「 個人出版 」 一覧

出版の費用について②自費出版

2019/04/01 | 個人出版, 電子書籍

自費出版の費用感 前のブログでは商業出版の費用について書いたが、今日は自費出版の費用ついて

続きを見る

中国で売れている児童書 電子書籍での市場参入はあるか?  

児童書が拡大する中国出版市場 日本でも800万部を超えて戦後最大のベストセラーとなっている

続きを見る

親子の円滑なコミュニケーションを考える電子絵本「春ちゃんのマシュマロタイム」

「親思う心に勝る親心」とはよく言ったもので、自分自身親を思う心は結構持ち合わせていると自負し

続きを見る

アマゾンが仕掛ける日本の出版流通の変革

出版流通に風穴をあけるアマゾン アマゾンジャパンが31日、年内に「買い切り」方式を試験的に

続きを見る

セルフブランディングのための自費出版

出版科学研究所の発表によると、2018年の紙の出版販売額は約1兆2,800億円台になると見込

続きを見る

序破急を使って構成、章立てを考える

映画の予告を観るような構成を 1973年にデビューし、世界中を席巻したバンド「Queen」

続きを見る

誰でも出版できる時代 準備を大切に

世界中から日本に訪れる留学生たち。日本との縁を感じ、日本に興味を持って、日本語や日本の文化、

続きを見る

自費出版と侮るなかれ。変わり始めた出版の仕組み。

本は誰が作ってもいいもの 秋田市内で「リバーサイド・ライティングゼミナール」という文章講座

続きを見る

世界最大のプラットフォームで自己ブランディング

本は自分で簡単に出せる時代 自分が執筆した作品を、amazonが提供している電子書籍「ki

続きを見る

アマゾンが狙う少数出版の作者たち

「安い」「早い」「無料」が電子書籍のイメージ? 電子書籍の市場規模については、何度かこのブ

続きを見る

 

  • スマートブックス
  • TSUNAGU スロベニア×日本
    発売日 : 2019/2/27
    ニーナ・ハビャン(著)
    ¥500 (電子版)

  • 春ちゃんのマシュマロタイム
    発売日 : 2019/2/19
    今井真理子(作)
    こばやしまりこ(絵)
    ¥800 (電子版)

  • 科学で考えるごみゼロの未来
    出版社 : 2018/9/15
    広瀬立成(著)
    ¥480 (電子版)

  • 日本列島ダニさがし
    発売日 : 2018/5/13
    青木淳一(著)
    ¥600 (電子版)

  • KARADAチューニング
    発売日 : 2018/3/19
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 障がい者アートの未来を探して
    発売日 : 2018/2/1
    熊本豊敏(著)
    ¥600 (電子版)

  • 建築神殿論
    発売日: 2017/12/25
    武田暁明(著)
    ¥600 (電子版)

  • 我は日本人なり
    発売日 : 2017/6/26
    竹元正美(著)
    ¥600 (電子版)

  • おみず
    発売日 : 2017/4/1
    AKI (絵・作)
    ¥840 (電子版)

  • 国境を越えたサムライ先生
    発売日 : 2017/2/21
    外薗明博(著)
    ¥600 (電子版)

  • 島嶼見聞録
    発売日: 2017/2/19
    木越祐紀子(著)
    ¥480 (電子版)

PAGE TOP ↑