サンキューメールで御礼を済ますか?お礼状を出す仕事か?

公開日: : 最終更新日:2017/02/10 未分類

いいやま湯滝温泉

 日本は温泉天国で恵まれている

ホント日本は四季折々で楽しみがありしかも北海道から沖縄まで亜寒帯から亜熱帯まで

抱えているため、季節も観光も沢山楽しめますね。温泉なんか入っていると日本はいいなーって

感じる至福のひと時ですが、皆さんはいかがですか?

11月が決算月である当社では先月末~今月初頭まで慌しく動いています。

まだまだこの動きの激しさはあるかもしれないけど、少し知恵を使って活動していきたいなー!

とも考えているこの頃です。

志事がら決断をすることが多いし、もちろん一つ一つを大事にしないとならないと思うけど

やっぱりスピード感は大事だなって思う。おたおたしてて、行動しないよりも、もしかして失敗するかも

しれないけど、まずやってみようって行動起こせることが大事だとより感じるようになってます。

そして志事における基本的行動や考えがホント大事だと痛感しているこの頃です。

会社によっても違うかもしれないけどね。

例えばお辞儀 挨拶

明るくハキハキした挨拶と小さい声や元気のない声は相手も元気にならないし、むしろ心配になってくる。

お辞儀でもしっかりされると、商品を買わなくても、よい印象を受けますよね。

日常のほんの少しの事かもしれないけどそこれが凄く大事なって感じる

会社の電話をとったりしても、なにがあったか分からないけどやたら不機嫌な担当の方とか、いるじゃないですか。

そんなことあったら勿体ないですよね?

御礼の葉書も大事

初対面の方とか目上の方もそうだし、サンキューメールで済ますのが多いかもしれないし(これはこれでいいと思う)

でもね、やっぱりご縁が合った方には御礼状くらい出すことが大事だと思う。

これは基本的なことだと思う。

というか、そんなことくらいやろー!ってホント思う。周りでは(僕を含めて)あまり取引先とかから御礼状をもらわない。

だからもしかしたらそれがスタンダートなのかもしれないですね。

もしかしたらそのご縁で凄い仕事ができるかもしれない。ま、こんなヨコシマな考えでなくても

自分の志事でどうしたら相手に響くか?喜んでもらえるかってことですね。

これを考えて行動できることが大事ですよね。

大げさかな?って思いつつ、ちょっと思ったことがあるんですね・・

いいか悪いか、ということではありませんよ、念のため。

志事一生懸命出来ないって、人生も一生懸命じゃないんじゃないかてふと、思った。

人生ってどっかでやんなきゃいけない時ってあると思うけど、シゴトで一生懸命やらない、

出来ないって凄くもったいないって思う(あくまで僕の私見です)

趣味に生きるもいいしね、それは人ぞれぞれでいいと思う。でもシゴトは人生の中でも

凄く時間を取るし、もちろんそれこそ人生の1部になっていると思う。

そしてシゴトは相手がいる、そして共にはたらく仲間がいる、お客さんがいる。当たり前

だけど、自分ひとりでは成り立っていない。

自分のためでなくても相手のためでも一生懸命やるって凄いことだと思う。

で、僕の経験上でいうと中途半端にしているときことそ、シゴトでも疲れる。ホント気合入れて

やっているときは不思議に疲れなかったりする。

そして、時間をどう使おう、シゴトに工夫するようになる。スピードも図ろうとする。

結果いい仕事が出来るようになるということ。会社員であれば職位が向上したり責任ある立場へ

近づいていく、いわゆる出世コースですね。でも、反対にシゴトに一生懸命でないとどんな才能がある

社員であっても段々出世もできない、責任あるシゴトもできない。そしてシゴトもいい加減になってくる。

これは、相手にも不思議に伝わるものです。

そんなことで、今、あるところで一生懸命やろう、自分のベストをしっかり出そうって。

そして日本に限らず礼儀、挨拶、御礼は社会人として当たり前です。

極論だけどサンキューメールで済ます仕事か、お礼状までしっかり出す仕事か?

選択は自由にできるけど、自分の仕事はどっちまでやるべきか?考えてもいいかと思う。

 

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら
石川博信

最新記事 by 石川博信 (全て見る)

関連記事

drs9bdrvyaa5scc

同志企業勉強会 工務店業界 11月追客の方法と各社の成功事例

2018/11/10 |

同志企業勉強会 工務店業界 テーマは追客と成功事例 同志企業勉強会とは 仕事を通じて良い社会...

記事を読む

100000009000505437_10204

夢は紙に書くと現実になる

2019/05/28 |

夢は紙に書くと現実になる。 紙に書けば現実になるというのは それだけで? と疑いた...

記事を読む

51ZV6H61THL

大断言 想念の力を活用する

2016/10/01 |

塩谷信男氏 大断言 塩谷信男氏は残念ながらなくなってしまいましたが、氏の話はとても楽しいもので...

記事を読む

kojikiden1

本の由来や意味

2016/10/25 |

日本最古の書物とされる古事記 写真は本居宣長が編纂したもの 元々「本」という漢字自体が「木」と...

記事を読む

追客新手法

感動経営説明会

チーム力向上

歴史観研究会

バザール

SNSセミナー

  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • 障害者アートプロジェクツ
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
PAGE TOP ↑