春霞の時季を経て春本番へ「霞始靆」

公開日: : 昔話

日中はだいぶあたたかくなりましたね。
2月もまもなく終わり、暦は3月に入ります。
七十二候の『霞始靆(かすみ はじめてたなびく)』も今日が最後です。

山々に春の趣を感じる

霞始靆とは、朝方や昼間、霧や靄(もや)が発生して、遠くの山や景色がほのかに現れては消える、春の趣を感じられる時季です。春になると、遠くの景色が白くぼんやりとかすみ、幻想的に見えることがありますよね。

「霞」とは、大気中に細かな水滴や湿った微粒子が増えて、遠くがぼんやりとかすんで見える現象で、春に「霧」や「靄」が出て視界が悪くなる状態を表しています。「靆(たなびく)」とは、霞や雲が薄く長く層をなして、横に引くような形で空に漂う様子を表しています。「棚引く」とも「棚曳く」とも書かれます。

朝一番の「霞」の情景は、清少納言の『枕草子』の冒頭「春はあけぼの」の一節が有名ですね。
『春はあけぼの。やうやう白くなりゆく、山ぎはすこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる。』
「春は明け方が良い。朝日が昇るにつれて、だんだんとあたりが白んで、山のすぐ上の辺りの空がほんのりと明るくなって、紫がかっている雲が細くたなびいている様子」

一方で、夜の「霞」は「朧(おぼろ)」と呼ばれ、春の夜に浮かぶ霞んだ月を「朧月(おぼろづき)」と言います。
童謡の『朧月夜』が有名ですね。

霞と霧と靄の違いは?

ところで、霧と靄と霞の違いって何でしょう?みんな同じようですが、実は違いがあるんですね。

【霧】・・・微小な浮遊水滴により、視程が1km未満の状態
【靄】・・・微小な浮遊水滴や湿った微粒子により視程が1km以上、10km未満となっている状態
【霞】・・・空気中に浮かんでいる様々な細かい粒子のため、遠くがはっきり見えない現象。
また、霧や煙が薄い帯のように見える現象。

こんな違いです。なんとなく使っていましたが、それぞれに特性があるんですね。

霞始靆の時期は、冬のくっきりとした山の稜線とは違った、趣のある山野の風景が見られます。
普段改めては見ない山々を眺めてみるのもいいですね。

水面に映る月を飲み干すと、、、

今日は月が出てくる昔話を1つ。

『月ガ瀬』

むかし、飛騨の山あいを流れる小鳥川(ことりがわ)に沿って、
余部(あまりべ)という小さな山里がありました。
この村に九郎兵衛(くろべえ)という百姓夫婦が住んでいました。

この夫婦の間には信夫(しのぶ)という一人娘がいましたが、
信夫は娘の盛りをとうに過ぎても嫁にも行かず一人身でした。

信夫は色が黒く器量が悪かったため、
そんな娘を思い、九郎兵衛夫婦はいつも胸を痛めていました。

そんな信夫が25歳を迎えた夏の終わりのことです。
この日は年に一度の盆踊りの日。
信夫もお祭りに行くように両親に促され、仕方なく家を出ました。

不器量な自分のことを、村の人たちが陰口を言っている気がして、
どうしてもお祭りに行く気にはなれませんでした。

信夫の足は自然と氏神様とは反対の川辺の方へと向かい、
気がつくと信夫は小鳥川に架かる小さな橋の上に立って、
水面に映る満月を見つめていた。

月を見ているうちに、不器量なために嫁にも行けない自分の
切ない気持ちが胸のうちにこみ上げて来ました。

すると何を思ったのか、信夫は水面に映った月をすくうように手で水を汲み、
その水を飲み干してしまった。

すると、その次の年の氏神様の祭りが近づいた頃、
不思議なことに、信夫は丸々とした輝くばかりに美しい男の子を産み落としたのです。

そしてその子は都に出て、後の世まで名を知られる飛騨の匠(ひだのたくみ)になりました。
信夫が水面に映った月影を飲み干した小鳥川の淵は月ヶ瀬と呼ばれ、その後二度と月影を映すことはありませんでした。

 

 

アマゾンランキング学習カテゴリ1位!!
障がい者アート×日本の昔話
日本語と英語で描かれたバイリンガル絵本

『日本の昔ばなし名作シリーズ1』
https://www.amazon.co.jp/dp/B09NCL7D6V/

『日本の昔ばなし名作シリーズ2』
https://www.amazon.co.jp/dp/B09NCKXWLL

『日本の昔ばなし名作シリーズ3』
https://www.amazon.co.jp/dp/B09NCJVJMV/

関連記事

正直に生きることの大切さ『天福地福』

2024/02/21 |

正直に生きていれば良いことが起こり、欲を張ると酷い目に遭う。 日本の昔話ではよくあるカタチですね。...

記事を読む

アレを使って美味しいお汁を作る!?「さかな女房」

2022/01/21 |

毎日寒い日が続きます。 皆さんいかがお過ごしですか。 寒い季節に美味しいものというと何を思い...

記事を読む

来年の干支は何ですか?「十二支のはなし」

2021/12/30 |

今年もあと2日となりました。 今日は大掃除やお正月の飾り付けで皆さん忙しいのではないでしょうか。 ...

記事を読む

利他の精神を忘れない「炭焼き長者」

2024/02/09 |

日本政府観光局(JNTO)が発表した2023年の年間での訪日外国人旅行者数(推計値)は、2506万6...

記事を読む

  • 企業メディア化真価道場
  • 日本の昔ばなし名作シリーズ1

    日本の昔ばなし名作シリーズ1
    発売日 : 2021/12/19
    オモイカネブックス
    ¥1,250 (電子版)
    ¥2,178 (ペーパーバック)

  • 日本の昔ばなし名作シリーズ2

    日本の昔ばなし名作シリーズ2
    発売日 : 2021/12/19
    オモイカネブックス
    ¥1,250 (電子版)
    ¥2,178 (ペーパーバック)

  • 日本の昔ばなし名作シリーズ3

    日本の昔ばなし名作シリーズ3
    発売日 : 2021/12/19
    オモイカネブックス
    ¥1,250 (電子版)
    ¥2,178 (ペーパーバック)

  • 失敗しない家づくり読本

    失敗しない家づくり読本
    発売日 : 2021/3/27
    一般社団法人コミュニティービルダー協会 (著)
    ¥500 (電子版)

  • THE REAL RICH LIFE

    THE REAL RICH LIFE
    発売日 : 2021/1/29
    Hikaru Deguchi (著)
    ¥1,028 (電子版)
    ¥2,519 (ペーパーバック)

  • 天使との対話

    天使との対話
    発売日 : 2021/1/16
    中西 識叡子 (著)
    ¥800 (電子版)
    ¥1,452 (ペーパーバック)

  • Japanese Style
    発売日 : 2021/1/13
    Hironobu Ishikawa (著)
    ¥834 (電子版)
    ¥2,201 (ペーパーバック)

  • TSUNAGU モンゴル×日本
    発売日 :2020/3/15
    ガンフヤグ テンギスボルド(著)
    ¥500 (電子版)
    ¥990 (ペーパーバック)

  • 子供たちに伝えておきたい“日本のこと”
    発売日 : 2019/12/28
    飛岡健 (著)
    ¥528 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • SDGsに取り組もう 建築業界編
    発売日 : 2019/12/25
    浄法寺 亘 (著)
    ¥550 (電子版)
    ¥1,320 (ペーパーバック)

  • 頼みたくなる住宅営業になれる本
    発売日 : 2019/12/25
    浄法寺 亘 (著)
    ¥800 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • ビジネスに役立つ 日本の偉人の仕事術
    発売日 :2019/9/5
    オモイカネブックス(著)
    ¥864 (電子版)
    ¥1,782 (ペーパーバック)

  • と金志士 上巻
    発売日 : 2019/7/26
    オモイカネブックス(著)
    ¥540 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • 大人のための科学的勉強法
    発売日 : 2019/7/18
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 不調リセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • たるみリセット
    発売日 : 2019/6/10
    竹井仁(著)
    ¥1,058 (電子版)

  • 食品異物対策
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • 技術・技能伝承法
    発売日 : 2019/6/4
    中村茂弘(著)
    ¥500 (電子版)

  • ドクター福井の開成流勉強術
    発売日 : 2019/5/22
    福井一成(著)
    ¥700 (電子版)

  • 世界を解く数学
    発売日 : 2019/5/22
    河田直樹(著)
    ¥800 (電子版)

  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)
    ¥815 (ペーパーバック)

  • とっておきの見込み客発掘法

    とっておきの見込み客発掘法
    出版社 : 2018/9/13
    石川博信 (著)
    ¥840 (電子版)
    ¥1,430 (ペーパーバック)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,284 (ペーパーバック)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,078 (ペーパーバック)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,386 (ペーパーバック)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,078 (ペーパーバック)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)
    ¥1,386 円(ペーパーバック)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)
    ¥1,320(ペーパーバック)

Translate »
PAGE TOP ↑