電子書籍を出版する① 企画


51oHOf-RA9L

小学校時代から野球を続け、高校までエースで四番だった青年が、ケガで甲子園出場をあきらめることとなった。大学卒業後は、開発途上国と呼ばれる国々を旅をして、「格差」の現実を目の当たりにする。そんな状況下でも子どもたちが見せる「澄んだ笑顔」を見て、「教育で格差をなくす」という思いが芽生えた。そして、青年海外協力隊で赴任することとなったアフリカの地で、生徒たちに野球を教えることになる。

野球を知らない、整列も挨拶も、そしてグラウンドの掃除も出来ない生徒たちに、「身を美しくする」日本式の「躾」によって、生活習慣の改善を促していく。2年の赴任期間中に、時間や約束を守る、掃除や整理整頓、そして礼儀・挨拶もしっかりとできるようになり、チームワークと自信を身に付け、学校のリーダーに成長していった。 彼らの活躍により、ゴミや落書きなど学校内の荒みがなくなった。そして、野球ではアフリカの強豪校にまで上り詰める!

 

オモイカネブックスから電子書籍で出版された、外薗明博氏の著書『国境を越えたサムライ先生』のあらすじです。

教育関係者や、チームスポーツに携わるみなさんから好評で、先日amazonのKindleからも販売を始めたところ、わずか2日で教育学カテゴリーで22位にランキングされました。自身の体験を本にまとめ、そこには伝えたいことや想いがしっかりと詰まっている。文章は簡潔にまとまっていて、この本からのメッセージがとても伝わりやすい。人気が出ている秘訣はそこにあるのかと思います。

 

■誰でも出版できるからこそ準備が大事■

 

電子書籍の登場(kindleの襲来)によって、誰でも本を出版できるようになりました。電子書籍のフォーマットも、EPUBに統一され、制作のためのツールも色々と出てきました。ツールを使わずとも、既存のワープロソフトを使って作れなくもないですね。これまで自費出版で、なかなか世に発信することができなかった人たちも、簡単に作品を流通に乗せることができるようになりました。10年前から考えると、革命的なことだと思います。旧態依然とした書籍出版業界においては、個人が自らの力で出版するということは、考えられないことでした。今後は、セルフパブリッシングの作品の中から、ベストセラーが生まれるのが当たり前になるかもしれませんね。

 

ただ、本を書いて電子書籍を作って、Kindleで販売すれば売れるということではありません。当然内容が面白いか、読みやすいか、ということがポイントになるでしょう。そのためには、まずは企画をしっかり立てることが重要です。これは、紙の本でも電子書籍でも同じこと。最初の準備がしっかりとされているかどうかで、本の質が決まってしまうと言っても過言ではないですね。前出の外薗氏の本作りも、この企画をしっかり立てることから始めました。

 

■企画書を作ってみる■

 

本を作る際に重要になる企画。

まずは全体の構成を考えて、どんな内容の本にして、何を誰に伝えて、何をしてほしいかを明確にすることが大切です。「あのことを本にまとめよう!」と、書くコトが決まったら、まず企画書を書いてみるといいでしょう。企画書を書くことで、本のイメージがより鮮明になって、自分の頭の中も整理されます。

以下の内容で企画書を書いてみるのをお勧めします。

 

1.タイトル

仮でもいいので、タイトルを考えみるといいでしょう。タイトルは、本の内容を簡潔に表す重要なものです。パターンを変えていくつか挙げてみると良いですね。

2.タイトル補足説明
いわゆるサブタイトルです。より本の内容を興味深くあらわしたものにし、タイトルを補足する内容にしましょう。

3.キャッチコピー

一言で読者の心をぐっと掴むようなものがいいですが、とても難しかったりします。時間をかけて考える必要があるかと思います。

4.ジャンル

実用書、ビジネス書、文芸書など、ジャンルを絞ってターゲットを明確にしましょう。

5.著者名
本名でもいいですし、ペンネームでもいいでしょう。販促でSNSを利用することを考えると、本名で書くことをおすすめします。

6.プロフィール
・略歴
・すでに出版した著書の有無
・ジャンル、テーマに関する専門性の高さ
・マスコミ等への出演の有無
など、本の奥付として掲載するイメージでまとめるといいでしょう。

7.企画内容
ここが大事なポイントです。

・なぜこの本を書くのか?
・出版したい理由
・この本が求められると思う理由
これにより、本を書く意義が整理されていきます。

8.ターゲットとなる読者
より具体的なターゲットを挙げることをお勧めします。一個人を思い浮かべると良いです。

9.デザイン等
・表紙イメージ
・カラー、モノクロ
・挿絵の有無
など

10.その他本の情報
・希望小売定価
・ページ数(紙版として)
・縦書きor横書き

 

概ね上記10項目を企画としてまとめておくと良いでしょう。この企画をまとめることが、出版に向けて何よりも重要な準備となります。

campaign_banner

応募

  • Blog1
  • Blog2
  • Blog3
  • Blog4
  • Blog5
  • Blog6

ご相談・資料請求はこちら

トップへ

  • BnrS1
  • BnrS2
  • BnrS3
  • BnrS4
  • BnrS5
  • BnrS6
  • BnrS7

キラリ人・トップインタビューに掲載を希望される方はこちら!!