版社 : オモイカネブックス(2017/6/26)
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)

  • おみず
    出版社 : オモイカネブックス(2017/4/1)
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    出版社 : オモイカネブックス(2017/2/21)
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 島嶼見聞録
    出版社 : オモイカネブックス(2017/2/19)
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)

PAGE TOP ↑