出雲大社の神様 大国主はいじめられっこからヒーローになった①

公開日: : 最終更新日:2022/07/11 未分類

SANYO DIGITAL CAMERA

荘厳な出雲大社 伊勢神宮と並んで日本では人気があります。

日本再興の第一歩 アマテラスの伝言

オモイカネブックスのオモイカネとの絡みは後年の国譲りで出てきます。それはすこし置いておいて

出雲大社の大国主って凄く日本的な英雄だと思うのです。

日本でももっともっと紹介して欲しいと思う神様なんですね。

大国主というのは後にスサノオからいただいた神名で大いなる(神なる)国の王という意味で命名された

神様でもあるんですね。でもそれは後年のことで

大国主という神様は

最初はいじめられっこでいわゆるぱしりだった

日本ではじめての「いじめ」の被害者ではないかと思います。少なくても神話から見るとそうなると思う。

ただ、系統的にはヤマタノオロチの退治で有名なスサノオの7代目の子孫でもあるんですけど、

なんと言っても年少時代は、いじめ、使い走りで大変な思いをしていたわけです。

物語はあの因幡の白兎(ウサギ)から始まります

年少時代はオオナムチというのは若き日のオオクニヌシの名前でありましたが。

古事記の中ではオオナムチのことを「まがもの」つまり従者、使い走りだったと書かれています。

この因幡の白兎の話もそんな使い走りをされている最中におこったことなんですね。

兄貴達に沢山の荷物を背負わされて、ヤガミ姫という絶世の美女といわれたお姫様を一目みようと

いう兄貴達の使い走りです。そんな途中で毛皮をはいだ一匹のウサギが苦しんでいた。

兄貴達はウサギに「海水で洗って風に当って横になれば直る」という大嘘をつくのですが

ウサギは嘘を信じて行いますが、治るどころか益々痛くなってくる。そして一層苦しんでいるウサギ

をオオナムチ(のちのオオクニヌシ)がとうりかかります。

うさぎに「何をそんなに苦しんでいるのだ?」と聞くと

「実は隠岐の島から出雲にくるまでにサメをだまして渡ってきたが、最後のところでサメに

お前達はだまされたんだ!って言ってしまって、、、そしたらサメに毛皮をはがされたんです。

そしてさっき来た大勢の神々が(オオナムチの兄達)海水を浴びて風に当れば治るといわれたので

そのとうりにしていたら、ますます苦しくなっているんです」

それを聞いたオオナムチは

「すぐに川にいって真水で体をあらいそのまま、がまの花の花粉をとり敷き詰めてそこに横たわり転がりなさい

そうすればお前の肌はすぐ治る」と教えてあげてウサギがやってみると、すっかり直ってしまった。

オオクニヌシはウサギがサメをだましたことも責めず、ただ困っているウサギを助けてあげました。

人をだましてはいけないんだよという話でも有名ですね。

しかもそのときのオオクニヌシは沢山の荷物を背負わされ道中でもきっといじめられていたことでしょう。

自分も苦しかったはずだけど、目の前で苦しんでいるうさぎを助けた。

それからウサギはオオクニヌシに

「大勢の神々はヤガミ姫を手に入れることは出来ません、姫を手にいれるのはあなたです」と予言して

実際にそのとうりになりますが、これも後年の話でまだまだ使い走りでいじめられっこ時代は続きます。

これは、人をだましたり、軽んじたり、見下したりするものはヤガミ姫(社会ともとれる)から選ばれない。

ということの示唆にもとれますね。

いじめや使い走りにあっても、相手に復習してやろうとかあると思うけど、じっと辛抱できるまでして人に

優しく接することが大事なんだよ、ということを伝えているともいえます。

それはともかく、ウサギの予言を聞いた大勢の兄貴たちはまた、とんでもない行動に出ます。

なんでヤガミ姫がオオナムチの妻になるんだ!ってことで怒り、今度はいじめよりエスカレートして

オオナムチを殺してしまえって事になったわけですね・・・・。

日本再興の第一歩 アマテラスの伝言

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」の落ちこぼれ。日本にある素晴らしいものごとを国内外に広めていきたい。 それが私たちの想いです。長い歴史と四季のある気候に育まれた日本文化は、国内では衰退しつつある一方で、海外では日本の食文化、武道、芸道からコミック・アニメまでその愛好者は増加しています。 国内においては、日本の持つ素晴らしいものごとを見直し、海外においては、様々な商品にある歴史、ストーリー、想いを伝えていく。 日本のものごとが国内外へ広がり、その中で日本の文化や精神性に触れる機会を多く創出し、日本の素晴らしさを知って頂く事が、日本そして人類にとってもより良い社会へ繋がると考えております。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら
石川博信

最新記事 by 石川博信 (全て見る)

セミナー・研修情報 
*コロナ化の為一部個別相談としているセミナーも御座います。

時流を捉え、原点を見直し、未来を創る 進化道場バナー600
出版物を電子書籍化・再版で販売してみませんか? 電子化

●石川博信への執筆・講演・セミナーのご依頼はこちらから

●まだSNSで繋がっていない方はこちらから繋がれます

友達申請の際は一言「ブログを見ました」など頂けると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

関連記事

image

徳川家康の戒め  重荷が人をつくる、身軽では人はできない。

2017/01/14 |

武田信玄に三方が原での大敗したあとの肖像画といわれる 自分が大敗してどんな顔が描いてくれと書か...

記事を読む

acf31f8ba3c7008c3962214003b714b5

日本企業のコミュニケーション

2019/12/07 |

日本企業の底力を見ることができる静岡の株式会社コーケン 4世代+障害の方も一緒に働いている コ...

記事を読む

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891

工務店 経営 2月度セミナーと相談会

2019/02/01 |

    工務店 経営セミナー と2月度個別相談日のご案内です。...

記事を読む

img_5708

2020年以降の経済状況 未来から今を見る

2018/11/06 |

ダボス会議 2020年以降の経済予測 世界中のVIPが集まるといわれるダボス会議 その影...

記事を読む

JUバナー

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • Japanese Style: Exquisite Problem Solving Wisdom
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • THE REAL RICH LIFE: Unlock the Secrets of Relationships
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑