岩崎弥太郎 三菱の創業者

公開日: : 偉人伝 ものの見方

220px-y_iwasaki

岩崎弥太郎 三菱の創業者

三菱財閥を創った創業者として有名な岩崎弥太郎であるが、

実は幕末から明治までの18年間の間の活躍で日本屈指の財閥を創り上げた。

「会社の利益は社長(岩崎弥太郎)の利益だ」というワンマン経営で政治家や官僚との

癒着を指摘されても一向構わず、力技で事業を拡大し続けたイメージが強い。

幕末に海運を皮切りに事業をスタートしたが武家の商法ではなくサービスを重要視した

仕事で、他社との差別化を図り後の三菱商事に連なるこの巨大財閥を創り

支えたのは、他社との違い、サービスを事業にどう組み入れるか?

ということだったと思う。

内外に人望を

これはサービス精神を発揮してけば事業は繁盛するという岩崎弥太郎の信念でもあった。

明治6年に三菱商会を起しまず、海運事業を選んだ。

しかし、海運事業として三菱の前に立ちははだかったのは、半官半民の日本国郵便蒸気船

といういわば国策会社だった。当時の富豪であった、三井、小野組などが出資を行い、

政府が巨額な補助金を出すという企業だった。

この会社はができたこともあって他の船会社はバタバタとつぶれていった。

通常であれば、このような国策会社がリードする業界などに事業を進めるということは

ないであろう。しかし岩崎弥太郎は自信満々だったという。

これは明確な戦略があった。

お役所体質の企業にサービスなどできるわけがない。

実際に、この国策会社を調べると武士の商法もこれきわまれりで、

船員はえばり倒し、荷物を積んでやっているだ、運んでやっているんだ!というような始末で

お客さんが船の中で小さくなっていたという。

自分たちのシゴトでは、徹底的に愛想をよくしろ!と社員に命じたものの、

元々、坂本龍馬と土佐海援隊などで武士が多い三菱商会であったので、中々愛想よく

することも、お客さんに頭を下げることも難しかった。

そこで弥太郎は扇子に小判をを貼り付け、

「人に頭を下げていると思うな、小判に頭を下げていると思え」と

社員たちを叱咤激励したという。

つまらないことにプライドを掛けるな!利益を出すようにすることが先決だ!

と、実際にお客さんと合い接客するものにまで細部まで徹底していったという。

独裁的な経営方針であったが、明治の激動期でスピードが大事な時代だ。

この方針を徹底していった。

そもそも岩崎弥太郎は、明治初期に実業を始められるだけの準備期間という

ものがあった。

それは土佐藩として外国との交渉を多く積重ねたり維新戦争の最中に

商魂たくましく商売していき培った胆力もあった。

 

サービスで差別化

サービスを徹底しドンドン顧客を奪い成長していったが

ここ佐賀の乱がおき、政府内もゆれ始めライバルだった国策会社の後ろ盾であった

政治家も次々に下野し、岩崎弥太郎が政府に近づきやすい環境も整った。

佐賀の乱につづき、台湾出兵もあったが、

ここで弥太郎は、政府の権力者である、大久保や大隈に近づき

政府の軍輸送を請負うという逆転勝利をしたのである。

更に輸送で使った船は政府が購入したものの、戦争が終了してもそのまま

三菱に貸与されるという条件までついてきた。さらに、ライバルの国策会社は

政変により事業運営も厳しくなり、ついに解散となり、所有していた船は

そのまま三菱に譲渡されることになった。

ついに日本一の海運会社になったのである。

img_4354

 

岩崎弥太郎の生家

その後は日本一の海運会社を皮切りに金融から鉱山開発など

財閥の基礎となる事業を始めていくが、

出る杭は打たれるで、今度は三菱が強くなりすぎたとあちこちから非難の

声が上がり始めた。

一度は政変で失脚したモノ達やライバル会社が三菱包囲網を作ってきたのである。

そこで、とてつもない値引き合戦が始った。

当時一般的な客船は5円50銭であったが、値引き合戦の末に最後は55銭まで下がったという

前代未聞のことであった。

あまりにもひどいので政府も海運に規制を掛けることにした。

政府の手のかかる国策会社と三菱商会とが合併したのである。

この結果できた会社が日本郵船である。

岩崎弥太郎はこの最中に亡くなっている。享年52歳であった。

弥太郎は死の床で伏せているときに最後とも言われる

「吾より速に競争を挑み敵に後るるなかれ」

といったと言われる。

ライバルとの間ではスピードとサービスで勝負を挑み勝つことこそ本望

というようににも見える

image_03

岩崎弥太郎記念館

事業ではわずか18年間の間に大財閥を創った。

その精神はスピードで負けない、サービスで負けないという

ものだった。

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

matsushita_03

松下幸之助の言葉 根源様に感謝し根源から決断をする

2018/02/26 |

松下幸之助が祈る神様は根源様であった 根源の社(やしろ)で祈っている写真ですがこの社にはこのよ...

記事を読む

iwakura-t

偉人の先見性 岩倉具視

2017/08/10 |

岩倉具視 明治維新の際、朝廷側の実力者として活躍した 1825-1833 公家であり政治...

記事を読む

06

中村天風事業家の心得 松下幸之助

2018/02/09 |

中村天風 心身統一道を完成させた哲人 「私が事業家にいいたいのはここだ。 宇宙の真理に背いた...

記事を読む

tya02

信念は羅針盤 志、信念は社会を動かす

2018/04/24 |

茶道 侘びの精神 一杯のお茶に全力を尽くす。 一期一会というのもお茶の精神ですね。 ...

記事を読む

PAGE TOP ↑