I would like to introduce you to a unique Japanese person.

公開日: : 最終更新日:2020/05/10 未分類

fgdfg-2

I would like to introduce you to a unique Japanese person.
Would you be surprised to hear that your food is affected by your fate?

There was a fortune teller in the Edo period called Mizuno Nanboku.

His fortune-telling was very popular because of his great accuracy rate.

How did the divination come to be so good?
Unlike your average fortune teller, what kind of food does the person eat?
In his own research.
Doesn’t food also determine our fate?
This is what I found out.

In his tumultuous life, I’ve learned
Food can change a person. It even changes your personality. Destiny changes.
I understood that and put it out in a book.
The book became a bestseller even in the Edo period.

He says.

The body is made by food and the mind is made by words.
Words are an expression of thought.
If you use good words, good things will happen.
If you use a bad word, bad things will happen.

And words are precious things that can only be given to humans.

81hm9qanssl

Take a look around you.
If you are not in good health, prone to illness, or have bad luck
Are you complaining or using bad language?

If you only use good words, it will open up your personality and your luck.
A bad word calls a bad thing.

And the important thing is to be grateful.
Even when we eat our food, when we eat it with gratitude, it opens up our luck.

About the food.
He did a lot of research.

He had a rough life before the fortune teller.
On one occasion, a priest of a temple
“You’re in a state of death. Be frugal with your food and eat less.
I was told.

When I met the abbot after I had done as I was told, the death aspect had disappeared.

Does food even change your destiny?
He became interested and began it research.

He was first apprenticed to a barber.
He then observed the phases of the head.
Later, I worked at a public bathhouse and observed the human body.

Furthermore, they went to the crematorium and examined the body.
Later, he also studied Shintoism, Buddhism, and history.

There was an important realization in the corpse.
People who have committed crimes or passed away with poor language are not clean gutted.
On the contrary, people who have been lucky, eat less during their lifetime, and are said to have a good personality are
Even the entrails were clean.

unnamed

From studies such as this one
He says he came to the conclusion that food can change your destiny.

One of the strongest human desires is the desire to eat.
He explained that it’s important to know how to control the desire to “eat.

This led to the preaching of “Be humble and gluttonous.

He listened to the person’s eating habits in detail during his Guangshang and did not deviate from his prediction.

What do you think?

Some people used to do interesting research.

i-img841x1200-1583901910y5jkya472886

 

In japanese

個性的な日本人を紹介したいと思います。
食べ物が運命を左右すると聞いて驚きませんか?

江戸時代に水野南北という占い師がいました。

彼の占いは非常に的中率が高いことから人気がありました。

どうしてこんなにも占いが上手になったのでしょうか?
一般的な占い師とは違い、どんなものを食べているのか?
その人自身の研究の中で
食べ物でも運命が決まるのではないか?
ということがわかりました。

その人の波乱万丈な人生の中でわかったことは
食べ物は人を変えることができます。性格さえも変えてしまう。運命が変わる。
それを理解して本にしました。
その本は江戸時代になってもベストセラーになった。

彼は言う。

肉体は食べ物で作られ、心は言葉で作られる。
言葉は思考の表現である。
良い言葉を使えば良いことが起こる。
悪い言葉を使えば悪いことが起こる。

そして、言葉は人間にしか与えられない貴重なものです。

自分の周りを見渡してみてください。
体調が悪かったり、病気になりやすかったり、運気が悪かったりすると
愚痴を言ったり、悪い言葉を使っていませんか?

良い言葉ばかり使っていると、性格も運気も開きます。
悪い言葉は悪いことを呼びます。

そして大切なのは、感謝の気持ちを持つことです。
食べ物を食べるときも、感謝の気持ちを持って食べると、運気が開くのです。

食べ物について。
彼は色々と調べてくれました。

占い師の前は荒れた生活をしていた。
ある時、あるお寺の住職が
“死 “に向かっている状態です。食事は質素にして、食べる量を減らしなさい。
と言われました。

言われた通りにした後に住職に会った時には、死の側面は消えていました。

食べ物で運命が変わるのか?
彼は興味を持ち、研究を始めた。

最初は床屋に弟子入りした。
そして、頭の相を観察した。
その後、銭湯で働き、人体を観察した。

さらに、火葬場に行き、遺体を観察した。
その後、神道、仏教、歴史の勉強もした。

その遺体の中に重要な気づきがありました。
犯罪を犯した人や言葉遣いの悪いまま亡くなった人は、きれいな内臓ではありません。
逆に、運が良く、生前に食べる量が少なく、性格が良いと言われている人は
内臓まできれいでした。

このような研究から
食が運命を変えることができるという結論に至ったそうです。

人間の最も強い欲求の一つに「食べたい」という欲求があります。
その「食べたい」という欲求をどうコントロールするかが重要だと説いた。

これが「謙虚にして大食漢になれ」という説法につながった。

彼は観相の間、その人の食生活を詳しく聞き、予言を逸脱しなかったという。

あなたはどう思いますか?

昔は面白い研究をしていた人もいました。

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

121204

電子書籍化は加速的に広まる

2016/11/14 |

電子書籍化は加速的に広まる 以前からあったPDFになった書籍を読むのではなく、格段にデジタルの...

記事を読む

IMG_2694

本物の醤油

2016/05/25 |

本物の醤油 いつもお世話になっている大谷さんご夫妻から頂きました。 本物の醤油っていうと...

記事を読む

takamitsu-honda-nikkei-design-magazine

オリジナリティーある仕事 独自化を進めよう

2016/11/17 |

日経デザインでも特集 プレジデントにも掲載された 私の友人が特集されしたが、頑張ってますね~ ...

記事を読む

勉強

本を出版したい方へ 文章力の上達を考える

2016/10/29 |

何事も練習は大事ですね 読み手が読みやすい文章や、語彙、言い回し、表現方法もまず質より量で沢山...

記事を読む

経志道場

メディア化真価道場

JUバナー

追客新手法

バザール

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • 日本の偉人の仕事術(英語版)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑