人生の羅針盤とは 中村天風の言葉

公開日: : 最終更新日:2017/02/10 未分類

70b58e1c6e89e9a64c173b6a8fe27050

地図と方位が分かるから航海でも目的地につける

「地図は社会、そして羅針盤は信念であり天命でもある。

いつ何処まで着きたいか?

羅針盤があれば目的まで最短距離でたどり着ける。

羅針盤がない航海はぼろ船で荒波に出るような航海。

即ち、羅針盤は人生でも仕事でも大事な方位を示すもので

とても尊いものである。

羅針盤を見つけたら心に刻み、常に羅針盤とにらめっこして人生という航海を進むのだ。

その先は栄光があるのみである」

中村天風の言葉

志事での羅針盤は、

 

ビジョン・・志とも言える 志は夢と違い、自分のためが夢に対し、社会の為が志といえる。志を一文で表現する

ミッション・・天命ともいえる。一文字で、そして動詞でも表現できる。

ストラテジー・・戦略だが、計画ともいえる。航海でいえばいつ何処までに到着するか?これを定めたもの。

 

人生でも同じことが言える。

それぞれ掴み方、探求の方法もありますが、やはり意識の力が大きいと思うんです。

ストラテジーは、人生でも志事でも、航海の到達点を具体的に割り出したもので地図の大きさ

そして距離が決まります。志事でいえば何処まで広げたいか、そしていつまでに?ということが

これで定まります。中期計画ともいえますね。年間、月の計画、そこから週、日、時間と割り出していけます。

 

ビジョンは、志ともいえる内容で、人生で、事業で一文で表現できるもので、どのような世界観を表現するか?

目指す方向ストラテジーが達成できたとき、達成に向かう途中であっても、一文で表現する姿ともいえます。

旗ともいえますね。

 

ミッションは一番コアな部分で、核ともいえることで、とても抽象度が高いものになります。

一言で表すものになり、核ですから全てそこから派生するもの、そこへ還るものともいえます。

一言で、更に動詞でも表現できるものです。

僕も、人生で、会社で創ったけど

頭から湯気が出ます(笑)

それ位大変だった。

出来た以上は常に見直してここから進捗を確認していく。

とりわけ大変だったのが、先祖からの想いをどう汲むか?ということだった。

今の自分を物体としての自分でみるか、先祖から含めた自分でみるかで

見方がまるで違う。

そのためには先祖がどのような方だったか?ということは家系まであたり

見ていくことも必要だった。

時間はかかったが、どんな想いを、そして考えを持っていたかということは

全てでないかもしれないけど、掴むことができた。

そうするととても崇高な想いが見て取れた。社会に対する想い、家族に対する想い

いづれもとても崇高だった。

そしてそれをビジョンに、志に落としこみ、更にストラテジーまで発展させて

初めてこの世で具体的な活動の羅針盤になっていく。

羅針盤ができれば後は全て具体的な課題をどう対処するか?という明確な話になってくる。

大事にすべきもの、そうでもないもの、今何が必要かとかはっきりわかってくる。

もっと面白いのは人の話を聞いて、一時の感情で言っているか、理性から話ているか、そして

魂というか本質的なところから話しているか、何故か分かってくる。

実際に人の話はほぼ感情から話している、面倒だ、考えたくなくない、つまらない・・という

ネガな所もあれば、理性からの話では、客観的なことので精度が結構出てくる。

魂からの話は滅多にないが、直観的なこと、そしてこれは目、そして顔の表情まで違うので

すぐ分かる。

羅針盤を創る際の副産物でした。

羅針盤はだれでも創ることができる。

反面、自分で創ってみると他の話をきいてこれは凄いな~とか、ちょっと考えたとか、

あまり考えてないということも見えてきてしまう。

今生を目的達成したいとか、面白く行きたいとかということであれば特におススメしたい

羅針盤創りですね。

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら
石川博信

最新記事 by 石川博信 (全て見る)

関連記事

茶道

侘びの心

2015/02/20 |

「侘び」って言葉を聞いたことであると思いますが、日本文化の特徴を示す言葉 だと思います。 「侘び...

記事を読む

takamitsu-honda-nikkei-design-magazine

オリジナリティーある仕事 独自化を進めよう

2016/11/17 |

日経デザインでも特集 プレジデントにも掲載された 私の友人が特集されしたが、頑張ってますね~ ...

記事を読む

img_0343

獅子舞の起源 戸隠神社思兼命

2019/01/07 |

元旦の獅子舞 毎年恒例です 元旦の獅子舞を僕の地元では行っていますが 皆さんの地...

記事を読む

120826

電子書籍は急拡大する

2017/01/13 |

スマートフォンの普及で電子書籍はより身近に まだまだの感のある電子書籍市場だけど、僕はこの先、...

記事を読む

追客新手法

バザール

  • とっておきの見込み客発掘法
PAGE TOP ↑