「ばかもの、若者、よそ者」から新しい価値が生まれる

公開日: : 最終更新日:2022/01/22 未分類

title_photo

写真は、ウイスキー

に生涯を捧げたニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝。

彼を“マッサン”と呼び、故郷を遠く離れた日本で共に生きた妻・リタ。

時代を変革するのは「若者、ばか者、よそ者」です。

当時は、無謀といわれたことを紆余曲折をへて

日本のウィスキーを作り上げた。

今では、日本のウィスキーは世界中で愛されるまでに

いたっています。

新しい価値は昔から「異端」が創ってきた。
異端になることを恐れるより、現状に満足し挑戦しないことを恐れよ!
BY 本田宗一郎

NHKの大河ドラマでも幕末の長州のドラマがありました。
当然、最初は受け入れられない、相手にされない。

しかし、結果は長州や薩摩などの志士達が新しい時代を創っていった。

当時の江戸幕府というのは強大で

どう考えても政権がひっくりかえるような

政権ではない、そこで諦めていたら

明治維新はなかったでしょう。

幕末の志士は、よく知られているように

藩の中でも、決して身分が高い人たちではなかった。

その彼らが本氣で動いたからこそ、
明治維新になるわけです。

avxeafr4936529

戦国時代も織田信長が有名です。
最初は年少ではうつけと言われていた。しかし彼からすれば
戦にしても、日常生活でも、理不尽と思えることが多かった。
もちろん殿様の若君という立場で、出来るということもあったでしょう。

私の親友で日本でも有数のラーメンチェーンの創業者がいます。
今でこそ、日本のラーメンは世界中に進出していますが、10年以上前にアジア、アメリカに進出していた。
日本ではまた4,5店舗のころです。

海外に進出するときいて、同業者や周りからは「やめとけ」「成功しない」などいわれたそうですが、

「なにいってるんだ、日本で成功したもので他国で成功しないはずがない!」
ということで、当時は上海、香港、台北などいき出店していき、結果は成功した。

その親友は
「他人のたわごとなんか、聞くだけむだ。なんも考えてないからね。勿論然るべき人の話はきくよ。でも親友とかに限っては
やっぱりやるしなないでしょう!というか、やらないの?って言われてね。もちろんだ!と進めてみて結果は良かった」

よく業界基準とか言葉がある。
宿泊施設にしても、「星野リゾート」もそう。現状がこうだからということでは発展はなかった。

建築業界でも、省エネ、耐震、デザイン、価格の売りの会社は多くありますが、サービスを売りにしている会社がもっと出てきて
良いと思う。高額な買い物でめったに出来ないものだから。SNSの普及ということもあり、サービスを売りにする会社が出てきたら
強いだろうな~って思います。まだまだ顧客本意でないこと、顧客にできることって一杯あるんですね。

社会はどんどんより良い社会へ向かって進んでいる。
その為の変革、挑戦は素晴らしいと思います。

「若者、ばか者、よそ者」

新しい価値をどんどん築くことがいい社会になる礎になる。
挑戦を恐れず進みたいと思います。

今、コロナで社会変革が必要なことは

明らかです。

そして次に向かって動いている方達も出てきています。

それは一見すると、非常識で少し胡散臭いように見えるかもしれません。

戦後でも、闇市というのがありました。

いち早く、バラック小屋で何処からともなく物資を集めて

商売を始めた人たちもいた。

そして闇市を始める人よりも

当然買う人の方が多かった。

戦後の闇市から大成功した方は多くいます。

少し前でもネットバブルで

ユーチューバーとかアフィリエーターとか

今まで聞いたことがない、なかった仕事が

隆盛をしていました。

これも、今では社会的に認知されている方もいる位

になりました。

時代が大きく変わるときには

ピンチもあればチャンスもある。

そのチャンスに恐れずに進んでいっている人たちが

最初の利益をとることが出来る。

時代の変化が大きければ大きいほど

そのチャンスも大きいということですね。

もちろん反面危機もある。

最大の危機は何もしないこと、というのは

歴史が証明してくれています。

何処にチャンスをみるか?

そして行動できるかが大切なことですね。

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」の落ちこぼれ。日本にある素晴らしいものごとを国内外に広めていきたい。 それが私たちの想いです。長い歴史と四季のある気候に育まれた日本文化は、国内では衰退しつつある一方で、海外では日本の食文化、武道、芸道からコミック・アニメまでその愛好者は増加しています。 国内においては、日本の持つ素晴らしいものごとを見直し、海外においては、様々な商品にある歴史、ストーリー、想いを伝えていく。 日本のものごとが国内外へ広がり、その中で日本の文化や精神性に触れる機会を多く創出し、日本の素晴らしさを知って頂く事が、日本そして人類にとってもより良い社会へ繋がると考えております。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら
石川博信

最新記事 by 石川博信 (全て見る)

セミナー・研修情報 
*コロナ化の為一部個別相談としているセミナーも御座います。

時流を捉え、原点を見直し、未来を創る 進化道場バナー600
出版物を電子書籍化・再版で販売してみませんか? 電子化

●石川博信への執筆・講演・セミナーのご依頼はこちらから

●まだSNSで繋がっていない方はこちらから繋がれます

友達申請の際は一言「ブログを見ました」など頂けると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

関連記事

takamitsu-honda-nikkei-design-magazine

オリジナリティーある仕事 独自化を進めよう

2016/11/17 |

日経デザインでも特集 プレジデントにも掲載された 私の友人が特集されしたが、頑張ってますね~ ...

記事を読む

14731169_1618328308463032_7976038213220648214_n

書きかけ原稿や出版企画を募集してますよ

2016/11/01 |

東京湾の海洋資源調査の写真(いや、ただの釣りともいう) 本を出したい、とりあえず書いてみた。で...

記事を読む

DSC_0577

本を読む人のメリット

2016/11/18 |

歴史好きにはススメ一冊 本を読む人はメリットを沢山感じでいると思いますけど、少しまとめてみま...

記事を読む

d78daf17-l

常に考える 積み重ねが圧倒的な企業そして事業へ

2016/10/12 |

未来工業 創業者 故山田社長 非常にユニークな経営で知られる山田社長は著書もありますから知って...

記事を読む

Message

JUバナー

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • Japanese Style: Exquisite Problem Solving Wisdom
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • THE REAL RICH LIFE: Unlock the Secrets of Relationships
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑