経営に役立つ古事記 イザナギイザナミの国産みと修理固成

公開日: : 最終更新日:2019/02/20 未分類

img_5864

国立能楽堂にて 幽玄の世界を現す能舞台

昨年ですが初めて能舞台を拝見しました。

伝統芸能の深さにふれたわけですが

とても良かった。

中でも音がよく、木を沢山使っている効果もあると感じました。

さて、少し前のブログで経営に役立つ古事記というものを

書きました。

もちろん偉そうな意味で書いているわけではなく

古事記を見ていると不思議と色々なことに

置き換えができるな、と感じて書いたわけです。

経営ももちろん、そもそも国の成り立ちからの

ことですから、政治や人生にも役立つかも知れないと

思うわけですね。それだけとても深いものです。

さて今回は

修理固成

という国産みのシーンについて少し触れたいと

思います。

image_nuboko

 

イザナギ、イザナミの国産み神話

イザナギ、イザナミは先に産まれた神々から

「あの漂う国をよく修め、理(つく)り、しっかりと固めて成り立つように」

これが修理固成ということです。

イザナギが手に持っているのが「天のヌホコ」というもので

まだ、固まっていない国の形を良い形にして理(つく)り、しっかり固めよと

言われているわけですね。

神様が創ったものであってもまだ完全ではない。

修理(改善)して理(しっかりした理念)をもち

固めよ(一致団結する)

というのは経営であっても通じる部分があるのではないでしょうか。

そして、イザナギ、イザナミは地上のまだ固まっていない国を

「コヲロ、コヲロ・・」といってかき混ぜて国を作っていくわけです。

この声をかけているが、経営では社員スタッフと見れば

経営者が声をかけている姿とも捉えられる。

そして、イザナギ、イザナミの神様が鉾を抜くとその先から

塩がしたたり落ちます。

その塩などが積もりオノコロ島という島になります。

日本が出来上がってくるわけですね。

そして、

二人の神様はその島に降りてすぐに行ったこと。

天の御柱を創り八尋殿という建物を作る。

このときに、

見立てるという言葉が出てきます。

見立てるについては本居宣長は

「そのことを身に受けて、自分のワザ(使命、役割)として知り行うこと」

としています。

この見立てるという記述は何度も出てきますが

それほどこの考えが大切だとうことを

伝えたかったのではないでしょうか?

八尋殿が会社とすれば天の御柱は

その中心、つまり社是であったり経営理念ともいえます。

見立てるというのも、

それが真ん中(経営理念)で間違いないだろうか?

それを見立ててよし!となり造りはじめ、更に

改善をしていくことで事業は成り立っていく。

古事記の国産みからはこのように見えるのですが

いかがでしょうか?

国でも、事業でも国産みの神事を置き換えて

今に生かすことができるのではないかと

考えた次第です。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら
石川博信

最新記事 by 石川博信 (全て見る)

関連記事

47055231c5aac498c1eaa412ab612e68

想いやりで志事を創る

2017/01/17 |

日本の元神といえる大国主 大黒様とも呼ばれる 想いやりで志事を創るってことですが、 この...

記事を読む

IMG_2662

世代を越えて愛される日本のお酒

2016/12/12 |

日本酒の酒蔵 いい雰囲気でした 世代を越えて愛されるものって色々ありますけどその中で日本で言え...

記事を読む

books-2-638

松下幸之助 一番大切なことは素直な心

2018/11/30 |

松下幸之助 素直な心 松下幸之助は著書も多く出しているが、一番大切なことの筆頭に あげて...

記事を読む

51qrqqp2cql-_sx299_bo1204203200_

好まなくても監視社会へ向かっている

2018/09/16 |

    監視社会は誰が誰を監視しようというのか スノーデン。元...

記事を読む

追客新手法

感動経営説明会

チーム力向上

歴史観研究会

バザール

  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • 障害者アートプロジェクツ
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
PAGE TOP ↑