御用達経済 サザエさんの三河屋 三平さんは凄い

公開日: : 最終更新日:2017/12/13 住宅営業, 偉人伝 ものの見方, 日々徒然草

b7cad6f24d6523884c135b7456026163_600

サザエさんの三河屋の三平さん 御用達の見本です。

サザエさんに出てくる三河屋の三平さんといえば御用聞きですね。

三河屋さんは本業は酒屋さんです。

o0165027512095492488

こんな風にお店で売っていることもあるけど、

地元に密着してお得意様(既存客)へのフォローが凄い。

少し時間が経つと、

「こんにちは~三河屋で~す」と裏口から声を掛けてくるシーンを何度か見たことも

ありますが、これ凄いんですよね。

例えばこんな感じの会話です。

「先月、お酒注文なかったから今回持ってきましょうか?

銘柄は○○でいいですか?」

とか

「醤油このところご依頼されていませんけど大丈夫ですか?」

とか

「今度こんな商品が出たんですよ」

とか

まるで相手のことを知り尽くしていながら、注文を頂いている。

ただ頼まれて配達しているんじゃなくて、

既存客をフォローしながらも

新規注文をとっているんですね。

で、三平さんに色々いわれたサザエさんは、

「じゃ、それも頼んでおきますね」

という感じで注文してしまう。

なんて行ってお客さんを喜ばしている。

これ凄いですよね。

一見さんではなくて既存顧客を大事にして何が必要がわかった上で

提案している。そして決して無理には勧めないし、

それはこれから先もずっと付き合いがあるから

いつでも機会はあるわけです。

そしてちょっと世間話でもしてコミュニケーションもとっている。

3_400x400

凄いな、三河屋三平さん

もっと凄いことも・・・・

実は、お客さんに欠品させないようにということもあるけど、

先行受注 売上げ前倒し

ということも有った訳です。

小売ですから商品を仕入れます。その後販売するわけですが、

例えば商品を仕入れる⇒月末締めの月末払い

今月仕入れれば、来月には支払いもしないとならないわけです。

お店で待っているだけでなくて、既存客のところへ行って

商品を届けながら、商品を紹介して販売できれば

商品の回転も早いわけです。

当然、資金繰りもよくなっていく。

1日早く販売できればその分資金ができる。

一件あたりの売上げは決して大きくないかもしれないけど

ちりも積もれば山となるで、地域に顧客を沢山抱えているので

商品を届けながら、一緒に営業もしてしまうわけなんですね。

今では、ネット通販のアマゾンがなんとかこのような仕組みをWEBで

創れないか?ということで研究開発の結果できたのがレコメンドシステムという

「あなたにおススメ」とか「この商品を買った人はこれにも興味あります」とかの

表示があります。ついつい自分の興味にあったものが出てくるので見てしまう。

結果購入する人の多いこと。

アマゾン通販の内の3割の売上げがこのレコメンドシステムから生まれているといわれています。

Jeff Bezos, CEO and founder of Amazon, at the introduction of the new Amazon Kindle Fire HD and Kindle Paperwhite personal devices, in Santa Monica, Calif., Thursday, Sept. 6, 2012. (AP Photo/Reed Saxon)

アマゾン創業者のジェフベゾス

今はネット通販の最大手に君臨するアマゾンですが、御用聞きシステムをWEB上で表現することに

よって成功しているともいえる。売上げの3割もおススメ機能(レコメンドシステム)からの売上げになっているから

顧客への声がけが如何に有効で成果が有るものか?という示唆でしょう。

今の日本では三河屋三平さんのような御用聞きというのも

もしかしたら喜ばれる仕組みかもしれませんね。

というのも人との関係の希薄さは否めないけど、ちょっとした宅配で持ってきてくれるというのは

とても重宝なものだから。

御用聞きというのは、何か今では、ルートセールス的なイメージもあるけど

やり方によってはとても人的で、良いシゴトなのかな、といえる。

なんせ、日本の先人商人たちが気づいてきたことですから相当凄いものであろうとは

感じますね。

しかし根底には「既存客を大切に」という商人の魂が入っている。

人とのつながりという点からももしかしたらこのやり方は今の時代にもあっているのでは

ないだろうか?そんなことを思っていました。

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

pixta_24055692_xl-%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%a5%b3%e6%80%a7

ご存知でしたか? 千葉の地ビールって美味しい!

2017/05/21 |

和服とビールっていいですね いやいや、ナイスショットですが、プロのモデルさんです。 もう...

記事を読む

pr05

危機は危険と機会という言葉で出来ている

2017/04/18 |

  鏡=かがみ 「が=我」を抜くと「かみ」になる 最近物事をありのままにみよう...

記事を読む

%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e3%81%95%e3%82%86%e3%82%8a

津軽海峡冬景色 こころに残る歌

2017/03/17 |

津軽海峡冬景色 好きな歌です 僕は世代的にはこの歌の全盛期ではないけども、この歌はどこからとも...

記事を読む

66631d39

松下幸之助 根源の社 危機は危険と機会の両面を持っている

2019/08/01 |

松下幸之助 根源の社で祈る姿 常に、事業が根源から見て宇宙の生成発展に役立っているか 社...

記事を読む

追客新手法

感動経営説明会

チーム力向上

歴史観研究会

バザール

SNSセミナー

  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • 障害者アートプロジェクツ
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
PAGE TOP ↑