神道の改革者 川面凡児 人を観る

公開日: : 未分類

o0186023313245957418川面凡児 神道改革者として古神道の復興や禊行を神道の行法として普及させた

川面凡児という名前をご存知でしょうか?

ご存知の方は神道についてかなり詳しい方だと思います。

一般的にはあまり著名ではありませんが、大正から昭和に

かけては神道改革者として高名であった方です。

今行われている、神道の禊行は戦前に川面凡児が

指導していたものです。

神道での禊というのは大切な意味をもつとして

瀧業や海水につかっての行などは大正時代には

非常に普及した。

昭和に入ると大政翼賛会が発足し、その行事の一つとして

川面凡児が行った禊行が採用され国民に広まっていった。

神道改革者である川面凡児は、古神道の宇宙観や霊魂観

そして神人合一を進めた。

そのための禊ぎ行を重要視した。

禊ぎの中でも、鳥舟、雄たけび、おころび、祝詞奏上が重要であり

魂しずめ、魂ふりをすることを進めている。

古神道での日本古来の神々は多神教であり八百万の神々で

あるが、多神は一神、一神は多神とし

200年もたてばこの考えは西洋にも広がっていくだろうと

語っている。

人を観るということ

神人一体というのは特別な人のものでなく人なれば

誰でも本来そうなのだ。

人を観るということは、自分を見る、全てを見るという事に

他ならない。自分が見えたものには人が観える。

そのような人が多くなれば、相手のこともわかるし

いや、自分のことも知られている。

隠しようがない世界になる。

それでこそ初め人類の和が成り立つのだ。

互いに人を知り、人を観ることが出来ることが

何よりも大切でありそして、どうすれば出来るか?

ということになるが

そこに日本古来からの叡智があり、古の神道に

その姿を見ることができる。

禊ぎとは、そのための方法なのである。

20180921154005780716_5b307bbe18d67c086da8cfda5311759e

川面凡児の著書

川面は、禊ぎを通じて人の「直霊」を開発し、それぞれの

個性や天命を現し、自分自身や家にも現し国家社会にも

貢献していくことを目指したという。

禊ぎの目標は究極は、直霊を開き神人合一が目標ですが

そこまでに至らずとも心身ともに健康によいとしています。

images

 

神道界を何故改革したのか?

時代も、大正から昭和初期であり国家も戦争などで

揺れ動いていた時期でもありました。

川面は、神道こそ日本のみならず人類を救うもので

あると考えていた。

そこで研究し体系化する中で古来の神道にあり

失われていたものの復活(全てではない)を考えた。

それが禊ぎ行であったわけです。

神道の考えについても究極的には

人は神の子であり、神そのものであり

全ては神と一体である。

それを頭で理解するだけでなく、心の芯から

理解するには、体感というものが大切であり

体感の行として、禊ぎを進めた。

日本の神道はただ闇雲に、八百万ということではなく

そこにあるのは、「感謝の念、崇拝の念」がある。

日本人のみならず、人類がそのことを変われば

互いに争うことなく尊重する社会になっていく。

神道改革ということは、当時の神道界や政界にも

共感をうけ大きく広がっていった。

その支援者の中には、頭山満もいる。

そうして現在の神道界の原型を創ったとも

言えるでしょう。

日本には偉人が多くいます。

神道界の偉人とも言うべき川面凡児の紹介でした。

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

top1

本を出したいなら出版後の販促も大事

2017/03/25 |

    本は出版することがゴールではなくて、出版を通じてビジネスに役...

記事を読む

stevejobs_bio-351x500

自伝を書く場合のポイント 

2017/03/26 |

自伝と自叙伝はちょっとニュアンスが違います。 自伝をまとめて本にしたいという場合は自叙伝か自伝...

記事を読む

81gzw7bpdnl

年輪経営 伊那食品工業 48年連続増収増益の会社のあり方

2019/04/28 |

長野県にある伊那食品工業 48年増収増益を続ける 凄い経営者は世に少なからずいますが 日...

記事を読む

IMG_2694

本物の醤油

2016/05/25 |

本物の醤油 いつもお世話になっている大谷さんご夫妻から頂きました。 本物の醤油っていうと...

記事を読む

追客新手法

感動経営説明会

チーム力向上

歴史観研究会

バザール

SNSセミナー

  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • 障害者アートプロジェクツ
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
PAGE TOP ↑