It is believed in Japan to see divinity in everything.

公開日: : 最終更新日:2020/05/10 未分類

images

It is believed in Japan to see divinity in everything.

Speaking of all things, there is life in things and people.
That’s the idea.
In Japan, this idea has been around since ancient times,
and it has been believed that there are eight million gods.
It has been handed down to the present.

Let me give you a few examples.

p2082582-375x500-e1518497518721

img_5765-400x300

This is a memorial service for the needles that are no longer used.

dsc03181

An ancient, needle tomb has been found.

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-1

This is an offering of a doll.

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-2
There is also a doll’s grave.

img_4791e7aa06e6581d587756c6ad89082e17172

What could this be?
We are making an eyeglass offering.

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-3
There is also a grave in the glasses.

unnamed

This is making a brush offering.

To these, we are making an offering because we see life.

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-1

This is an exorcism of the car.

Here’s another interesting example.

img035

I’m a high school baseball player and I’m thankful for the ground.

There is only a ground here.
That’s where I’m grateful.

jog20170801-650x401

The same way judo players thank the dojo.

In Japan, there has been a culture of votive offerings since ancient times.

170328141812q4mw_l

meiji-shrine-barrel20180121

We give thanks to God and dedicate the best of the earth’s vegetables, sake and rice.

 

dsc_0209-1024x684

20170106s00005000293000p_view

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

In addition to objects, tea ceremony, martial arts, Noh theatre, songs, etc. are also dedicated.

This kind of culture has had a great impact on Japan.
In Japan, we take great care of things.
That’s because it has life in it.
This shows up in cars, appliances, cooking, and many other places.
It’s not just about making things or consuming them.
That is the life and work of Japan to see the divinity.
Shrines and other places in Japan are also relatively clean and tidy.
This is also influenced by the idea of seeing divinity everywhere.
There’s not a lot of superfluous stuff and it’s simply organized.
Even in Japan, there are many companies that are organized and neatly cleaned. And most of the time, cleaning and organizing is done by employees.
There aren’t many companies that would ask a janitor to do this for them.
In places that are cleaned up, shrines are the epitome of that.
Actually, there is another meaning to this cleanliness.
It means that the God of money loves cleanliness.
It is said that it is especially important to keep the entrance and toilet clean.
Earlier.
The word “mottainai” (mottainai) has become popular.
How can you throw things away when there is still life in them?
That’s what I mean.
How was it?
Do you understand the Japanese idea of seeing life in all things?
Since it is all things, we will see the divinity in people as well.
Some people have trouble coming from abroad.
As for not stealing a fallen wallet.
What good is it to look at yourself from heaven?
I think it’s because I’ve got the idea that I’m going to be able to do this.
I hope you can understand the Japanese spirit and culture, even if only a little.
Thanks for reading to the end.
幾つか例を出してみます。
これは何かわかりますか?
これは、使い終わった針を供養しています。
これは最近始まったわけではありません。
古代の、針の古墳が見つかっています。
これは人形を供養しています。
人形の墓もあります。
これは何でしょうか?
眼鏡供養をしています。
眼鏡にも墓があります。
これは筆の供養をしています。
これらに、生命を観るから供養をしているのです。
これは車をお祓いしています。
他にも、面白い例があります。
高校野球の選手ですが、グラウンドに礼をしています。
ここには、グラウンドしかありません。
そこに感謝をしているのです。
柔道の選手も同じように、道場に礼をしています。
日本には、古来より奉納という文化があります。
神様に感謝を捧げ、大地から採れた野菜、お酒、お米、も最高のものを奉納します。
モノだけでなく、茶道、武道、能楽、歌、なども奉納されます。
このような文化は日本に大きな影響を与えています。
日本では、物を大切にします。
それは、生命が宿ってるからです。
これは、車、家電製品、料理など色々な所で現れています。
ただ、物を作る、消費するということではありません。
そこに、神性を観るのが日本の生活や仕事です。
日本の神社や他の場所も比較的キレイに掃除されて片付いています。
これは、何処にでも神性を観るということも影響されています。
余計なものがあまりなく、シンプルに整理されています。
日本の会社でも、整理されキレイに掃除されている会社も多くあります。
そして、ほとんどの場合は、掃除も整理も社員で行います。
掃除夫に頼むような会社はあまりありません。
キレイにしている場所では神社はその典型です。
実はこのキレイにするということにはもう一つの意味があります。
それは、お金の神様はキレイ好きということなのです。
特に、玄関やトイレはキレイにすることが大切といわれています。
以前ですが、
(もったいない)という言葉がはやりました。
まだ物に命があるのに捨てるなんて。
そういう意味です。
如何でしたでしょうか?
日本の万物に生命を観るという思想はわかりましたか?
万物ですから、人にも神性を観ることになります。
外国から来て困った人がいたり、
落ちている財布を盗まないというのは、
天から自分を見てどうすることが良いのか?
という考えも身についているからでしょう。
少しでも、日本精神や文化が分かってくれると嬉しいです。
最後まで読んでくれてありがとう。
The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

120826

電子書籍は急拡大する

2017/01/13 |

スマートフォンの普及で電子書籍はより身近に まだまだの感のある電子書籍市場だけど、僕はこの先、...

記事を読む

66631d39

松下幸之助 根源の社 危機は危険と機会の両面を持っている

2019/08/01 |

松下幸之助 根源の社で祈る姿 常に、事業が根源から見て宇宙の生成発展に役立っているか 社...

記事を読む

hanamoyu

大志でいこう

2016/10/05 |

大河ドラマ 花燃ゆ 吉田松陰の塾生への語りかけ 「君の志はなんですか?」 おーーーーこれ聞か...

記事を読む

IMG_5340

仕事が成長しない人は原因がある。

2017/12/08 |

画期的な商品だったウォークマン ソニーが開発した 戦後のベンチャーとしてとトランシーバーから始まり...

記事を読む

追客新手法

感動経営説明会

チーム力向上

歴史観研究会

バザール

SNSセミナー

  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • 障害者アートプロジェクツ
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • 日本の偉人の仕事術(英語版)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
PAGE TOP ↑