「 本の電子化 」 一覧

読み放題サービスにApple参入 amazonとの違いはどこに?

拡大するか!?読み放題サービス 2016年度の出版業界、ひとつの大きな変革があった。 a

続きを見る

出版社の倒産と本の電子化

出版社の倒産が続く 演劇やミュージカルなどの公演情報を網羅した月刊誌「シアターガイド」に出

続きを見る

後世に遺すためのデジタルアーカイブ

東京の都営地下鉄大江戸線若松河田駅を降りて東新宿方面へしばらく歩いたところに、一般社

続きを見る

アマゾンが仕掛ける日本の出版流通の変革

出版流通に風穴をあけるアマゾン アマゾンジャパンが31日、年内に「買い切り」方式を試験的に

続きを見る

日本の技術と心を電子書籍で世界へ発信

日本の技術の粋が光る介護産業展 国の成長戦略の一環として、健康寿命延伸産業の活性化に向けた

続きを見る

序破急を使って構成、章立てを考える

映画の予告を観るような構成を 1973年にデビューし、世界中を席巻したバンド「Queen」

続きを見る

ながら読書に最適な「聴く本」

年が明けてからもう一週間が経つ。時の流れは歳を重ねるごとに早くなると言われるが、まさに今それ

続きを見る

2019年出版業界再興なるか

2018年今年の漢字は「災」だった。北陸地方を襲った豪雪から、草津白根山、霧島連山新

続きを見る

本の電子化によって受け継がれる財産

料理好きな僕が読む本 我が家では、結婚以来家事を分担して行っている。分担と言っても7:3で

続きを見る

自費出版と侮るなかれ。変わり始めた出版の仕組み。

本は誰が作ってもいいもの 秋田市内で「リバーサイド・ライティングゼミナール」という文章講座

続きを見る

 

  • スマートブックス
  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : オモイカネブックス(2018/9/15)
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)

  • 日本列島ダニさがし
    出版社 : オモイカネブックス(2018/5/13)
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    出版社 : オモイカネブックス(2018/3/19)
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,260(ペーパーバック版)

  • 障がい者アートの未来を探して
    出版社 : オモイカネブックス(2018/2/1)
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)

  • 建築神殿論
    出版社 : オモイカネブックス(2017/12/25)
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)

  • 我は日本人なり
    出版社 : オモイカネブックス(2017/6/26)
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)

  • おみず
    出版社 : オモイカネブックス(2017/4/1)
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    出版社 : オモイカネブックス(2017/2/21)
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 島嶼見聞録
    出版社 : オモイカネブックス(2017/2/19)
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)

PAGE TOP ↑