武田信玄 戦国最強と言われた武将

公開日: : 未分類

asageibiz_15165_0e98_1

戦国時代最強と言われた武田信玄

武田信玄について話したいと思います。
武田信玄は、皆さんもよく知ってるかもしれませんが戦国武将の中で、最強と言われたことも
ある武将です。
小さい頃から、非常に優秀で、若い時期に父親を追放して、甲斐、今の山梨県の領主となった。

そこから隣の信濃、今の長野県ですね。
群馬あと一部、静岡の方まで全体的に勢力をを広げていきます。

戦いが非常に上手だったわけですが、
旗印にある風林火山。

これは孫子の兵法の中にある部分を取っているわけなんですね

信玄がいうには、戦いというのは、100%買っちゃ駄目だよと。

半分つまり50%の勝ちこそが一番いいと。
その次に7割。
ということを言ってるんですよね。

どうしてかっていうと、50%半分勝つということは、あと半分どう勝つかということを、工夫し反省する。

7割も勝ってしまうと、ほとんど安心してしまう。
全部買ってしまうと、驕りを生むということをと言っていたそうなんですよね。

 

4511_03

信玄の墓地

7割も勝ってしまうと、ほとんど安心してしまう。
全部買ってしまうと、驕りを生むということをと言っていたそうなんですよね。

有名な話をしては、合議制というものがあります。
自分の城を持たないで、家臣団にそれぞれの領地を任せるという領国経営をしていたんですけども、

これ実は信玄の有名な言葉で、人は石垣、人は城、人は堀情けは味方、仇は敵。

という言葉に示されるように、褒美もあるけど、責任もあるよと。

家臣というのは、自分の分身だから、自分と同じ責任を持って働かないと駄目だよということの、
戒めでもあったというふうに言われています。

もちろん非常に慈悲深いあったり、家臣思いであったっていうことは、間違いがないんですけど、反面、厳しさもあったということ。

信玄というと、やはり好敵手である上杉謙信です。
謙信との戦いにおいても、両雄ゆずらずで、2人とも凄い武将ですから、なかなかやっぱり決着はつかない。

上杉謙信とのエピソードで面白いのが、武田信玄が先に亡くなったときのこと。

今まで何度となく戦っていた。武田信玄ですから当然敵なんですよね。
しかし、敵ながら、お互い通じているし部分があったんでしょうね。

謙信の領地では、喪に服すということを行っています。
敵に対しての配慮、それから息子勝頼の代になると、もう織田信長だんだん勢力を増してきたっていうこともあって、一時期同盟を組んだりもしています。

謙信と、信玄の関係っていうのは、もちろん直接話したってことはないにしても、
お互いにいろいろ認め合ってたっていうことが伺えるですよね。

 

ab891b03652c9e0499cc97480e969f76

信玄の言葉 示唆に富む言葉を残しています。

治世では例えば金山の開発ですとか、今も残ってる信玄堤という川の堤防をつかった。

土木工事をして、、水氾濫っていうのがあると、非常にその年のお米の取れ高ですとか、野菜の時期に影響してきたんですよね。
こういったことをしっかり領地としても抑えようと。

また国造りでは、法というものを実は大切にしてるんですよね。

自分よりもこの法に従うべきだということで、まず自分自らが従っていくという姿勢を見せています。

これもなかなか、当時のですね、この戦国時代というところにあって、なかなか出来ないじゃないかなというふうに思います。
信玄が、亡くなるときにですね、息子には、武田勝頼にですね、隣のライバルであった。

上杉謙信を頼れ。それしか武田が生き残る道はない。
ということを遺言として残しています。

つまり、情報にも通じていましたから
この先、信長と戦ったり、天下を目指したりというようなことは、望ましくないということを考えたんでしょうね。

この辺りは非常に冷静に自分の後継者としても、見ていたというふうに考えられます。
実際には、武田勝頼は非常に優秀な武将だったにも関わらずですけどね。
最後には負けてしまったっていうことがあります。

この戦国武将武田信玄。私も好きな武将の1人なんですけども、よく見るとですね、
今の社会にも十分通じるような、組織の運営、それからリーダーとしてのあり方。

外交の方法たくさん学べるところがあるんじゃないかなというふうに思います。

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

セミナー・研修情報 
*コロナ化の為一部個別相談としているセミナーも御座います。

大局・原点・天命からありたい未来への羅針盤を創る 進化道場バナー600
オンライン商談・ソーシャルメディアで事業を加速させる メディア道場
出版物を電子書籍化・再版で販売してみませんか? 電子化

●石川博信への執筆・講演・セミナーのご依頼はこちらから

●まだSNSで繋がっていない方はこちらから繋がれます

友達申請の際は一言「ブログを見ました」など頂けると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

関連記事

imgd83be2cbzikfzj

アメリカンドリームを実現した伝説の事業家 マイク山野を描いた 「

2020/09/02 |

梶山季之の経済小説が好きだった 沢山の作品の中で特に勇気を貰った本が、「俺は歩いていく」という...

記事を読む

51ZV6H61THL

大断言 想念の力を活用する

2016/10/01 |

塩谷信男氏 大断言 塩谷信男氏は残念ながらなくなってしまいましたが、氏の話はとても楽しいもので...

記事を読む

xkonosuke-matsushita-responsibility-jpg-pagespeed-ic-zhkrg4tppp

松下幸之助 経営について

2020/01/28 |

松下幸之助 経営について多くの示唆を残しています。 経営者では知らない方はいないであろう ...

記事を読む

twitter_3d_button_v1_0_by_ragnarokkr79-d3laffv

他罰的な発言や行動は自分に帰ってくる

2016/12/24 |

他罰的な発言や行動は自分に帰ってくる 最近とても感じることで、自分自身は良い仲間に恵まれたな~...

記事を読む

経志道場

メディア化真価道場

JUバナー

追客新手法

バザール

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • Japanese Style: Exquisite Problem Solving Wisdom
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • THE REAL RICH LIFE: Unlock the Secrets of Relationships
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑