今やることをやりきろう

公開日: : 最終更新日:2017/02/10 未分類

茶道

侘びの精神が表現されるお茶の世界観

侘びの美しさは今出来ることを精一杯してお客様をもてなすという

精神にあり、お客様に最大限心を尽くすということにあります。

そしてお客様にも客ぶりが求められます。

そして場が形成されるという考えですが、実際味わうとなんとも言えない

よい気持ちに成りますね。

ちょっと前置きが長くなりました。

今やれることをやりきろう

って話ですね。

人それぞれやれることって違うし、もちろん能力も違う。

しかし、今の連続が人生でもあり仕事でもある中で

今、10の力がある方が8の力しか出さなければそこには手抜き

そして美しさはない。

10の力をもったひとが10の力を出し切るところに美しさがある。

そして10の力を出し切ったあとには、また新しい力が生まれてくる。

今を全力でやれることで素晴らしい未来も見えてくると思う。

何も力んで行うことばかりではなくて、楽しんでやれることも沢山ある。

楽しんでやる中では、つらさも苦しみもあるかも知れない。

それも含めて楽しんで進むっていうことは難しく感じるかもしれないけど

意識次第の部分が大きいと思う。

やるきるって簡単にいうけど、やりきりクセって大事かと思う

例えば志事でいえば、自分の分量ってある程度捉えて置かないと中々予定どうりに行かない。

この仕事で言えばこれ位時間がかかるとか意識してみることが必要ですね。

僕の場合はどうかいうと、重要な事ですぐやらないといけないというものはやはり早めのスケジュールで入れる。

そのあとは、重いものから優先してスケジュールを組む。

最初重いもの⇒中くらい⇒軽いもの・・という順番ですね。

僕も昔だけど、軽いもの⇒中くらい⇒重いものという順番でやっていた。

ところがほとんどやりきれないということを気付いた。

そこで色々工夫して見たんですね。

それで順番を変えて、重いもの⇒中くらい⇒軽いものという流れにした。

今ではその流れで行うことでやりきれないことが稀でほぼやり切れるようになった。

最初に重いものってありますよね?

これは分解するとよいと思うのです。重いものも小さなことが集まって大きく重い

ことになっているから、分解して、幾つかに分けて行う。

それで、随分違ってくると思います。

時間は公平に皆にあるわけだからどう活用するかは工夫次第とも言えます。

やり切れる順番をどう作るか?

参考になれば幸いですね。

因みに、僕は大体夜、もしくは朝にスケジュールを創るけど、10のうち10というのは

創らない。もう人分張りというのが大事だと思っているから、

11、もしくは12まで創ってしまう。

それをどうやったら出来るか?って考えながら進める感じですが、年間や半期それから

月次など少し期間が長いところでのことはじっくり考えたいから

会社ではなくて自宅で行うことが多いですね。

僕はこの考える時間というのは凄く大事だと思う。

会社きて、ほら進めようって習慣のように進めるのは地図がない航海のようなもので

フラフラして結局スピードも遅い、期日もずれる、やりきれないってことに繋がるかと

思う(当っているか分かりませんが、大勢の部下を見てきての感覚的なことですが)

最初は特に8位でもいいかも知れませんね。

とにかく1日やり切ることを必ずやり切るってことが大事で、

その志事くせをつけようってことです。

まず出来ることから確実にやりきっていくということが大事です。

今出来ることをやりきるというのはとても大事でそして美しいことだと思うんですね。

やりきりくせ、出来ると一生の宝だと思うけどどうでしょうか?

 

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

%e3%80%8c%e5%91%89%e8%b6%8a%e5%90%8c%e8%88%9f%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%95%85%e4%ba%8b%e3%81%ae%e5%9c%b0%e5%9b%b3

呉越同舟 目標達成の為に時には必要

2019/02/02 |

  呉越同舟 大同団結と似ている意味ですね。 元々、春秋時代に隣国であった呉という国と越...

記事を読む

nobunaga

常識という霧にとらわれない。織田信長が現代にいたら

2017/01/04 |

戦国武将 織田信長稀代の風雲児です 三が日も明けましたね。今日がシゴトはじめという方もいるでし...

記事を読む

Karate1

ビジネスマンでも練習は必要

2017/01/08 |

プロほど練習は必要 武道でもスポーツでも練習は欠かせませんよね。 でもビジネスマンはどう...

記事を読む

ダウンロード (1)

きれいごと

2017/01/25 |

きれいごとをしようじゃないか 社会の中でも「そんなことできない」「無理に決まってる」「おかしい...

記事を読む

経志道場

メディア化真価道場

JUバナー

追客新手法

バザール

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • 日本の偉人の仕事術(英語版)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑